ここから本文です
kzのブログ
気ままに・気の向くままに!

書庫2017.3 奥三河から直虎

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

前回

2017.3.30--31
昨年の木曽路ツー2016.4 中山道木曽路ツー
 昨年、妻籠宿側からの断念した大平宿」へ 
   しかし飯田峠から再トライ敢え無く断念 
     日本茶道の名水猿庫の泉」も閉鎖中 

 翌日寄り道ツー降雪注意報で、
  仕方がなく・中央道直帰の憂き目を見ましたよ 


動画編


タイムライン

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

今回は、飯田峠から登ったけど・・
   昨年に引き続き・通行止め 
     来た峠を引き返す途中に

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10
なるほど・・5月から10月までだね
イメージ 13
どおりで誰も居ないはずだ 
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 20

上がりきった所の岩の間から猿庫の泉は湧き出し、付近の方々が設けられた筧と通って、流れ落ちております。この付近の山は御影石(花崗岩)が中心であり(これは神戸の灘・山梨県の白州尾白名水と同様ですが)、ミネラル分が御影石に吸収されて、癖のない喉越しの良い、甘露な味がする、
天下の名水・だそうだ! 
イメージ 19

イメージ 21

イメージ 42
          勿論、名水は、銘酒にも
イメージ 22
          時期が、合えばこのようなサービスも


イメージ 23
マァ・時間も遅いしね 
イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26


お世話になった「朝恵
イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29
当然・・カッパ上下をシッカリ着込んでスタート 
イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36
雪雲に追いつかれないように 逃げるだけ 
イメージ 37
インカムで、今回は、このまま帰ろと・・
イメージ 38

ノンストップでここまで強引に戻りましたよ 
イメージ 39

此処まで戻れば 一安心 
イメージ 40

昼には、お土産を食べながら土産話・・
イメージ 41

  チョイト最終日は、勿体なかったけど
    充実のツーリングでした

     無理は禁物 また機会があれば周ろう 

この記事に

前回

2017.3.30
本丸が諸藩の居城中最も高い岩村城の何重もの見事な石垣 
「霧が城」でのコーヒータイムは、最高だったね

まだの残る「塩の道」を北上し
 昨年、断念した「大平宿」飯田側からトライ 


   エェ‥・そんなぁ 

動画編

タイムライン
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


イメージ 7

 15:45
イメージ 36
道の駅信州平谷(みちのえき しんしゅうひらや)は、長野県下伊那郡平谷村にある国道153号道の駅
併設されている「信州平谷温泉ひまわりの湯」「しょうかん亭」
「ほっとパークひらや郷(Go!!)」標高は920メートル
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14



イメージ 15



イメージ 16


イメージ 41


イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24
昨年に引き続き・・通行止め 
イメージ 25

イメージ 40

イメージ 26

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44


イメージ 27

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

17:20
イメージ 28

イメージ 29
結局、通行不可の旧道 
イメージ 30



イメージ 32

イメージ 31

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35


  さぁ・・市田の今夜の宿へ

    もう陽が暮れる山間は、薄暗い 

この記事に

前回

2017.3.29
岐阜名城日本三大山城の「霧ヶ城・岩村城址」へ 
 圧倒的な標高の幾重にも重なる石垣の見事さ
  岩村宿を見下ろしながらのコーヒーブレイクは、絶品だ 

動画編

タイムライン
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
岩村城岐阜県恵那市岩村町にある中世の日本の城山城跡)で、江戸時代には岩村藩藩庁であった。
付近はが多く発生するため別名・霧ヶ城とも呼ばれる。
イメージ 5
岐阜県指定史跡/梯郭式山城
イメージ 6
岩村城は恵那市の南部に位置し、明知鉄道明知線岩村駅の南東に位置する
城山山上にある。 本丸が諸藩の居城中最も高い 
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10
その子孫の岩村遠山氏戦国時代に至るまでこの地を治めた
イメージ 11
景朝遠山荘に赴任した鎌倉時代中期頃には平坦部に築かれた砦あるいは
城館的なものであり、織田氏徳川氏武田氏の抗争が激しくなった戦国時代末期の16世紀中に遠山氏武田氏の手で本格的な城山を構築
イメージ 12

岩村城の縄張り図
イメージ 35
本丸の外側に二の丸、西外側には出丸、二の丸の外側に三の丸が配されていた         
二重櫓が2基あったが天守はなく、三の丸大手口にあった三重の到着櫓が天守と言えるものであった

 岩村城主と家紋
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 38

イメージ 39
本丸虎口の石垣(六段壁の異名を持つ)


イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19
1571年(元亀2年)信長の叔母にあたる女性(通称はおつやの方など)で
幼少の養子に代わって女城主として差配を振るった 
イメージ 20
廃城令により、1873年(明治6年)城は解体され石垣のみとなった
藩主邸は残されたが、1881年(明治14年)に全焼した



イメージ 21

城の麓の藩主邸跡において、藩主邸の一部、表御門平重門太鼓櫓
平成2年(1990年)に復元された
イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24


イメージ 25
受け継がれる女城主の優しさ・長閑な風にふかれて「歴史の町並み
イメージ 26
イメージ 27
雛人形は江戸期から代々伝わる由緒あるものや、岩村藩主邸にまつわる
古今雛、天保年間につくられた御殿雛など、様々な趣のある雛人形を
約70ヵ 所で3月1日から4月3日まで展示  
イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31
よそ見していると・・落ちそうだね 
イメージ 32
農村風景・東から西に傾斜した岩村盆地の中に
 白壁の昔ながらの農家土蔵が点在します 
イメージ 33

イメージ 34

イメージ 40


 昨年、通行止めで通れなかった大平街道

  反対側から大平宿へトライしたけど

   エェ・・今年もカァ 

次回

この記事に

前回

2017.3.29
明知鉄道線に沿って「農村景観日本一」をのんびり楽しむ 

恵那山岩村城址のある城山に抱かれた岩村の町
 八百年余年の歴史を持つ三万石の城下町
  歴史の町並みや数多くの旧跡を有し
   情緒あふれる史跡観光の町で食べ歩き 

動画編

タイムライン
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

道先案内人のノンさんの頭脳には、ナビに記されていない
様々なルートが、入っているらしいが、たまには、
思惑が外れての行き止まりなどのミスコースが、また楽しい 
イメージ 5
ナビは付いているが、恐らく方向を知る為のものらしい・・


小生もナビは、付いているけど・目が悪いので、聞くだけナビで、
余り・・役に立っていないのだけどね 
チョイト余談ですが、
イメージ 6

i-pad miniに付けているライダーと北海道ツーで、偶然、出会って
アドバイスをしてくれたけど・・そろそろ考えようかなぁ 

ハワイなど海外でのドライブでは、必需品のi-pad 
近頃は、スマホでナビを利用するけど画面の小ささは、否めないね 


恵那市(えなし)は、岐阜県南東部の市で、景勝地が、多い 
イメージ 8

田舎道、昔を偲ぶには、絶好なシチュエーションを提供してくれる
イメージ 9

気候は、夏は比較的冷涼であり、冬の寒さが厳しい 
山間地に入れば入るほどその傾向は大きくなる。
冬の降水量は少なく即ち降雪の少ない乾燥した気候となる
山岡町ではその気候を生かし、寒天の生産量が日本一 
イメージ 10

方言

恵那市東海東山方言の中の美濃弁に属するが、濃尾平野で話されているような連母音の融合は無い。愛知県に接している旧明智町旧串原村旧上矢作町三河弁の影響が見られるそうな 
イメージ 11

イメージ 12



イメージ 14
その昔、天明の大飢饉の時に、
このお湯によって多くの人が癒され命を救われたそうです。
そのため寛政3年に感謝を込めてお薬師様が祭られたという伝説の温泉 

イメージ 15


イメージ 16

イメージ 17
鉄道ファンにとっての見所としては,現役の腕木式信号機岩村駅と明智駅)やタブレット交換(岩村駅),それにきっぷの硬券がある

イメージ 18

イメージ 49
ノンさんの向こうには、ここら辺では、焼肉有名店の女将Kikoさん
ハーレー乗りの素敵な妃・次は、寄らせてもらいますよ 


イメージ 42

イメージ 48


イメージ 20
女城主の里めぐり
戦国時代、織田信長の叔母が全国的にも珍しい女性の城主として実権を握っていたという史実に由来して、いわむらは「女城主の里」と呼ばれています
イメージ 21
おんな城主「おつや」が善政を敷き、
   最後まで領民を守ったと伝えられ ている

イメージ 22

イメージ 23
明治の頃に松浦軒本店から分家したその名も松浦軒本舗というお店です
其々に味が異なり 今のものとはかなり違うそうな 

イメージ 24

イメージ 44

イメージ 25
つしにかい」または「中二階」とも呼ばれる。江戸〜明治にかけて建てられた古い様式。ミセノマの真上にあたる部屋の天井が低いことが特徴
昔は主に物置や使用人の寝泊まりに使われていた。
2階には開口部として虫籠窓を伴うことが多いそうな
イメージ 26



イメージ 28
キット此処にも美味しい酒粕が、有るに違いないが、


イメージ 29
3月ももう終わりだが、アチラこちらに お雛様が飾られているね 

シットリさが少なく甘さも控えめ
イメージ 30
カステラは、室町時代の終わり頃にポルトガル宣教師によって長崎に伝えられたのが始まりで、その後、江戸時代には江戸大坂でも盛んに作られた
明治以降も、長崎を中心により日本人の好みに合うように改良され続け、今ではとうとう最初に伝わった”カステラ”がどんなものだったか分からなくなったそうです 


イメージ 31
蕎麦処 ゆい

イメージ 32

イメージ 45

イメージ 1



イメージ 33



イメージ 36

イメージ 46

イメージ 37

イメージ 47

イメージ 38



イメージ 39


           PS
イメージ 41




この記事に

前回

2017.3.29
信濃甲斐中部山岳地帯が国内を貫通し、信濃においては河川は水運
向かなかったために
  山越えのし易いによる輸送に依存せざるを得なかった 
飯田藩の城下町である飯田宿中馬の主たる根拠地だった

動画編


タイムライン
イメージ 1

イメージ 4

五街道などでは公式の伝馬役は隣接する宿場町間のみの往復に限定され、
宿場町ごとに馬を替えなければならずかつ駄賃や問屋場口銭を徴収された
「宿継ぎ」ことから不便であった 
イメージ 2

江戸時代初期頃より沿道の農民が自己の物品を城下町などに運ぶ
手馬(てうま)と呼ばれることが行われていたが、
寛文年間頃より副業として駄賃馬稼も行うようになった 
イメージ 3

次第に専業化して顧客の依頼を受けて顧客の元から相手先の宿場町まで
荷物を運ぶようになり
 元禄年間初頭(1690年代)には中馬と呼ばれるようになった 
イメージ 5

中馬宿場町馬を替える必要がない付通し」あるいは「通し馬」と
呼ばれるの仕組で行われていたため、
手数料を取られたり荷物の積み替えの際に荷物を破損する可能性が低く
急激に成長していった 
イメージ 6

伝馬役を扱う宿場問屋は大きな打撃を受けただけではなく、江戸幕府の公的
輸送負担を課せられて二重の意味で苦しんでいたため中馬に激しく反発した
イメージ 7

飯田藩のほぼ全域を貫く飯田街道伊那街道)では
中馬の規制が緩やかであったそうな!
イメージ 8

松本宿へ600駄、上諏訪宿下諏訪宿へ800駄の宿継ぎを義務付けた以外は
規制が行われなかった 
イメージ 9

南信濃4郡伊那郡諏訪郡安曇郡筑摩郡)を中心に隆盛となった 
イメージ 10

勢力を拡大させ、明治に至ったが、
  鉄道道路の整備とともに衰退していった 
イメージ 11

イメージ 43

イメージ 45
旅人も馬も一休みして喉を潤したのだろうか 
イメージ 44

中馬は普通1人で3・4頭の馬を牽引し、100貫前後の荷物を1度に運んだ
中には、江戸名古屋に直接乗り入れる者もあった。
イメージ 12

料金は原則として到着先で支払われるが、荷預の際に
荷物代金の7割敷金」名目で保証金として預かっていたそうな
イメージ 13



イメージ 14
11:00 大馬渡峠ー「おおばど」と読みます
イメージ 15
標高 620m
イメージ 41

イメージ 42

途中に・
イメージ 16

イメージ 39

イメージ 38

イメージ 40



イメージ 46

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 37

街並みも人情もふくめて日本大正村 紹介

明治と昭和の間に、人の心がありました。
古きよき時代のモノを再現したかったのではありません。
町をそっくり、その空気で包みたかったのです。だから「日本大正村」は、人の手づくりとボランティアが基本なのです。

明智町は大正の頃、製糸工場がたくさんございまして、
その頃の建て物も数多く残されております。
だからというわけではございませんがお陰さまで、
人情もまた大正の頃の素朴さを残していてくれます。
やさしさも失われていないと存じます。
大正村は囲炉裏ばた。
何はなくとも、熱いお茶と、語らいでもお土産になさってくださいまし。
大正村はそんなところでございます

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 47

イメージ 48


イメージ 21

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 28

  明智駅
  1934年6月2 国有鉄道(鉄道省)明知線の岩村−明知が開通、
  終着駅「明知」として開業
イメージ 49

イメージ 24

明知鉄道は、明知鉄道恵那駅を起点に、終点明智駅まで東美濃地方
高原地帯を縫って南下する、全線25.1キロの路線です 
イメージ 25

沿線には800年余の歴史を秘めた岩村城跡寒天料理の山岡滝温泉花白温泉、そして大正ロマンを今に伝える大正村など四季を通じて見所は豊富
イメージ 29

恵那駅岩村駅明智駅以外の駅は、無人駅 
イメージ 30

イメージ 32

                明智光秀
イメージ 50

明智 光秀(あけち みつひで)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての
武将。 戦国大名・織田信長に見出されて重臣に取り立てられるが、
本能寺の変を起こして信長を暗殺。直後に中国大返しにより戻った羽柴秀吉山崎の戦いで敗れた。一説では、落ちていく途中、小栗栖において落ち武者狩りで殺害されたとも致命傷を受けて自害したもとされる。
これは光秀信長を討って天下人になってからわずか13日後のことであり、その短い治世は「三日天下」とも言うね 

イメージ 33

色んなハイキングルートが在って1日楽しめそうです 
イメージ 34

こんな可愛らしい列車の旅も・・イイかも 
イメージ 31

名鉄名物焼き芋も美味しそうですよ 
イメージ 26

イメージ 27


  モウ・昼も過ぎたので、

   何処かで、蕎麦でもいただきましょう 

次回

この記事に

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事