ランプ屋のオヤジの散歩

暖かい灯りのランプの下で、ランプ屋のオヤジが勝手な談義をしています。

三毒の塊

母の法要をお願いした真照寺から毎年小冊子を送って頂く。 今年のそれには、「我々は2度の世界大戦を経て、もう二度と戦争を起こしてはいけないと誓った筈だ。 命、みな生きらるべし。 それが人類の根源的な祈りである」 と最初に心打つ文章が出て来る。 そして、人間の本性は貪欲・瞋恚・愚痴(トンヨク・シンニ・グチ)の三毒の塊であり、「田あれば田を憂う。宅あれば宅を憂う」「田なければまた憂えて田あらんと欲す。 宅なければ憂えて宅あらんと欲す」と続く。 モノに執着する愚かなヒト、自国こそ良かれと思い「いかり、はらだち、そねみ、ねたみ」を爆発させ、戦争までになった。 それを泣き、傷ついて平和を願った。 戦争と平和の狭間で揺れ動く我々は自己の執着の愚かさに気がすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事