ここから本文です
kzのブログ
気ままに・気の向くままに!

書庫2017.5 雪原の尾瀬沼

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

前回

2017.5.29
三平峠を越えると景観は、一変する 
 辺り一面にあった残雪は、消え 鬱蒼とした新緑の世界 
  多数のが、雪解けを集めて急流の片品川
尾瀬かもしか村で、絶品山菜の天ぷらと手打ち蕎麦 
  土産が、尾瀬の壮観を甦えさせる 


動画編


タイムライン
イメージ 1
別名:尾瀬峠
イメージ 2
利根川水系と阿賀野川水系の分水嶺で、峠付近に、尾瀬沼から片品川水系への発電用地下導水路があるそうな 
イメージ 3
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

群馬県の沼田市から、尾瀬沼を通って福島県の会津若松へ至る道は、
群馬側からは会津街道、福島側からは沼田街道と呼ばれ、
その昔会津上州を結ぶ交易路とされていました 
イメージ 7
交易が盛んに行われていたのは、徳川時代のことで、
初代沼田城主真田信幸戸倉に関所を設けたのち、路の整備を行ったとされています。交易された物資は、会津側からは米や酒上州側からは油や塩・
日用雑貨などで、尾瀬沼のほとりの三平下のあたりで中継されていました。

また、幕末の戊辰戦争(1868年)の際には会津軍と征東軍が会戦しますが、最後まで抵抗した会津軍は、沼田街道を通って征東軍が侵攻してくることに備え、大江湿原防塁を築きました。その名残りが現在でも大江湿原に
馬蹄型として見られますが、結局は会津軍は尾瀬を越え戸倉で交戦になったため、この防塁が使われることはありませんでした 

イメージ 8
針葉樹から広葉樹へと標高が、低くなるのが分かる頃 「岩清水
この湧き水で口を潤し、熱った顔を冷やしながら、休憩 
イメージ 9
地元では一杯清水と呼んでいるようで、命の湧き水
さぁ「十二曲がり」とも呼ばれる登山道を更に下って行く 

イメージ 45


イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16


イメージ 18

イメージ 17

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 44
 “まもる峠の緑の道を、鳥たちのすみかを、         
       みんなの尾瀬を、人間にとって、            
            ほんとうに大切なものを   “

イメージ 21
イメージ 22

イメージ 46


イメージ 23

イメージ 24

イメージ 38

イメージ 25

イメージ 27
イメージ 26

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33
バイクがあるということは、きっと自転車族もいる筈
・・そういえば こんな鉄人チャリダーもいたっけなぁ 

イメージ 34
イメージ 35

イメージ 39

イメージ 36


イメージ 37

イメージ 42

イメージ 41
朝早くから採れたての野菜果物が、生産者の手で次々と運び込まれ
豊かな大地から生まれた・店内にはみずみずしい香りがあふれます
農産物等直売所「座・白沢」は、「望郷の湯」の目の前 
野菜や果物のほかに、蜂蜜ジュースなどの特産物民芸品も・・
イメージ 43

イメージ 28

イメージ 29


イメージ 40

イメージ 30

 土産物を味わいながら
 
  尾瀬の自然美が、思い出されるいい旅でした 

この記事に

 前回

2017.5.29
3:30頃、目が覚めて窓を見ると・何となく薄っすらと・
手早く身支度を済ませ 長蔵小屋を出た
昨日の尾瀬沼燧ケ岳沈む夕日に感動した高揚感が、
目を覚まさせたのかもしれないな
今朝は、沼側ではなくて大江湿原へ向かおう・
朝日に染まる燧ケ岳の峰々波一つない湖面に映り込む幻影 
 その姿はまさに尾瀬の自然美だ 
   最上級のプライムタイムに浸り溶けていったね 


動画編


タイムライン
イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

イメージ 4
イメージ 39

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
イメージ 8
この黄金郷が現出するのは7月の短い期間

イメージ 38

イメージ 12
イメージ 40

イメージ 10



イメージ 11

イメージ 13

イメージ 9

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49


イメージ 20


イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27
イメージ 28

イメージ 29
残念ながら動画や写真では、表現できないね   


イメージ 30

イメージ 31
本当に・・何と美しい景観なんだろう 
イメージ 50


イメージ 32
7:40
イメージ 33
尾瀬沼湖畔三平下から大清水へ抜けるコースは標高差570m
 三平下から三平峠まで は木道・階段の登り道
  峠〜三平見晴〜一ノ瀬休憩所は急坂の下りの山道 
イメージ 34
上の方から変な歩き方をした中年の女性が、雪に足をとられたのか
100mほど先で、大きくコケタのが見えた。
近づくと「痛くて・寒くて歩けない!」と・
持っていた痛み止めと湿布薬で、応急手当てをして様子を見た 
 
イメージ 35
その人のいで立ちは、スニーカー手さげの大きな紙袋を2つ 
 薄手のナイロンジャケット 女性仲間と4人で来たそうな 
  これじゃあ寒いわけだ・・

イメージ 36
ノンさんは、丁寧に
「この先も雪深く急坂なので、その装備では、危険 戻るように」と
 暫くすると 痛みも薄らぎ大したことにはならなかった 
  遅れてきたご友人たちは、それなりの格好をしていたが、
更に ノンさんは、
多少、山を知っているなら何故にキチンと準備し 
  一人 離れて歩くなどせず グループでの歩き方を教えないのか」と
   レクチャーしてあげていたが、、


イメージ 37

気軽に行けるイメージの尾瀬だが、尾瀬は標高1,400m以上の
山の中」だということをしっかり心に刻んで行動しよう
 「東京に比べて15 寒く、10 涼しい」   
  自然の大きさ、さを十分意識して、
   あくまでも行動は慎重に・準備は万全に 


次回 最終章

この記事に

前回


2017.5.28
尾瀬沼の沼尻で、絶景の中で絶品の即席ラーメンランチを済ませ 
湖畔の湿地を観ながら今夜の宿「長蔵小屋」に到着
其の素晴らしい景観に建つ山小屋は、素晴らしいものだ 
尾瀬沼に浮かぶ「燧ケ岳」

その雄姿にニンマリと嬉しさが沸き上がる思いだ 

動画編

タイムライン
イメージ 3

イメージ 1

イメージ 2


イメージ 4

イメージ 5

イメージ 15


イメージ 6

イメージ 16

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 17

イメージ 30
    「大自然の恩恵の下に集まりてこの大自然の美を享受せよ」

平野 長蔵(1870-1930)

初代主人。19歳の時尾瀬を開拓、燧ケ岳の登山道を開く。
「尾瀬沼ダム化計画」の反対を訴願し、天然記念物、国立公園、
    禁漁区などにして阻止線と各地を奔走。
  長蔵の訴えにより、自然保護がはじめて社会問題となった

イメージ 18
「命をし幸くよけむと石走る 垂水の水をむすびて飲みつ」万葉集より

尾瀬では、お風呂も食事も水道も全て、雄大な大自然にろ過された天然水を使用します。尾瀬沼の長蔵小屋に到着したら早速、正面玄関 目の前にある水を飲んでみてください。・・とあります 

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 29


イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26
可愛らしい「水芭蕉」の姿は、とても愛らしいね 
イメージ 27

イメージ 28



次回

この記事に

前回

2017.5.28
尾瀬沼の沼尻で、絶景に包まれて ラーメンランチ 
   贅沢至極 のトッピングに舌鼓
湖畔を巡り浅湖湿原から大江湿原
   燧ケ岳をバックにレギュラーコーヒー煎 

動画編


タイムライン
イメージ 1


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 26

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 30
お花畑も結構だが、絶好の景観を観ることが出来たと感じる 

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 32

イメージ 13

イメージ 31
イメージ 14
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 33


イメージ 22

イメージ 34

イメージ 23

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 35


いよいよ「長蔵小屋」だ 



次回





この記事に

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事