ここから本文です
kzのブログ
気ままに・気の向くままに!

書庫2017.2 天城越え河津へ

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

前回

2017.2.27

動画編

タイムライン
イメージ 1

イメージ 3
那珂川堤桜並木 
西伊豆松崎から南伊豆下田に向かう静岡県道15号沿いに流れる那珂川の
堤防には約6kmにわたり約1200本のソメイヨシノが植えられて
淡いピンクの花が咲き美しかったね 🌸
イメージ 2

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 9

イメージ 34

イメージ 7

イメージ 8
1879年4月に着工し、1880年(明治13年)9月に竣工。
総工費2630円66銭のうち、4割余りを住民の寄付でまかなった
イメージ 35
1975年に「旧岩科学校校舎」として国の重要文化財に指定され、
1992年には竣工当時の状態に復元された
イメージ 10
       入江長八による龍の彫刻
イメージ 37

イメージ 11
       竣工時の岩科学校
イメージ 36

旧開智学校
明治時代初期に建てられた校舎を利用した教育博物館。
2005年に岩科学校と姉妹館提携している

イメージ 12

イメージ 13
蛇石峠の道沿いには、見どころと言えば蛇石集落内にある蛇石(へびいし)
静かな山里の中を穏やかな田舎道が続くばかりなのだが、
しかし、それがかえって旅情を誘うね 多くの人が立ち寄る観光地より、
こうした何でもない峠道をのんびりとバイクを走らせている時こそ、
」を実感する 
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 38

イメージ 16
イメージ 17
青野川千本
イメージ 18

イメージ 39

イメージ 19
イメージ 20
青野川沿いの山間に温泉街が広がるり高温の源泉が多い 
イメージ 21
湯煙があちこちから立ちこめ、温泉街の風情を醸し出している 
イメージ 22
開湯は永禄年間といわれ開湯当初は湯治場 
イメージ 23
海にも近いことから、各旅館では海産物が名物 
イメージ 24
特に、伊勢海老が有名 
イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

河津川の桜見はこちら

イメージ 33


 さて西伊豆の海岸線に出て

  堂ヶ島で遊覧船や絶景の露店風呂を廻ります 

この記事に

前回

2017.2.26〜27

念願の「河津桜まつり」を随分と食べ歩いたね 
相模湾側から駿河湾へ『花とロマンの里西伊豆の松崎
 伊豆半島のライハは、正に「隠れ家」に最適だったね 

動画編

タイムライン
イメージ 1

16:20
イメージ 2


イメージ 11

イメージ 3

イメージ 12


イメージ 4

イメージ 24


イメージ 5

イメージ 6
三方を山に囲まれた小さな港町・松崎には風情ある
 なまこ壁の建物が点在しています
イメージ 29

イメージ 7
目地ナマコに似ていることからそう呼ばれるなまこ壁は、壁面に平瓦を並べて貼り、瓦の目地に漆喰かまぼこ型に盛り付けて塗るという工法。
雨や風などに強く、土蔵の腰壁(こしかべ)などに用いられました 
イメージ 8
イメージ 25
サクアキが初めてキスをしたあじさいの丘は、松崎町を一望できる隠れた名所
イメージ 9

イメージ 27

イメージ 28



イメージ 10

目地ナマコに似ていることからそう呼ばれるなまこ壁は、壁面に平瓦を並べて貼り、瓦の目地に漆喰かまぼこ型に盛り付けて塗るという工法。
雨や風などに強く、土蔵の腰壁(こしかべ)などに用いられました 

イメージ 13
イメージ 14
イメージ 26
17:10
イメージ 15
松崎出身の左官の名人入江長八の作品が集まっていることでも有名です。
狩野派の絵を学びながら彫塑の技を修め、漆喰コテで絵を描く
長八独自の芸術を完成させた人物です。
江戸で精力的に仕事をしていましたが、ほとんどが震災戦火で失われてしまった
ため、現存する彼の作品は松崎町に残るもの以外は極めて少数

イメージ 16

イメージ 46

イメージ 45
17:30
イメージ 17

イメージ 18
17:50
イメージ 47

イメージ 48


イメージ 19

イメージ 20
美人奥様モトグッチが、玄関脇で、カピカ光って迎えます 
イメージ 21
アチコチに様々なバイクが、
イメージ 22

イメージ 23


イメージ 30
割引で、500円-→300円に 
イメージ 31
いい湯、ぶらブラ 帰ります 
18:40
イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 44
フランスの旦那さん家族と日本の奥様が、赤ちゃんを連れてドライブ途中で、
BBRoadに宿泊して楽しんでいましたよ 
イメージ 38
もう一人 常連のライダーさんとオーナー
イメージ 39

イメージ 49

イメージ 50

8:40
イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43



次回

この記事に

前回

2017.2.26

レインボーブリッジと比較は可愛そうだね『河津七滝ループ橋』

旧天城トンネルから「伊豆の踊子」への思いが強くなった処に
川端康成ゆかりの湯ケ野温泉「福田家」で、ウットリ 

あちゃ・「河津桜まつり」で、ヤケ食い三昧 

動画編


タイムライン
イメージ 1

河津七滝ループ橋
イメージ 37

国道414号にある720度ループの
イメージ 2

正式名称は、七滝高架橋
イメージ 3

書庫東京散歩ツーアチコチ

イメージ 4
制限速度時速30 kmに制限されており、追越し禁止です 
イメージ 5
イメージ 6



イメージ 7

イメージ 8

イメージ 46

イメージ 47
福田屋の歴史は長く約130年 明治12年創業
イメージ 9
川端康成が宿泊した部屋は今でも残っている
イメージ 43
福田屋で人気の榧(かや)風呂のタイルや石は当時のも
イメージ 44

イメージ 10
日帰り入浴はかやの浴室露天風呂の2種類
イメージ 11
一人700円で貸切できるお風呂とは思えないほど贅沢な作りだそうな 
イメージ 45

イメージ 12

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 13

湯ケ野温泉が、道端にも出ている
イメージ 40

イメージ 41

チョイト行くと河津桜原木樹齢約60年
イメージ 42

イメージ 14


イメージ 15

イメージ 48
河津桜は、2月上旬のまだ寒い冬の時期から咲き始める桜 
イメージ 16
河津桜は咲き始めから満開までは約一ヶ月と長い・・
イメージ 17
ソメイヨシノよりも花が大きく色もはっきりとしたピンク色
イメージ 18
[HD]伊豆の河津桜まつり CHERRY BLOSSOM
イメージ 19
気まぐれさも併せ持っているようで、毎年開花の予想に苦労をしているようです
イメージ 20
だけで、OneCupは、モチロン無しで 
イメージ 28

イメージ 21
こんなことは、よくある事ですのでと、、
イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26
桜まつり開催中:ライトアップあり
イメージ 27
河津桜まつり公式ホームページ
イメージ 29
イメージ 30
今や200万人ものお花見客が訪れる、日本でも有数の桜の名所 
イメージ 31

イメージ 36

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35


数年間の思いが達成できました 
 こんな真冬なのに見事な桜並木が、楽しませてくれるなんて 

  えぇ・まだすごい桜並木が、近くに有るなんて・・


次回

この記事に

前回

2017.2.26
箱根旧東海道「甘酒茶屋」米麹だけの甘酒 
修善寺駅前「舞鮨」で、プリプリの鯵寿司弁当
今回は、「浄蓮の滝」目の前にして大勢の観光客から逃れて 
「そば処 滝」手打ちそば+生ワサビで、ウマウマ 

念願の旧天城峠は、通行止めで登れない 
ならばと 反対側に回って・・

動画編

タイムライン
イメージ 1

イメージ 12

イメージ 2
12:30
イメージ 13
イメージ 3
イメージ 14
導水した水で現在でも発電が続けられています
イメージ 4

イメージ 5

13:00
イメージ 17

イメージ 6
イメージ 7
此処に来た時にすぐに此処の滝を思い出した 
イメージ 8
美しい柱状節理のひとつひとつがコンクリートで固められてしまったが、
苔や草などで覆われていて以前に近づいているようだ 
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 9

チョイト移動すると・
イメージ 10
イメージ 26
筏場井上靖しろばんば』に出てくる
    「馬とばし」(草競馬)が行われた場所  


イメージ 27

イメージ 11
イメージ 18

イメージ 20
                                                   
                                                    国士峠
イメージ 19

此処はかなりの人気らしく 渋滞気味 
イメージ 29
イメージ 28
数台の観光バスからゾロゾロと・・
 即 諦めて無難に 
イメージ 30

イメージ 21



旧天城峠の入り口
湯ヶ島側は、通行止め規制 
イメージ 31

今回の旅の目的地の一つ:旧天城峠天城山隧道

諦めきれずに河津側に回ると なんとか行けそう 
イメージ 32

イメージ 22
たまに人が歩いているね 
イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25

河津川隧道入り口
イメージ 33
イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 51
       大正5当時の天城山隧道
      トンネル南北各口にも茶屋が実在していたそうです
    特にトンネル南口の茶屋は一番の規模で宿泊も出来たそうな 

・・・五十銭の多額の茶代を置いて店を出た学生に驚いたばあさんは
一町ばかりもちょこちょこついて来て「もったいのうございます。」と
おなじことを「くり返していた。」・・面白い一説 

上下ともに通行規制があるので、車は1台もないのだ 
イメージ 37
折角のチャンスなので、走行動画を撮りましたよ 
イメージ 38
松本 清張 天城 越えの動画  どれも懐かしいね 
イメージ 39
イメージ 40

イメージ 41
南北のトンネルの入口にある「天城山隧道」の「題字」から、アーチを支える「要石」、入口をそれとなく飾りたてる「笠石」と「帯石」も美しい 
イメージ 42
イメージ 43
メチャクチャ明るいランプ類だなぁ 
イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46
イメージ 47
イメージ 48
下田に入航し、「玉泉寺」に「米国総領事館」を設置したことで知られる、
初代アメリカ総領事タウンゼント・ハリス」が、日米修好通商条約締結の
ために、総勢350人を引き連れて、江戸に向かった時に通った道も、
この旧天城峠を超えるルートでした
イメージ 49
計画が持ち上がっては、幾度と無く流れていたこのトンネルの完成に、業を
煮やした下田の県議、「矢田部強一郎」議員は、天城越えの下田街道の整備
訴え、壇上に短刀を突き立て、決死の覚悟で議会を説得するという、
前代未聞の演説を行いました 
イメージ 50

1900年の着工から5年の年月を経て、南伊豆住民の念願であったトンネルは
完成しました。
旧天城トンネル」の石材は、伊豆の国市にある旧大仁町の「吉田石」が使われており、「切り石巻工法」という、石を1つ1つ積み上げていく、とても手の込んだ手法で造られています。

ps:此処のトンネルも見事だったなぁ 


次回

この記事に

前回

2017.2.26
さてさて・・「麹のみの甘酒」の甘さに舌鼓を打ってから 
 芦ノ湖畔 杉並木を抜けて箱根峠

箱根十城の要「山中城址」驚きの見事な発掘した堀 
 こりゃあ様々なTV番組で取り上げる筈だわ

修善寺駅前のアジ寿司弁当が、うまうま 

動画編


タイムライン
イメージ 1

イメージ 9
9:40
イメージ 2
旧街道は、割合と直線的上り坂ですね 
イメージ 3

お玉の伝説

江戸時代1702年元禄15年)、お玉という10代の少女江戸奉公先の家から
伊豆の実家に逃げ帰ろうとしたが、関所手形を持っていなかったため箱根関を通ることができなかった。そこで、関を通らずに周囲の山にあった柵を通って関所破をしようとしたが、関所の番人に捕まり2か月後処刑された。その後、「那津奈可池」(なずながいけ、お玉ヶ池の旧名)でお玉の首を洗ったという伝説ができたことから
「お玉ヶ池」と呼ばれるようになった。
また、お玉という女芸人が身を投げたからという伝説もあるそうな 
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
ノンさんは、今年も応援に来たとのこと 
小生は、以前は出かけて来たけど近頃は、もっぱらTV観ですw 
イメージ 7

イメージ 8
10:00
イメージ 36

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 37

さて・・三島方面へ 
イメージ 12

10:30
イメージ 31

旧東海道にはやはり古道が沿う 
イメージ 13

話題の三島スカイウォーク側からが、順路だが、
イメージ 14
北条氏の本拠地である小田原の西の防衛を担う最重要拠点で、
東海道を取り込む形で造られていた 
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18
箱根の山地一帯には戦国時代、無数の城がつくられた
いずれも小田原城攻防にかかわるもので、中にはにわか仕立に近いものも
あり箱根の周辺部を含めて全部で11を数え、
内1つが攻めの城残りの10の城はすべて守りの城 
イメージ 19
北条氏滅亡と共に廃城となった
北条氏独特の城郭の構造を多く残していることが注目される城 
イメージ 20
箱根の中央火口丘の中では鷹ノ巣山頂に「鷹ノ巣城」、
    湯坂山頂に「湯坂城」駒ヶ岳西側山麓に「進士城」
北側の外輪山では塔之峰山頂に「塔之峰城」明神ケ岳中腹に「宮城野城」
さらに箱根から少し外れるが足柄峠東側麓に「浜居場城」、谷峨に「新庄城」
イメージ 21
堀や土塁などの遺構は風化を避けるため、盛土による被履の上芝を張って保護し、畝堀障子堀の構造が明確に把握できるように整備されている 
イメージ 22
各曲輪の間は空堀などを巧みに配し防御性を高めていたが、、
イメージ 23
イメージ 24
北条氏政の代に豊臣秀吉との関係が悪化すると、
  山中城は改修し防備を固めることになるが、果たして・・
イメージ 25
日本100名城(40番)

イメージ 26

イメージ 27
駿豆線(すんずせん)は、静岡県三島市三島駅から伊豆市修善寺駅
までとを結ぶ伊豆箱根鉄道鉄道路線
地元では社名をもじっていずっぱこと呼ぶことも多い 
イメージ 32
路線名の駿豆とは駿河国伊豆国を意味するが、これはかつて同線が駿河国に属する沼津市と伊豆国に属する三島市の間に軌道線路面電車、1963年廃止)を運行していた駿豆電気鉄道の路線だったことから来ている 

イメージ 28
1983年(昭和58年)4月27日:修善寺駅新駅舎完成 
イメージ 33
当初は湯治客の便を図り、伊豆中部の大仁東海道本線を結ぶ目的で建設
初めの計画では沼津を起点とする予定であったが、東海道本線敷設時に駅が設けられず衰退が著しかった宿場三島の者が土地寄贈を行うなど積極的に誘致を行い、現在の下土狩駅の所に新しく(初代)三島駅を設けた上で、
ここを起点とすることになった イメージ 34
1898年に開業し、1924年には修禅寺修善寺温泉のある修善寺町
(今の伊豆市)まで延伸されている
イメージ 29
逃げるは恥だが役に立つ
2016年に放送されたTBSテレビドラマ。第6話で津崎とみくりの新婚旅行
ラブライブ!サンシャイン!!
HAPPY PARTY TRAIN」のアニメーションPVで登場
イメージ 35

イメージ 39

大ぶりな切り身で、中々の歯ごたえ いいお味(あじ
イメージ 30

 チョイト奥様にお話を伺うと ご夫婦でツーリングを沢山したいとか・

  どうも・・ご馳走様でした 

この記事に

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事