続・・・Z1000J

苦情はこちらまで→kz1136j@dmm.net

ジェネレーター

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

在庫薄だったJカットカバーが完成しました。

イメージ 1


色が黒っぽく見えますが光の加減です、現物はスタンダードのアルミ素地、クリアとなります。

今回、加工をお願いしている方から
「今回のロットでカット溶接が通算100個超えましたよ」との連絡が。

こんな特異な部品に需要がそこまであるとは思わなかったので驚きです。

薄型ジェネレーターを補修部品として利用してカバーは不要という方、カット溶接は自分でやるという方も結構おられるので、ジェネレーター本体自体はもっと数が出ているんでしょうね…



しかし新品ベースで作れるのもあとどれくらいなのか…

いつかいつかと思っていて買いそびれた部品数知れず……

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ジェネレーター在庫

イメージ 1


予定より早く揃いました、これで当面は安心。

暖かくなってきましたね…

イメージ 2


ぼちぼち準備開始するか。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

中古カット溶接カバー

中古カバーで作成した方が、やはり新品で…と。

イメージ 1


というわけで中古カットカバーが1つ出ました。
カット溶接後は未使用です。
塗る人や根性で磨く方、
或いはガンガンに走ってすぐに擦りまくりな方にはこれで良いかも?

通常価格よりカバー分ほど安く出せますので気になる方は連絡を下さい。

3/27日追記 売約済みとなりました、ありがとうございます。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

最近全く記事にしないので、辞めた?とか思われているようですが…

変わらず製作供給しております。

今年は仕様変更は考えていませんが、もう少し見込みで大量生産して、コストが下げられればな…と妄想は継続中です。

インジェクション化する人も少しずつ増えていて、安定した電源が必要で、という方もおられるようで。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

薄型ジェネレーターを購入された方から、たまに
「思ったほど電圧が上がらない」
と言ったご報告をいただきます。

共通しているのは、ボルテージレギュレータを古いものを使い回しされたり、既設の古い黄色ハーネスの丸ギボシ3本で接続しているといったパターン。

ボルテージレギュレータは、MOSFETが推奨です。
また、接続には原則として丸ギボシは使用せずダイレクト接続または正しく圧着端子を用いて接続して下さい。

以上が問題なければ、アイドリング時で

イメージ 1

前後

ライトを付けて

イメージ 2



これくらい出るのが目安と思って下さい。

開く トラックバック(0)

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事