続・・・Z1000J

苦情はこちらまで→kz1136j@dmm.net

ジェネレーター

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

根本的対策

薄型ジェネレーターについての問い合わせでたまにあるのですが、

ノーマルのスターターワンウェイのトラブルが多いので、スターターワンウェイの強化されたこの薄型ジェネレーターにコンバートしたい、と言った旨のご相談。

薄型ジェネレーターにはノーマルの3ローラー先よりも遥かに耐久性の高いカムクラッチ式のワンウェイを使用していますが、
結論から言うとノーマルでそこまで頻繁にトラブルの出る車両では、この薄型ジェネレーターに換えても根本的対策にはなりません。

ノーマルのスターターワンウェイが交換してもすぐダメになるとかすぐボルトが緩む、折れるという車両はたまに居ますが、あれはスターターワンウェイが弱いというより、スターターワンウェイが本来と異なる使用環境で使われているから壊れるだけです。

なかなか理解してもらえない場合もあるのですが、例えばスターターモーターの劣化や入力電圧低下によってクランキングの速度が遅すぎる場合にスターターワンウェイが壊れる事があります。

なんの関係があるのかと言われますが、例えばSR400や250/450のモトクロッサーなどのキックスタートしか出来ないバイクで、、キックペダルを踏み込む力が弱い(クランキング速度が遅い)とどうなるか?

ピストンは圧縮圧力に負けてクランクを逆回転方向に向けて押し返してしまい、瞬間的にクランクを逆回転させます。
所謂ケッチン食らうって現象。

バッテリー弱いな…ってクランキングさせている時にたまにとんでもないカキーンという音がジェネレーター付近から出るのは、同じくクランクが正回転方向に回れずスターターワンウェイのローラーを叩いている音です。
繰り返していれば当然著しく摩耗が進むか、ボルトが折れるか緩みます。

そう言った状態のまま薄型ジェネレーターへコンバートしても、根本的にはトラブルの対策にはなりません…

勿論、カキーンと音を出してしまう理由には他にも不適切な点火時期なども絡んでくるので必ずしもクランキング速度だけの話ではないのですが、
不具合に対しては強化で対策という概念は捨てて、まずは不具合の理由を潰していくことから始めないと根本的対策にはなりません…

あ、今回分完成しました。
随時発送いたしますので少々お待ちを…
在庫もいくつか取り置きしています。

イメージ 1

開く トラックバック(0)

ジェネレーター近況

記事にしていないので作ってないの?とたまに連絡頂くのですが。

年内、多分最期のロットが仕上がってきました。

カバー無し仕様、中古カバーベース仕様、こちらである程度の段階までの組み付け済出荷などなど。
可能な限り柔軟な対応はさせていただいています。

以前とは違い、基本的に常時在庫するようにはしていますのでお待たせすることも無くなりました。

1〜2月はちょいと別作業に集中したいので新規の製作は行わないかもしれませんが、
補修部品等はなるべく常時在庫するようにはしています。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

地味に定期的に問い合わせをいただいております、

現在在庫薄な状態ですが、ローターの次ロットは製作中ですので年内にはもう1ロット準備出来ると思います

転倒やトラブルでコイルを破損したり焼いてしまった方の補修品は基本的には常時在庫しています

開く トラックバック(0)

【準】漢カバー

イメージ 1


発電レス、ご依頼品。

イメージ 4



だけどスターターモーターは使える仕様

クリアランスは可能な限り詰めて…

イメージ 2

イメージ 3


粘土でクリアランス確認、結構ギリギリ。

ちょっと詰めすぎたかな?
とは言っても、少しでもバンク角を増やすためのカット加工なので余裕を持たせたら無意味だし。

なんて事を夜な夜なやってます…

ちなみに【準】が付くのはスターター使える仕様、
【準】が付かないのがスターターモーターすら使えない仕様です。

開く トラックバック(0)

ジェネレーター取付

買ったけどイマイチ自分で取り付ける勇気が無いって連絡が続きましたので。

今回はカットカバーなし、補修部品として取付依頼された方の分を。

あと、画像を投稿すると何故か順序が逆になってしまいました、まあ、見れば大体わかるかなと…

イメージ 1

ノーマルスターターギア仕様の奴で。
実は最近は全くポリススターターギア仕様は作っていません…。、
オーダーがほぼ純正スターターギア仕様しか来ないのと、複数台に使って頂いたショップさんからもスターターギアの使い回しが出来るし、ポリススターターギアがちょいちょい欠品になったりして困るからとの事で、純正スターターギア仕様だけにオーダーが集中しています。

イメージ 2

イメージ 3


ワンウェイクラッチ取付ボルトを洗ってロック剤を塗布

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


ノーマルスターターギアにちゃんとハマるかは出荷前に全数確認しています。
場合によってはこの時点でワンウェイボルトを締め付けも可、ですがワンウェイクラッチが傷む可能性があるので本締めまではやらない方が良いかも。
クランクに取り付けてからの本締めを推奨します。

イメージ 7

イメージ 8


クランクに純正通りのワッシャー取り付けをして

イメージ 9

イメージ 10


スターターギア裏のクリアランスは現物調整、削っても良いけど足らない場合は厚いのを発注、
今回は在庫中古品の中から具合の良いものをチョイス。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13


締め付けて完了

取り外しの時は

イメージ 18


この手のプーラーで。
M33×1.5の奴です。

ステーターコイル側は薄型コイルを専用アダプターでオフセットするだけ

イメージ 14

イメージ 15


配線のグロメットは、社外品の新品を使いましたがやや穴が大きいような?

イメージ 16

イメージ 17


実験的にステーターコイルハーネスに熱収縮チューブを被せてグロメットとのスキマをキツキツにしてみましたが、熱収縮チューブの耐油性は未知なので今回は実験として。

そしてグロメット周囲をスリーボンド1211でシーリングして終了、30分程度の作業です、基本手順は純正と同じです。

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事