ここから本文です
kzのブログ
気ままに・気の向くままに!

書庫2016.11飛越地方合掌造集落

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

前回

2016.11.5
今回の旅、最後のスポット・野麦峠
    此れも日本の原風景女工哀史 

 美しい紅葉の山並みと
  多くの思い出土産を持ち帰ることが出来ました 

動画編

タイムライン
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 36
野麦峠(のむぎとうげ)は、岐阜県高山市長野県松本市の県境に位置し、
飛騨国信濃国を結ぶ鎌倉街道江戸街道と呼ばれる街道の
乗鞍岳鎌ヶ峰の間にあり、標高1,672m
イメージ 3
古来から野麦街道があり、能登で取れたブリ飛騨を経由して信州へと運ぶ
道筋であった。信州では飛騨ブリとして珍重され、能登では
1尾の値段が米1斗であるものが、峠を越えると米1俵になると言われた
イメージ 4

イメージ 5
に群生する隈笹十年に一度の穂に似た実を付けることがあり
土地の人に「野麦」と呼ばれていたことによる
凶作の時にはこの実を採って団子にし、飢えをしのいだそうな 
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 32

イメージ 9
あゝ野麦峠 新緑篇1982年製作の日本映画
    前作あゝ野麦峠の興行的成功を受けての続編 
イメージ 10
明治の初めから大正にかけて、当時の主力輸出産業であった生糸工業で発展していた諏訪地方岡谷へ、飛騨の女性(多くは10代の少女)が女工として働くためにこの峠を越えた
イメージ 11
この史実は1968年に発表された山本茂実(やまもと・しげみ)の
    ノンフィクションあゝ野麦峠で全国的に有名になった 
イメージ 37
小説によれば、就労先で妊娠し厳しい峠越えの最中に子どもを流産する
工女も少なくなかった。故に野産み峠となり、野麦峠となった、とある

ああ野麦峠より抜粋)

      
工場づとめは監獄づとめ 金のくさりがないばかり

      
籠の鳥より監獄よりも 製糸づとめはなおつらい

イメージ 39
 「工女衆がよく落ちた谷はこの辺でございます。みんな帯をといてつなぎ合わせておろしてやり、それでやっと救いあげたこともございました。峠の地蔵様が笹原の中に立っているのはその付近で、あの谷はどれだけ多くの工女の命をのんだか知れません。わしらは先の人に離れないようにヒモで体を結び合わせ、峠の地蔵様に念仏をとなえながら一足一足命がけでついていったのでございます」明治15年生)

イメージ 40
野麦の雪は赤く染まった  (ああ野麦峠より抜粋)
「野麦峠の雪は赤く染まった」
その女の悲鳴が野麦の谷々に響きわたり、峠の地蔵様はそれを黙って見守っていた。パンツもなかった明治のこと、腰巻きのすそは凍ってガラスの破片のようになり、女のモモは切れて血が流れ、ワラジをいくら取り替えてもたびは凍り、足は凍傷にふくれた。
野麦を越えるときは、この辺の衆はみんな水さかずきをして出たもんです。
何しろ野麦の雪が赤く染まったという話を年寄りからよく聞いた。
(明治35年生)

イメージ 12
乗鞍岳御嶽山が望まれ景観が素晴らしい
イメージ 13
映画では、飛騨からの出稼ぎ女工の悲惨な面を強調して描かれているが、
原作では、工女の賃金にばらつきがあったことや、
「我が家は貧乏だったので工女に行けなかった」、
「実家の農家で働いていた方がきつかった」
といった複雑な背景も描かれている。
糸値に翻弄される製糸家の厳しい実情などにも言及している 
イメージ 14
アー飛騨が見える、飛騨が見えると喜んでいたと思ったら、
まもなく持っていたソバがゆの茶わんを落して、力なくそこにくずれた・

道のり 『あゝ野麦峠』の道のりでは、右上の松本盆地を経由する。
イメージ 38


イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35


イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26


イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31


イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

  帰ってからも様々な美味しい土産で、

    思い出記録を楽しんでます 

この記事に

前回

2016.11.5 
後ろ髪曳かれる思いで白川郷を後にした・ 
 写真映像では、見たことがあったが、
  素晴らしい日本の在りし姿を垣間見た思いがしたね 

動画編

タイムライン
イメージ 1
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4



イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
国鉄バス名金急行線の車掌佐藤良二が、荘川桜が見事に開花したことに感動し、国鉄名金線の沿線に桜の苗木を植え続けたことから、名金線の沿線は
さくら道」と呼ばれるようになった
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 32
イメージ 33
・・見事な景観になるんですね 
イメージ 34

イメージ 35

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12



イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 36

イメージ 13

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25
河川 木曽川 水系 飛騨川 ダム湖 高根乗鞍湖
ダム型式 アーチ式コンクリートダム 堤高 133.0 m 堤頂長 276.4 m
イメージ 26

イメージ 39


絶景を走る  日本百名道  野麦街道
イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 40

イメージ 30

イメージ 41

イメージ 31


次回


この記事に

前回

2016.11.5
起き抜けに出かけた荻町城址展望公園は、真っ白 

伊三郎で、身づくろいを済ませ朝食
   飛騨味噌ホウバ焼きが、バカ美味・美味しい 

お世話になった挨拶&お見送りされて再び城山天守閣
   1時間ほどで神秘的な萩町の絶景が待っていました 

動画編

タイムライン
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

アチャ・・
イメージ 5
イメージ 6
未だに・・真っ白な雲の下だ 
イメージ 7
先ほどは、気が付かなかったけど・
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 27

あれ・・雲の動きが、
イメージ 11

イメージ 12
陽が高くなるにつれて雲が湧きたつようだ
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15


きたぁ・・


イメージ 16
荻町の全容が、少しづつ観えてきた
イメージ 17

イメージ 18
飛越狭合掌ラインのトンネルがはっきり見える
イメージ 19
白山白川郷ホワイトロードはまだ霧の中だ
イメージ 20

イメージ 21

待ちに待った見事な神秘に満ちた景観言葉をなくす 
イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25
         冬はこんな箱庭のようになるそうな 
イメージ 44


後ろ髪曳かれるような思いで離れたが、萩町をチョイと巡ろう
イメージ 26

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 41

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 43

イメージ 42



イメージ 45


次回

この記事に

前回

2016.11.5
茅葺合掌造りの古民家伊三郎での宿泊は、快適だった 
 キンキンに冷えたで、真っ白なバイク 
  早朝の白川郷集落を観に「城山天守閣」展望台へ 

  うひょ・・・まるで雲海の湖だぁ 

動画編

タイムライン
イメージ 1

イメージ 31
そんなに寒く無く・・快適だった 
イメージ 2
でも・・外に出てみると 
イメージ 3
まもなく真っ白な世界になるんだろうなぁ 
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11
既にたくさんのカメラマンが、並んでいるよ
イメージ 12
合掌造り家屋の集まる荻町集落、その集落を一望するのに絶好の場所だが、
イメージ 13

イメージ 14
天守閣展望台 白川郷荻町合掌集落を眼下に・・
イメージ 15
荻町城は、約400年前、室町8代将軍足利義政の命令で信州松代から
白川郷へ進出した、内ケ島為氏の家臣山下氏勝の居城 
イメージ 16
荻町集落を一望できる筈だが、、
イメージ 17

イメージ 18
白山連峰を一望する 
イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26
寒い中 暫く待ったが、晴れそうもないので、一旦、戻ることに

お薦めの雲海 





イメージ 27
朝から食が進みますね 
イメージ 28
飛騨高山の名物ほうば焼きみそ+豆腐
・・「高山の宿・喜十郎」で、朝食にでたので、
  「宮川の朝市」沢山の味見をしてほれ込みましたね 
イメージ 30
イャァ・・また食べ過ぎました 

イメージ 29

 諦めきれずに再度、天守閣展望台
  同じ向きの切妻合掌造りの見事な景観
   静かな荻町の佇まいが、大自然に彩られたその姿は

    まるでおとぎ話の世界にいるような感動でしたよ 

次回

この記事に

前回

2016.11.4
さていよいよ本命白川郷」へ 

これまで様々な「合掌造りの郷」を廻ったが、
其々に 歴史的なのか、風土の影響か、特色があって面白い 
まだまだ日本中の郷を廻ったわけではないが、
代表的な集落を幾つか観てきて
日本古来の原風景」は、どこか懐かしい景観だった 

動画編

タイムライン
イメージ 1

イメージ 29

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 9

イメージ 4

此れからは、こんなかなぁ    白川郷 | 白川村役場公式サイト
イメージ 10

イメージ 27

イメージ 5

イメージ 6
和田家から分家して居を構えたのが神田家の始まりで、ここで酒造業を興しています。1850年ころの建築と推定されますが、間取りの発達や小屋組み
合掌木)の大工の手跡の多さから、合掌造り家屋のなかでも非常に高い
完成度を誇っています 
イメージ 7

イメージ 8
茜色が増してくる風情のある景観だ 
イメージ 11

そういえば・・案山子と云えば、此処でしたね 



イメージ 12

イメージ 13

イメージ 32

イメージ 33
長瀬家250年つづく旧家で、初代から三代目までが医者でした。
そのため、江戸期の医療道具が残されています。
5層建ての合掌造り家屋で、約11メートルの一本柱合掌柱)が
屋根の勾配の上から下までを貫き、大きな屋根を形作っています 
イメージ 34


イメージ 14

イメージ 28今度 行ってみたいなぁ 

イメージ 15

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 16

イメージ 17
屋根は茅葺きですが、1階に板庇(ひさし)をつけた珍しい建築物。
亨和2年(1801)加藤定七により、延べ人数1425人を要して建てたと
伝えられています。
梵鐘(ぼんしょう)は第二次大戦中に供出されたため、現在のものは戦後に
鋳金工芸作家の中村義一氏(高岡市)によって作られたものです
イメージ 18
浄土真宗大谷派(本山は京都の東本願寺
1744年に創建。山号は松原山
白川郷
親鸞聖人の弟子 嘉念坊 )善俊が最初に念仏を広めた 
集落の北側に位置し、本堂庫裏鐘楼門とすべての屋根が茅葺きという
珍しい合掌造りの寺 
村指定重要文化財本堂県指定重要文化財庫裏鐘楼門
県指定天然記念物イチイの木がある
イメージ 35

イメージ 36

イメージ 19


イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39
イメージ 20
春の桜冬の雪景色など絵葉書のような光景が一年中見ることができます
イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 25
岩魚の塩焼き、飛騨牛の陶板焼き、汁物、
てんころいも、いたどりの酢の物、わさびの葉、長いも、 お豆腐、山菜の盛り合わせ
季節の天ぷら、 お漬物、季節の果物
イメージ 42

今回は、食す機会に恵まれなかったけど・・特別料理 
 白川村ならではの、昔からのごちそう料理
 先祖の御徳をしのび、その恩に感謝するために作られた料理です。
 ここの地ならではの伝統的な特別料理を、是非ご昼食にお楽しみください
 「ほんこさまのおごちそう」1日10人分の要予約のお昼ご飯 
イメージ 45
白飯と「ちゃつ」には焼き豆腐、にんじん、ごぼう、大根の白あえ、わらび、
あずきな、「ちょく」にはささげ豆の煮豆、汁碗にはお豆腐のみそ汁。
「つぼ」にはじゃがいもの二つ切り、にんじん、くるまふ、焼き豆腐の煮しめ

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 26


明日の朝は、荻町城跡天守閣展望台へ食事前に・
 眼下にひろがる荻町合掌造り集落その眺望は格別だそうな 
  写真好きには最高の撮影ポイントへ伺います 

この記事に

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事