ここから本文です
kzのブログ
気ままに・気の向くままに!

書庫2016.7 北海道ツー パート

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

前回

2016.8.6
羅臼から知床峠を登ると・・絶景が迎えてくれる 
根室海峡の向こうにクッキリと国後島が横たわる
素晴らしい天候で、記念の走行動画撮影 

には、「北方領土 我が国 固有の領土です

・・こんな「摩周湖」は、初めてだ
  魔性の湖が、全容を魅せてくれた 

動画編


タイムライン
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
昨年は、
イメージ 8
昨年は、天気に恵まれなかったね 

イメージ 9

イメージ 10
8:45
イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32
知床国立公園
イメージ 36

イメージ 37
9:50
イメージ 38


今回は、どピー観  
イメージ 39

イメージ 11
イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 20

イメージ 23

イメージ 27

イメージ 24

イメージ 28

イメージ 26

イメージ 29

イメージ 25

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

         正に・・

            魔性の湖 「摩周湖」の正体見たり

この記事に

前回

2016.8.5〜6

根室海峡を挟んで、目と鼻の先程に横たわる国後島 
 羅臼の街から 海岸から 知床峠から 
  何処からでも良く見える 

第二次世界大戦後、現在に至るまで、ソ連・ロシア連邦に 
 占領実効支配されており、
  日本固有の領土としてその返還を求めているが、、

動画編

タイムライン
イメージ 1

今回も大部 ウロチョロしながら此処へ来たね 
イメージ 2

イメージ 3


イメージ 5

イメージ 36

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11


イメージ 4


北方領土問題は、北海道根室半島の沖合にあり、現在ロシア連邦実効支配している択捉島国後島色丹島歯舞群島の島々、すなわち北方領土に対して、日本が返還を求めている領土問題だ 

イメージ 38

1945年昭和20年)8月14日に日本がポツダム宣言の受諾を決定した後、
1945年 8月28日から9月5日にかけて赤軍ソ連軍は、
  北方領土に上陸し占領した 

イメージ 39

北方領土は現在に至るまでソビエト社会主義共和国連邦および、そ
れを継承したロシア連邦実効支配を継続している 
ロシアによる事実上の領有状態のため
日本国政府が領有権を主張しているものの
一切の施政権は及んでいない 

イメージ 40



ロシア
クリミア半島を独断で編入したことにより、現在でも欧米諸国からの経済的制裁を受け、さらに原油価格の大幅な下落により、国力が徐々に低下しつつある。それによりロシア側としても領土問題を解決しようという姿勢
再び活発化しているそうだが、はたして 

イメージ 41
領土問題が切り離されているため、交渉は一向に進んでいないのが現状
2016年、日本はロシアとの交渉にあたって、
四島一括返還を前提にした領土問題の解決を図る事を明らかにしているが、
ロシアがこれに応じる事は無いといった、悲観的な意見も少なくない 


イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15


イメージ 16

イメージ 17
イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 42

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26


翌朝・・寝過ごしました 
イメージ 27
すっかり 日が昇っているし・・
イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32


イメージ 33
イメージ 34

イメージ 43
      此れが、美味いんだなぁ

イメージ 35


  またまたオヤジ達は、ハシャグのでした 

次回

この記事に

前回

2016.8.5
果てしなく続く釧路川河川敷きの釧路湿原道路 
 グリーンブルーが、織りなす美しい摩周国道釧路本線 

ライダーの聖地開陽台振り返れば地平線日本一の原野 
 直ぐそこに我が領地望郷台羅臼国後展望塔の哀愁 


動画編

タイムライン
イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3
釧路湿原北海道釧路平野に位置する日本最大湿原
湿原の中を釧路川が大きく蛇行しながら流れている 
イメージ 4

駅名は、アイヌ語の「ト・オロ沼のある所)」に由来 
イメージ 5
塘路湖の近くに位置し、タンチョウアオサギオジロワシなど
貴重な生物が垣間見られる 
イメージ 6
くしろ湿原ノロッコ号」は釧路湿原釧路塘路間)をのんびりと走行しながら景色を楽しむことができる人気の観光列車
からにかけてのみ運行し、小さな湿原の湖・塘路湖のある「塘路駅
まで、6両編成の車両で釧路湿原を約1時間かけて旅をする列車 
イメージ 34
映画仔鹿物語の撮影に使用された景観なのです 

イメージ 51
釧路川は、屈斜路湖から弟子屈町や標茶町、釧路湿原を通り南へ流れ、
釧路市で太平洋に注ぐ。
 釧路町の岩保木からは、人工河川である「新釧路川」となる

イメージ 52


イメージ 7
12:10
イメージ 8
アイヌ語の「シペッ・チャ(大きな川のほとり)」に由来する
大きな川とは、釧路川のこと

西春別駅   12:40

イメージ 9
アイヌ語の「シュム・ペツ」に由来するが、
その意味は「西の川」「油の川」「溺死する川」など諸説あるそうな 
イメージ 49

サハリンソ連国鉄向けに輸出されたもの 
イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13



13:30
イメージ 35

イメージ 36

イメージ 14

14:30
イメージ 50

開陽台は日本一の酪農地帯といわれる根釧原野より、
知床連山武佐岳の裾野につながる、標高271メートルの小高い丘陵です
イメージ 41

この一帯は農地・牧場として開拓された永い歴史を持ち、テレビ中継局が
建設、開局された昭和37年に「開陽台」として命名されるや、当時の
ミツバチ族(ライダー)の口コミなどで雄大な眺望がいっきに広まりました
イメージ 39

観光ルートの人気スポットとなり、知床観光の玄関口
イメージ 37

イメージ 38

北根室の中心、中標津の市街より約15キロメートルに位置し
展望台からは「地球が丸く見える、330度の眺望
イメージ 15
豊かに広がる牧場北海道遺産に登録された格子状防風林
そして遥かに北方領土<国後島>までも一望できる 
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 20
忘れてはならないのは・・聖地・・として
 北海道を旅するライダーたちに呼ばれている 
   ライダーたちはここを拠点に知床の自然を満喫しているのです 
イメージ 21
イメージ 40

展望台奥:キャンプサイト(無料)
イメージ 19

開陽台星の降る里でもあるそうだが、
イメージ 22
・・頭上に輝く満天の星の輝き
 その大パノラマ宇宙の神秘と壮大さを発見されるのでは・・とあるね
イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25
開陽台牧場ふれあい広場・ミルクロード など周辺には、
 立ち寄り見所ポイントが多い 
イメージ 42

イメージ 43
この武佐岳(標高1005 m)が少し妨げているところから、「330度の視界
展望台からの視界という点においては360度見渡すことが出来る 
イメージ 44

イメージ 45

イメージ 26



16:10
     羅臼市街国後島が一望できる羅臼国後展望塔望郷の森 
イメージ 27
日の出の名所としても有名で「知床羅臼八景」の一つ。周囲は望郷の森と呼ばれ、散策路も用意されているので知床の自然に触れることもできる 
イメージ 28
流氷が海を覆う冬には一面 真っ白に包まれるそうな 
イメージ 29
6月〜10月には近くに町営の無料キャンプ場が開設 
国後島の島影が手に取るように見渡せます 
イメージ 30
イカ漁の季節は、港にはいさり火を灯した船が並びとても 
幻想的な風景となり、そして冬には流氷の観測もすることができる 
イメージ 31

一日も早い北方領土の返還を目指すために開設されている 
イメージ 46

イメージ 47
国後島」の面積は、1,499k㎡あり、「沖縄本島」よりも大きい
イメージ 48

すぐ後ろまで知床の山々が迫っている 
イメージ 32

羅臼市街から道道87号線を北上し、ざいもく岩トンネルの上の羅臼灯台
イメージ 33


  今夜の宿は、昨年もお世話になった直ぐ近くの
    「とおまわり水産
      早めに入って羅臼を散策しょう 

次回

この記事に

前回

2016.8.5
釧路味覚堪能できる!「釧路の台所
「和商市場」は「函館の朝市」「札幌の二条市場」と共に
 <北海道三大市場>の一つ

 此処の名物勝手丼」をテンコ盛りで、美味かったwww 

動画編

タイムライン
イメージ 10

イメージ 11

イメージ 1

イメージ 33
しらぬか恋問
イメージ 2
雄大な太平洋を眺望できる 
イメージ 13
暖流と寒流の合流点である豊かな水産漁場を持つ白糠町。
7〜8月には国道沿いにエゾスカシやハマナス、アヤメが咲き乱れます。
太平洋を一望できる恋問海岸では、家族連れや恋人同士でにぎわいます
イメージ 12

イメージ 3
イメージ 14
イメージ 4

ようやくJR釧路前   この一角がすべて市場だ 
イメージ 5


イメージ 15
鮮度抜群な魚介類が水揚げされる、北のシーフードパラダイス・釧路漁港
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 32

イメージ 9

イメージ 27

今から六十数年前の話…遠い昔の出来事のような、そうではないような…。 1台のオンボロリヤカーと一匹の犬。幼子をリンゴ箱に入れ雨風を凌げる場所を探し、早朝より幣舞橋から駅前(現在の北大通り)で生きるために商いを
始めた一団がいたことを知っている人はもう殆どいないだろう…。
 人々は、よほどの時化で漁師が海へ出ない日の他は
『雨にも負けず・風にも負けず』黙々とリヤカーを曳いて北大通りへ集まり、仕事が終わればそれぞれ散って行くのであった。
 そしてこの人々こそ釧路の家庭の台所を賄う『和商』の草分け達であり、
和商市場の今日をあらしめた創業の先覚者だったのである。

リンゴ箱で育った者も今や六十半ばを過ぎ世代交代の時期を迎えました。

釧路和商協同組合 九代目理事長 山口 和泉

イメージ 16
ご飯を買える店は5店。具材の買える店は7店
イメージ 28
新鮮な魚介が整然と並ぶ、魅惑的な空間が広がり迷うことシキリだ 
イメージ 17

イメージ 18

イメージ 29

イメージ 19
今では、勝手丼はコストパフォーマンスを期待したらいけないね
あくまでも旅のイベントとして楽しむとしよう 
イメージ 20
あちゃ・・予算をだいぶオーバーだ 
イメージ 21

イメージ 30

イメージ 31
釧路産高級鮭の「トキシラズ」や「ケイジ」も多い 
イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

  暫く歩き回っていると 同じ魚でも店によっても

    価格に幅があり見た目も分かってくるね 

PS:

次回

この記事に

前回

2016.8.4〜5

 こりゃ たまらんわ 

イメージ 49

三国峠カフェで、挽き立てコーヒーをいただき 
 これぞ北海道 
  雄大な景観を眺めていたら 
   ヤッパリ走行動画を撮りたくなりました 


動画編

タイムライン

美瑛ポテトの丘」も良かったけれど
イメージ 48

ヤッパリ此処の雄大さは、特筆もんだね 
イメージ 47

絶景かな々 赤城山もいいけれど 国定忠治にも見せたかったね 
イメージ 46

遠くから微かに聞こえるエキゾースト・サウンドが、共鳴し合い
 徐々に大きくなって通り過ぎるステレオ音・・シビレマス  
イメージ 45


イメージ 44



標準では、、無理だわ 
イメージ 43


イメージ 42



展望台より此処の景観が、素晴らしい 
イメージ 41

圧巻だね 
イメージ 39

イメージ 40

八幡平のそれとも確かに違う 





イメージ 38


イメージ 37



イメージ 36



いやぁ・・ノンさん サマになってますねぇ 
イメージ 34


イメージ 35


イメージ 33


イメージ 32



イメージ 31



イメージ 30

2015.8 は、大変でした 




イメージ 29

遥か遠くからだったんだね 
イメージ 28

イメージ 27


イメージ 26

イメージ 25

イメージ 24


イメージ 23

イメージ 22


イメージ 21


イメージ 20


イメージ 19

昨年、渡った 第五音更川橋梁
イメージ 18

イメージ 17

電報略号はホカ。1987年に路線の廃止に伴い廃駅となった。
駅名の由来は、アイヌ語の「ホロカ・ナイ」(逆戻りする川
イメージ 16

上士幌駅からは大半が上り勾配なので、SL時代石炭をかまに連続投入するのに忙しく、機関士は大変な重労働を強いられた区間だったそうな 
イメージ 15


イメージ 14

昨年は、近くのオンネトーへ行って女神にあったっけ 
イメージ 13


イメージ 12


イメージ 11


イメージ 10


イメージ 9


イメージ 8


イメージ 7


イメージ 6


イメージ 5



イメージ 4


アイヌ語の「オラプ・オロ→オラポロ(シャクヤクの根がある所)」
イメージ 3


イメージ 2


イメージ 1




   さて・・道東へ向かいます 

次回

この記事に

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事