ここから本文です
kzのブログ
気ままに・気の向くままに!

書庫2017.5 雪原の尾瀬沼

記事検索
検索

全1ページ

[1]

前回

2017.5.28
初めての山小屋宿泊弥四郎小屋は、快適でしたね 
 早朝の散策は、相変わらずのホワイトアウト 
  いよいよ日本一尾瀬沼

しかしながら沼尻休憩所は一昨年、全焼 
 焼け焦げた基礎が、もの悲しく 物語っていた 

でもでも、
 最高のロケーションで、2回目のラーメンランチは、絶品 

動画編

タイムライン
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15
この時期に ほんの一瞬 観られる姿 
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 35
         尾瀬 沼尻休憩所 火災の画像
イメージ 36


イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 37
様々な時期に其々の姿を魅せてくれるんだね

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29
イメージ 30
極上の美味しい空気と静寂 
イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34


この記事に

前回

2017.5.27
尾瀬ヶ原の真ん中で食べる即席ラーメン  極旨 
 この時期、例年では見る事の出来ない中田代の雪原 

でも北へ行く毎に雪深く足元が、悪い ヨッピ橋から東電小屋
 残念ながら 仏ヶ岳の雄姿も観えず 
 「三条の滝」をカットし見晴地区へ 

動画編

タイムライン
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
ヨッピ川に架かるつり橋
牛首三叉路
からの、竜宮十字路からの、東電小屋からのルートが
 交わる所に位置する
イメージ 4

イメージ 5
昭和の初めに木製の橋として架橋されたが、何度も水害で流され
鉄製に架け替えられた。冬季には踏み板が外されるそうな 
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 35
尾瀬ヶ原を一望できる場所に位置することから、ハイカーの方々に人気のある東電小屋。もともとは、昭和の初めに関東水電という当時の電力会社が、降水量調査のために建てたもので、当時は「水電小屋」と呼ばれていました。
その後、東京電力の前身である東京電燈に引き継がれ、この時から
東電小屋」と呼ばれるようになったそうな 
イメージ 37
度重なる戦争震災で大規模な開発が難しかったこと、また、当時から
尾瀬の自然は守るべきだという声が強く、政府内も二分されていたことなどがあり、計画が実現しないまま、尾瀬は1951年(昭和26年)の東京電力設立時に、前身の会社から引き継がれたのです。それが、尾瀬と東京電力の出会いの始まりです。現在、尾瀬国立公園全体の約4割特別保護地区の約7割の土地を所有し管理ています
イメージ 10
日本には、現在31箇所、面積にして約210万haに及ぶ国立公園がありますが、その約四分の一は私有地です。特に伊勢志摩国立公園では約96%が私有地となっています。このように、国立公園の中に私有地があること自体は珍しいことではありませんが尾瀬のように特別保護地区の7割という大部分を一つの企業が所有しており、しかもその保護に長年関わっているという例は
非常に稀有であるといわれています 
イメージ 11

イメージ 36

イメージ 39

イメージ 38


イメージ 40


明治から大正にかけての時代は、人々の暮らしに電気が入り始めた頃で、その需要は急速に高まっていました。そのため、当時発電の中心であった水力発電の建設をすすめることは、国を挙げての大きな課題でした。
そこで、尾瀬の豊富な水を発電に生かそうと、1916年(大正5年)、当時の電力会社(利根発電)が尾瀬の群馬県側の土地(群馬県側だけは当時から私有地となっていた。福島・新潟県側は当時も今も国有林)を取得、1922年(大正11年)には関東水電が水利権(河川や湖沼の水を利用する権利)を取得しました。

イメージ 41


イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14
三条の滝とは、
尾瀬源流とし、尾瀬ヶ原から流れ落ちる只見川の上流にあるである
イメージ 42
新潟県福島県の県境に位置し、日本の滝百選に定められている
落差100m、幅30m(諸説あり)の直瀑で規模としては日本最大級 
水量の多いときは豪快な景色を見る事ができるそうな 
アプローチとしては、御池から燧裏林道を経由するコース小沢平から只見川を遡るコース鳩待峠から尾瀬ヶ原を経由するコース大清水から三平峠、尾瀬沼を経由するコース等、様々ある
どれも長丁場で、また、途中危険な箇所もあるので安易な遡行は避けたほうがよい。登山道としては滝壷までは降りる事はできないが、近年旧展望台の下に新展望台が設置され、かなり近くまで寄れるようになったため、障害物がなく滝の全容を見る事ができるようになった。また、少し上流には、毛色の違う
平滑の滝があり、こちらもまた、別の意味で見ごたえがあり尾瀬ヶ原からのコース沿いに見る事ができる・・そうな 

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17
全く木道がどこだか分からないが、足跡と僅かな目印が頼りだ 
イメージ 18
ノンさんは、ベテランの判断でルートカット 
イメージ 19
後日、確認するとヤハリ積雪のために通行止めの措置が取られていた 
イメージ 20
向かった方たちも途中で引き返すことになるだろうに 
イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23
右ルートから来たハイカーは、富士見峠からだね
イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

弥四郎小屋
イメージ 43

イメージ 44

イメージ 51

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32
弥四郎小屋の休憩所では、香りのいい入れたてコーヒーが飲める 
イメージ 45

イメージ 33

イメージ 46
弥四郎清水が目の前から湧き出しています
イメージ 47
宿泊者が少ないので、ガラガラなんですね
イメージ 34

イメージ 50

イメージ 48

イメージ 49

   満腹で、

     かなり早い時間に就寝 


次回

この記事に

前回

2017.5.27
初めて見る尾瀬の雪原 
 雪解けの小川水芭蕉の芽吹き群生など
  嬉しい景観が、つぎつぎと現れてくる 

 流石に山の鼻ビジターセンターには、
   多くのハイカーが、やはりいるんだね 

動画編


タイムライン
イメージ 1

イメージ 29

イメージ 42


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
ビジターセンターには、沢山のが飛んでいるけど・・
イメージ 5
一羽だけなんだけど すぐ近くにきて愛想を振りまくね  
イメージ 6

イメージ 7


イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11
料金投入は、用事を済まして 出るときにね 


イメージ 12

イメージ 13
イメージ 14

  2014.5.29の景観

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17
      アカハライモリ
イメージ 31


  尾瀬ヶ原の水生生物


イメージ 33

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41


イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 18

イメージ 19
イメージ 20

これこれ・・
 これが楽しみで1Lの水をリックに積んでも歩くんです 
イメージ 21

イメージ 32


イメージ 22
アカシボは、尾瀬保護財団のHPによると、
「雪解けが進み、地面があらわれる数日前に発生する現象で、正体や、
 発生のメカニズムについてはいまだに解明されていません」とのこと
イメージ 23
池塘高層湿原が形成される過程において、堆積した泥炭層の隙間が水で涵養された部分ができる。これが池塘であり、周囲とは隔絶された環境であるため、独特の生物相ができる。池塘と池塘の間は地上地下の水路でつながり、時に泥炭層の一部が浮島として浮遊することもあるそうな 
イメージ 24
尾瀬ヶ原の景観を観ながらのラーメン&緑茶は、 +

 もぅ・・
   堪えられません 

イメージ 25
イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28


 さて、ヨッピ川に架かる吊り橋を越えて 

    東電小屋へ向かいますよ 

次回

この記事に

2017.5.26~29
いつもお世話になっているツーリング仲間からお誘い 

この時期素晴らしい新緑と一面の「ミズバショウ」群生 
初めて尾瀬の別世界」を観に出かけましたよ 

5年前に、仏果山へ素人トレッキングの帰り下山中に 
残雪に足をとられて左ひざを捻ってからは
久しぶりのハイクなので、十分すぎる余裕のスケジュールでね 

動画編

タイムライン
イメージ 46

イメージ 47

6/26 19:30 
杉並区を出発し22:30前に到着
イメージ 1
第二駐車場は、閉鎖中でしたね 
東京方面からの便が良く峠まで自動車が上がるため体力的に楽な鳩待峠からの入山が半数以上を占めているそうな
イメージ 2
皆さん車中泊が、多かったようですね 
イメージ 3
寒さの中熱々の鍋握り飯で、ファイト満々 
イメージ 4

沢山のバス乗合タクシーが待機してましたが、ハイカーはまばら

反道路建設運動

尾瀬が有名な観光地になると、自動車で乗り入れができる、より簡便な観光ルートの建設が開始された。1960年代当時、自動車で入山できる場所は富士見峠しかなかったが、この後、鳩待峠沼山峠が整備され、峠の頂上付近まで自動車で乗り入れることができるようになった。この後、三平峠と沼山峠を結ぶ自動車道の建設が始まるが、建設開始直後の1971年7月25日、平野長蔵の子孫の平野長靖が当時の環境庁長官大石武一に建設中止を直訴。5日後、大石が平野とともに現地を視察すると、直後に建設は中止された。
竣工した道路の一部は1998年までに廃道になった 
イメージ 5
一番、無難なルートを選択してくれました・・
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9
スタート地点では、ごみ持ち帰りの袋注意事項の伝達
ごみ持ち帰り運動も、尾瀬が元祖 
イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13
水が、流れているので、滑り易くて・おそるオソル下ります 
イメージ 14
スグに木道が、残雪に隠れ 足跡を辿ることになる 
イメージ 15

イメージ 16
この位の残雪は、整備されているけど・・
イメージ 17
全くの木道が、見えないところの方が、多くなる 

イメージ 18
普段、開山時期には、こんな風景は、観られないそうだ、・ラッキー 
イメージ 19
久しぶりのハイクで、見るものすべて新鮮で、美しい雪景色だ 
イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22
まるで冬に戻ったような感覚になるね ⛄
イメージ 23
雪解けした湿地に発芽したばかりの「ミズバショウ」が可愛いね 
イメージ 24
夏の思い出・・実際は、今頃から咲き始めるんだね 
イメージ 25
作詞した江間ミズバショウが夏の季語として歳時記に掲載されていることからと表現・また二十四節気においてもにあたる 
イメージ 26
北海道南部大沼国定公園においても群落が多数あり場所により開花の時期が違う、駒ヶ岳の噴火によってできた湿地であったり水の溜まる地形が多い為にミズバショウには適した地 
イメージ 27
イメージ 28
葉は花の後に出る:根出状に出て立ち上がり、長さ80 cm、幅30 cmに達する
イメージ 29
南限兵庫県養父市加保坂峠
イメージ 30
1つの肉質の花序(肉穂花序)には数十から数百の小花があり、それらすべてが雄蕊(ゆうずい)と雌蕊(しずい)を持つ両性花

イメージ 31
数十万年前から1万年前までの間に周辺の火山活動により川がせき止められ、盆地が形成されたと考えられている 
イメージ 32
1889年明治22年) 木暮理太郎尾瀬を通過。
同年、平野長蔵らが当時処女峰の燧ケ岳の登頂に成功したというのが、比較的古い記録である。渡邉千吉郎が1894年に残した記録によれば、尾瀬の南にある戸倉村(現在の片品村戸倉)と、北にある檜枝岐村は、江戸時代から尾瀬沼の東岸で交易を行っていた。小さな小屋を立て、そこに村の特産物を置き、
かわりに向かいの村の産物をもって帰ったという 
イメージ 33
木道の設置更新工事は、現在は福島県域では福島県によって、群馬県域では群馬県と東京電力によって、新潟県域では東京電力によって行われている
イメージ 34
ツキノワグマが生息しており、過去に観光客が襲われた事例もある 
イメージ 35
携帯電話はほとんどの場所でサービスエリアの圏外 
公衆電話は多くの山小屋等にあるものの、衛星公衆電話なので通常の公衆電話よりも通話料が高額 
イメージ 36
大胆な自然の偉大さにも驚くね
イメージ 37
生命力の強さを再確認するよ!
イメージ 38
脇には、小さく可憐な花が見られるが、
近年、ニホンジカが増加し、ニッコウキスゲなどの花芽が食べ尽くされ、
極端に開花が少なくなる場所が増えたらしい 
イメージ 39
最も利便性の高い鳩待峠沼山峠からでも、バスの終点から尾瀬の湿原まで
徒歩で1時間ほどかかるが、冬季は降雪により、冬山経験者以外の訪問は困難である・・とあるね 
イメージ 40
恐らく今年の冬場は、大変な深雪の状況だったに違いないね 
イメージ 41
尾瀬沼の東端及び尾瀬ヶ原の西端には、ビジターセンター国民宿舎がある
イメージ 42
尾瀬は広大なため、日帰りで一周することは非常に難しい
このため、湿原内に多くの山小屋が設置されている 
すべての山小屋が事前予約制 
公衆トイレは山小屋の存在する場所に設置されている。チップ制が採用され、使用料:1回100円程度を入口の箱に投入するというようなシステム
イメージ 43
流石、ノンさん自分の庭の如く・・
イメージ 44
水道も流しも付いているね
イメージ 45

  後ろに見えている一面の雪原は、

     目指す「尾瀬ヶ原・湿原」だけど・・

次回

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事