続・・・Z1000J

苦情はこちらまで→kz1136j@dmm.net

ジェネレーター

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

計測

薄型ジェネレーター。

意外と製作品は真面目に測ったりなんかしています。

勿論ですけど、精度は純正品に準じています。


イメージ 1



今月末製作分で年内納品分は終了、来月以降製作分は年明けの納品となります。

発注いただいている方、もうしばらくお待ちください。
最近記事書かないので、もう作ってないの?とか聞かれますが、コンスタントに作っています。

イメージ 2



たまにはそっちのネタを。

散々作っておいて良いところだけを取り上げて、デメリットや不具合事例を書かないのはイヤなタチなのでその辺りから。

トラブルで1番多いのは、ステーターハーネスが過熱して溶けた。
現行車で大丈夫なのにZに使うと過熱する。
ハーネスやカプラー部の劣化、腐食が要因です。
ノーマルジェネレーターでも元々熱を持つ部分ですが、発電量が増大するため、その辺りの対策が充分でない車体にそのまま使うと大概過熱します。
稀ですがボルテージレギュレータ不良の場合にも同様の症例が出ます。
可能ならMOS-FET仕様のボルテージレギュレータへのダイレクト接続が望ましいですが、それが無理な場合でもボルテージレギュレータまではギボシや圧着端子は使わずダイレクトに新しいハーネスで引き直せば大丈夫です。
(私のは実験的に丸ギボシでノーマル同様の接続をしていますが、丸ギボシが腐食していないうちは問題ありません)

次にあるのが、mk2カバー仕様の車両で、ステーターコイルのマウントが緩んでしまった例。
これはJ系がM6ボルトなのに対してmk2はM5ボルトのため、どうしても締結力が弱いのが原因です。
元々、mk2はノーマルでもステーターコイルの固定ボルトが振動で折れたり緩んだりは出る事があるので持病といえばそれまでですが、後にJ系がM6ボルトにサイズアップして対策していることを考えると致し方ない部分とも言えます。
付属のM5ボルトを適正トルクの0.7キロちょいで締めておけばまず大丈夫なのですが、どうもここを強く締めるのが怖い、昔折れ込ませたことがあるので強く締めるのを躊躇してしまう、と言うことでやや弱めに締めておいたりすると後々緩みを誘発します。
中にはM6ボルト化されたmk2ジェネレーターカバーを送って来られる方もおられるので、すでにその辺りを対策済みなのかもしれません。

あとはステーターハーネスからのオイル滲みが若干ある。
これはステーターハーネスグロメットが原因です。
昨年末あたりからドレミコレクション製のステーターハーネスグロメットの寸法が少し変更になり、ハーネスを通す穴がやや大きくなっています。
その為、きっちりシールしておかないとグロメットとハーネスの隙間からややオイルにじみが見られます。
私自身もテストの為そのグロメットを使用していますが、スリーボンドの1211を塗布して使用中ですが、現在まで漏れはありません。
ただ、残念なことにそのドレミコレクション製のグロメットも長期欠品中で、現在では純正中古品を使いまわしてもらうか、PMC製のグロメットを使うしかありません。

あと、珍しい例ではクランクシャフトエンドの雌ねじ穴が浅すぎでローター固定ボルトが締め付けられない、といった物もありました。
完全に新車時からのクランクシャフトの加工誤差というか加工不良ですが、これはクランクシャフト内部は焼きも入っていない為、通常のハンドタップによる雌ねじ切り加工で対処可能です。

他にはこちらから仮締め、仮組みでお送りしたものをそのまま第三者の方が仮締めのまま組まれたため、取り付け後間も無く破損した例もありました。
これは誤解を招くので、以降、仮組みはやめてバラバラで発送しています。

それからカバー加工によるトラブルも数例。
ユーザーさん側でカバーカット溶接時にカバーが歪んでしまい、ステーターコイル座面が傾き、傾いたステーターコイルとマグネットローターが接触してしまった例が数例。

こちらでカット溶接加工した際には必ずハイトゲージでその辺りもチェックしています。


イメージ 1



特にJ/GPz系カバーは歪みやすいので、センターボスまで固定する治具を用いて溶接しています。
結果、カバーのステーターコイル座面高さ誤差は初期製作のもので0.4mm以内、現在製作のもので0.2mm以内程度となっています。
後の方が精度良いのかよ!って苦情も出そうですが、後々作るものの方が精度が上がってくるのはモノづくりのあるべき姿と言うことで、その辺りはご理解頂ければと…

ちなみにカバーですが、実はJ系とmk2系で微妙に変えている点が。


イメージ 3

カット角度を変えています。
カバーは同じ角度で置いています。

J系の方がやや前上がりなカット角度となっています。
mk2はこれをやるとカバーの鋳型文字に対してナナメになる為、平行にカット溶接して欲しいという方が多い為そうしています。

実際サーキットを走ると僅かですが前側が当たりやすいのでJ系と同じく前上がりの角度でやるのが本当の意味でベストなのですが、見た目も大事と言うことで。

勿論、mk2カバーで見た目気にしないからやや前上がりでカット溶接してくれと言われればそのように対応可能です。



スターターギア

薄型ジェネレーターKITでは、スターターワンウェイクラッチ系統の強化、滑り対策として、Z/J系より噛み合い部の直径の大きいZ1000P最終型のスターターギアを採用しています。
1200cc、圧縮比12:1位のエンジンでもまず滑ることはありません。

ただ、以前より懸念しているのはこのスターターギア、直接薄型ジェネレーターとは関係ありませんが、消耗品でありながら現行車との互換性もなく、現行車からの流用も出来ません
ポリスに限らずZ、J共に消耗品でありながら、生産年から逆算するといつメーカー廃版になってもおかしくはない。

年式の古い順番から廃版となるのか、販売実績の少ない順番から廃版となるのか、それは誰にも予測できません。

ただ、万が一ポリスのスターターギアから廃版となった場合。
薄型ジェネレーターも仕様変更を余儀なくされます

そこで…


イメージ 1



右が現在使用しているポリススターターギア用のスターターワンウェイ。
左が新たに現在試験中のノーマルスターターギア対応のスターターワンウェイ。

ノーマルスターターギア対応の物は直径が小さいのもそうですが、ローラー幅がやや狭いです。

コレを直径差、ローラー接触面積から計算すると、ポリススターターギア対応のものに比べて約40%ほど容量が少ない。

このやや小さいノーマルスターターギア対応の物でも、Z/Jノーマルの3ローラーに比べたら格段に容量は大きいので充分強化にはなるんですが。

というわけでポリススターターギアが供給されるうちは当面ポリススターターギア対応品のみの製作とします、無くなったらノーマルスターターギア対応の物に移行するかしかありませんが、ノーマルスターターギアだって30年以上前の物、明日、明後日メーカーからなくなってもおかしくはありませんが…
カワサキがどこまで考えてくれているのか。

8月追加分

着々と進んでおります


イメージ 1


イメージ 2



具も盆明けから作業開始しております!

出荷前

点検中


イメージ 1


イメージ 2


カバーの傷なし、溶接部目立つピンホール無し


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5



大まかなバリ取り、砥石で当たり面チェック


イメージ 6


イメージ 7

ボルト長さ、ネジ深さ、ネジP.C.Dチェック


最低限のチェックは済ませています、なので付かない!って事態は無いはず。

もう少々お待ちを…
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事