ここから本文です
kzのブログ
気ままに・気の向くままに!

書庫2017.3 奥三河から直虎

記事検索
検索

全1ページ

[1]

前回

2017.3.29
信濃甲斐中部山岳地帯が国内を貫通し、信濃においては河川は水運
向かなかったために
  山越えのし易いによる輸送に依存せざるを得なかった 
飯田藩の城下町である飯田宿中馬の主たる根拠地だった

動画編


タイムライン
イメージ 1

イメージ 4

五街道などでは公式の伝馬役は隣接する宿場町間のみの往復に限定され、
宿場町ごとに馬を替えなければならずかつ駄賃や問屋場口銭を徴収された
「宿継ぎ」ことから不便であった 
イメージ 2

江戸時代初期頃より沿道の農民が自己の物品を城下町などに運ぶ
手馬(てうま)と呼ばれることが行われていたが、
寛文年間頃より副業として駄賃馬稼も行うようになった 
イメージ 3

次第に専業化して顧客の依頼を受けて顧客の元から相手先の宿場町まで
荷物を運ぶようになり
 元禄年間初頭(1690年代)には中馬と呼ばれるようになった 
イメージ 5

中馬宿場町馬を替える必要がない付通し」あるいは「通し馬」と
呼ばれるの仕組で行われていたため、
手数料を取られたり荷物の積み替えの際に荷物を破損する可能性が低く
急激に成長していった 
イメージ 6

伝馬役を扱う宿場問屋は大きな打撃を受けただけではなく、江戸幕府の公的
輸送負担を課せられて二重の意味で苦しんでいたため中馬に激しく反発した
イメージ 7

飯田藩のほぼ全域を貫く飯田街道伊那街道)では
中馬の規制が緩やかであったそうな!
イメージ 8

松本宿へ600駄、上諏訪宿下諏訪宿へ800駄の宿継ぎを義務付けた以外は
規制が行われなかった 
イメージ 9

南信濃4郡伊那郡諏訪郡安曇郡筑摩郡)を中心に隆盛となった 
イメージ 10

勢力を拡大させ、明治に至ったが、
  鉄道道路の整備とともに衰退していった 
イメージ 11

イメージ 43

イメージ 45
旅人も馬も一休みして喉を潤したのだろうか 
イメージ 44

中馬は普通1人で3・4頭の馬を牽引し、100貫前後の荷物を1度に運んだ
中には、江戸名古屋に直接乗り入れる者もあった。
イメージ 12

料金は原則として到着先で支払われるが、荷預の際に
荷物代金の7割敷金」名目で保証金として預かっていたそうな
イメージ 13



イメージ 14
11:00 大馬渡峠ー「おおばど」と読みます
イメージ 15
標高 620m
イメージ 41

イメージ 42

途中に・
イメージ 16

イメージ 39

イメージ 38

イメージ 40



イメージ 46

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 37

街並みも人情もふくめて日本大正村 紹介

明治と昭和の間に、人の心がありました。
古きよき時代のモノを再現したかったのではありません。
町をそっくり、その空気で包みたかったのです。だから「日本大正村」は、人の手づくりとボランティアが基本なのです。

明智町は大正の頃、製糸工場がたくさんございまして、
その頃の建て物も数多く残されております。
だからというわけではございませんがお陰さまで、
人情もまた大正の頃の素朴さを残していてくれます。
やさしさも失われていないと存じます。
大正村は囲炉裏ばた。
何はなくとも、熱いお茶と、語らいでもお土産になさってくださいまし。
大正村はそんなところでございます

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 47

イメージ 48


イメージ 21

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 28

  明智駅
  1934年6月2 国有鉄道(鉄道省)明知線の岩村−明知が開通、
  終着駅「明知」として開業
イメージ 49

イメージ 24

明知鉄道は、明知鉄道恵那駅を起点に、終点明智駅まで東美濃地方
高原地帯を縫って南下する、全線25.1キロの路線です 
イメージ 25

沿線には800年余の歴史を秘めた岩村城跡寒天料理の山岡滝温泉花白温泉、そして大正ロマンを今に伝える大正村など四季を通じて見所は豊富
イメージ 29

恵那駅岩村駅明智駅以外の駅は、無人駅 
イメージ 30

イメージ 32

                明智光秀
イメージ 50

明智 光秀(あけち みつひで)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての
武将。 戦国大名・織田信長に見出されて重臣に取り立てられるが、
本能寺の変を起こして信長を暗殺。直後に中国大返しにより戻った羽柴秀吉山崎の戦いで敗れた。一説では、落ちていく途中、小栗栖において落ち武者狩りで殺害されたとも致命傷を受けて自害したもとされる。
これは光秀信長を討って天下人になってからわずか13日後のことであり、その短い治世は「三日天下」とも言うね 

イメージ 33

色んなハイキングルートが在って1日楽しめそうです 
イメージ 34

こんな可愛らしい列車の旅も・・イイかも 
イメージ 31

名鉄名物焼き芋も美味しそうですよ 
イメージ 26

イメージ 27


  モウ・昼も過ぎたので、

   何処かで、蕎麦でもいただきましょう 

この記事に

前回

2017.3.29
井伊家ゆかりの地 ・奥三河新城市)は、
歴史を動かした長篠の合戦」を偲ぶには、余りにも手がかりが少ない
日本各地に有力な戦国大名が群雄割拠するこの時代 
云い伝えられている土豪の戦略戦術などの武勇伝
勝敗を決する決め手想像するのもまた楽しい 

さて今回は、廃線後 50年経っても軌道敷トンネルが、
生活道路となって地域に貢献している旧田口線 
残雪中馬街道大馬渡峠へ 

動画編

タイムライン
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42


イメージ 6
イメージ 7

イメージ 8
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14
  今は、跡形も残っていない
イメージ 43


イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20


イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24
イメージ 25

イメージ 26

イメージ 44

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49



イメージ 45


イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39


 さて 明智光秀のお膝元 恵那市明智町

   「日本大正村」で不思議な体験が待っていた 

この記事に

前回

2017.3.29
・・満腹の状態でなので、高速の巡行は丁度いいね 
   でも〜浜松SAでは、思わず「おでん」「メロンパン」に・・

歴史的井伊長篠城設楽合戦場
   旧田口線廃線利用町道を行く

動画編

タイムライン
イメージ 2

イメージ 1

イメージ 3
NEOPASA浜松上り | サービスエリア
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

新城 市
イメージ 23
日本各地に有力な戦国大名が群雄割拠するこの時代、
奥三河には、山家三方衆と呼ばれる土豪がいました
イメージ 22
井伊家ゆかりの地 ・奥三河(新城市)
奥平氏は、
1375年上野国(現在の群馬県)から作手の地に至り居を構えました
イメージ 21
今川武田西織田松平などの有力大名に囲まれたこの地では、
自家の存続のためめまぐるしく従属関係を変えなければなりません。
時には親子が敵味方に分かれて戦うこともありました 
イメージ 9
天正3年(1575)、奥平貞昌徳川氏の従属として
長篠城に入ったことから、歴史は動きだします 
イメージ 10
豊川宇連川の合流点に位置し、北方に人工の塀と土塁を築いた堅固な城 
イメージ 11
戦国の世の常として、今川武田徳川にと帰属を変え、
天正3年には21歳の奥平貞昌が城主となりました
イメージ 12
武田信玄の子勝頼が父の上洛の夢を果たそうと1万5000の大軍により包囲しましたが、奥平貞昌は500の兵で篭城に耐え抜きました。
名城百選にも選ばれています
イメージ 13
武田の包囲網を危険を顧みず突破し、織田徳川連合軍の援軍を
岡崎の徳川家康に求める使者として奥平貞昌から命ぜられた家臣。
その活躍は三河武士の模範として今でも語りつがれています 
イメージ 24
   鳥居強右衛門が味方に援軍が来ることを伝える場面の錦絵

イメージ 14


イメージ 15

イメージ 16
城をめぐって繰り広げられた織田徳川連合軍の鉄砲馬防柵
武田の騎馬隊の戦いは斬新さ、合理性を追求した信長と、
伝統に固執した勝頼との激突であり、新時代性旧世代性との対決でした

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
この戦いの勝利の後、奥平家は新城の地に移り城を築き、
新城城主として新城の町の礎を築きました 

イメージ 20
鳳来寺は、大宝3年(703年)、利修仙人によって開かれた真言宗の古刹
仙人は、山城国に生まれ、現在の峰(鳳来地区)に移り住み、霊木7本杉の
1本から鳳来寺本尊となる峯薬師如来をつくりました。その後、百済の国で
仙術や仏教を学び、鳳凰に乗って帰国し鳳来寺山中に3匹の鬼を従えて住んでいたといわれています (真言宗五智教団の大本山)
イメージ 27
薬師信仰と山岳修験道の霊山として古くから信仰を集め、江戸時代には
徳川家康誕生のゆかりの地として幕府の厚い保護を受け、
21院坊、寺領1350石という盛大さを誇っていました
イメージ 28
虎松鳳来寺
命を狙われた直虎虎松は、城を出て龍潭寺に身を寄せました。しかし、
龍潭寺にも危険が及んでいることを察した直虎は、南渓和尚の進言もあり
虎松鳳来寺に預けることを決意しました。
古くから「殺生禁断の地」として知られており、平安末期には源頼朝が3年間匿われた場所でもあります。こうして8歳から14歳まで鳳来寺で過ごした虎松は、寺の僧侶達によって武将として必要な教養を学びました
命を狙われた虎松(後の井伊直政)もここで匿われていました
イメージ 29
三州街道伊那街道中山道塩尻宿から分岐、飯田を経由して東海道の岡崎宿までの街道で、信州の伊奈地方を縦断することから「伊奈街道」、又、中馬と呼ばれる駄賃馬稼が盛んだったことから中馬の道」、「中馬街道などと呼ばれました
イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38


 此れから暫く寒狭川沿いに

  終点のイワク因縁の三河田口駅まで、

   山間の田口線軌道敷廃線道路を登ります 

次回

この記事に

前回

2017.3.29
前回、薩埵峠で食べた 甘いポンカン春の味だったね 

今回は、「大やきいも」絶品「静岡おでん」や 
   鞠子宿「丁子屋」名物「とろろ汁」421年の旨味
  
明治大正昭和・平成揃踏み隧道・・

動画編

タイムライン
イメージ 1

イメージ 7

イメージ 2

イメージ 3
12:00
イメージ 4
イメージ 5
昭和中期の面影を色濃く残す木のぬくもりが広がるレトロな店内 
イメージ 6
牛すじだけ100円、あとは全て60円 
イメージ 38
20年以上つぎたしている自慢黒つゆ 
イメージ 47
練りからしを添え、青海苔鰹節からなる「だし粉」をかけます
イメージ 48
昔ながらの変わらない味と風景が、どこか懐かしいね 
イメージ 8
看板商品の「焼いも」「大学いも」・家庭の味の「おにぎり」
夏の人気は「かき氷」が、これまた絶品の自家製の密をかけて是非にと 

イメージ 9
今回は、チョロットお堀端を走って・・思いを馳せる 
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15

イメージ 17

イメージ 16

イメージ 45



イメージ 39

歌川広重「東海道五十三次・鞠子」
イメージ 18
12:50
イメージ 19

イメージ 20


イメージ 40
  歌川広重「隷書東海道・鞠子」

イメージ 29

イメージ 41
    峠越えに使われた旧道が幾つも残る
イメージ 46
「明治のトンネル」が開通する前に使われた、
         江戸時代旧東海道も、残されています 
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 50

平安時代、古代東海道にあった小川駅が廃止されたことに伴い、それまで
太平洋側にある日本坂を通過していた交通が宇津ノ谷蔦の細道へと移った

明治のトンネル
イメージ 23
伊勢物語」:『駿河なる宇つの山辺のうつつにも夢にも人に逢はぬなりけり
・昼なお暗い山道を歩くのは、ずいぶんと心細いことだったのでしょうね 
イメージ 24
民間主導のトンネル事業自体、とても珍しいものでした 
通行料は、当初、大人
2厘でしたが、後に値上がりして6厘となり、
大荷車3銭2厘荷馬1銭2厘人力車1銭5厘 

1876年(明治9年)開通、1896年(明治29年)火災により焼失 
イメージ 25
1590年(天正18年)の豊臣秀吉による小田原征伐の際、蔦の細道のみでは進軍に不足であったため、現在の旧東海道にあたる別ルートを整備し通過した
イメージ 26

くの字に曲がったトンネル・・・
イメージ 42
危険を伴う複雑な形をしたトンネルだったため、トンネル入口には、太陽光を採り入れるための反射鏡が設置され、内部には50ものカンテラが吊るされていましたが、
それでもただでさえ暗いトンネル内部において、入口から出口が全く見えないこの
くの字トンネルは、中央付近に行くと、顔を伺うことすら出来なかったという
記述が、明治天皇の御幸に同行した記者により残されています

1876年(明治9年)開通、1896年(明治29年)火災により焼失 
イメージ 43
岡部側は、比較的地盤が良かったため、トンネル内を角材で覆うという、
木角合掌造り」という工法だったが、
この闇を照らしていたカンテラが原因となって火災が発生
1904年に修復 くの字から一直線に 
内壁も耐火性のある赤レンガで覆いつくされた、美しいトンネルへと変貌
イメージ 27
静岡側から20m近くまでは、地盤が悪く崩落の危険性が高かったため、「青石造り」という石組みの工法だったが、現在は、色合い豊かな赤レンガの重みのある内壁と、トンネル内を照らすやさしいりによって照らし出されている 
イメージ 28
時代の変遷の中、1889年4月に、静岡〜浜松間に「鉄道」が開通すると、
主役の座を追われ、やがて利用者も減っていったんだね 
イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32
時代時代のトンネルの歴史を知ることが出来るとともに、
日本の道路交通の発展も大いに興味深いね 
イメージ 33
江戸時代になり、宿場参勤交代の制度とともに東海道は整備された
峠周辺にも鞠子宿岡部宿が置かれ、峠付近にも宿や商店が立ち並んだ
イメージ 34
丸子宿岡部宿の間に存在する宇津ノ谷峠 
 中間地点「間の宿」と称する旅人の休憩施設
  宇津ノ谷「十団子」という名の団子が名物 
イメージ 35
通りに面して並ぶ家並みの軒先には、今も屋号が下げられています
イメージ 36
宇津ノ谷の集落は、今も変わらない姿でひっそりと佇んでいます 
イメージ 49
イメージ 37


      腹ごなしにもとても好いルートだったね 







この記事に

前回

20173.29〜31

前回の河津桜は、1週間から10日 満開を過ぎてしまい 
・・今ひとつの状況だった 

そんなこともあり今回は、昨年より2週間早く出かけたのだが、、

動画編

タイムライン
イメージ 1


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
イメージ 6

9:30・・何処かで見たような イベントに行く途中だとか 
              ケニー佐川 さん
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14
由比本陣公園
イメージ 32
由比城主由比助四郎光教桶狭間の合戦で、主君今川義元に殉じて討死してから、江戸時代その子権蔵光広が帰農しこの屋敷に住し、代々岩辺郷衛門を襲名し本陣職・問屋職をつとめ、近郷、きっての名家として大名的な存在であった
イメージ 38

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 15

正雪紺屋(由比正雪生家)
由比正雪駿河由比の紺屋弥右衛門の子として生まれ,楠木流の兵書を学んだ江戸初期の兵学者由比正雪の生家といわれる紺屋(染物屋)で、染物道具や神棚などの道具や仕事場がそのまま残されています
慶安事件」の首謀者として知られ、その企ては事前に発覚したため、
 自刃している 
イメージ 37

由比駅 
同地で産出される海産物果物を運び出すには鉄道が不可欠と考え、1913年に再び駅設置の請願書を国有鉄道を当時管理していた鉄道院に提出、2年半後にようやくそれが認められて駅が設置される事になった
イメージ 16
由比宿は「由井油尹湯居」などとも書かれたので、
表記の名称の統一がなされた。桜えび通 
越後の「親知らず」と同様な狭隘な土地東海道本線国道1号も通っている
桜えび」と富士山絶景の場所埵峠」で知られる地で、漁業と観光の町である
イメージ 17
古い集落の残る旧道を行くと、右手に「間宿」の脇本陣だった「小池家
大戸くぐり戸、格子造り、なまこ壁などに江戸時代の面影が残る
 ★「藤屋
 「望嶽亭」と呼ばれた有名な茶屋で、多くの文人墨客で賑わった。
明治元年3月7日山岡鉄舟官軍に追われ、望嶽亭の蔵屋敷で漁師に変装、
隠し、階段より脱出し、当時最新式フランス製十連発のピストルを残して
行ったとエピソードが残る。店の前に一里塚跡もある


旧道の外れに右脇への急坂が、壁の様に現れる 
イメージ 18
★薩埵峠登口
峠を越える道は上道中道下道の3通りあった。
下道は、この一里塚を左折し海岸に出て、波の合間を利用して、波打ち際の
岩の間や浅瀬を通る道は、まさに親知らず子知らずの難所であった。
それで作られたのが中道、上道は、一番最後で、現在では消失している。
イメージ 19

イメージ 20
イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27
★薩埵峠山之神遺跡
昔山の神が祀られていた所眺めのいい所で海の向こうは伊豆半島 
イメージ 28

イメージ 29
★薩埵峠の展望
ここが安藤広重浮世絵に描いたと思われる。東海道五十三次由井宿の場面
東名高速道路JR東海道線は、ここから薩埵峠のトンネルに入るところで、、
天気がいいと一番奥には富士山が見えるが今日は見えないねぇ 
2013/5/17は、いくらか見えたけど・・
イメージ 45

イメージ 39

イメージ 40
この先に展望デッキがあるけど・・止めた 
イメージ 41
       ★薩埵峠碑
イメージ 42


イメージ 30
畑を手入れしている旦那に話を聞くと(前回は、お母さんだったけど)
   糖度:12もある、甘いポンカンだよと 
イメージ 43

イメージ 44


イメージ 31


次回

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事