お菓子買いにこッ!

!!!<当ブログの画像等の無断使用は固くお断りします>!!!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

岡山勝山_酒まんじゅう

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

前田製菓 酒まんじゅう 

 前回の久世町(岡山県真庭市)から旭川を更に遡って、勝山も訪れてみました。
 勝山(旧勝山町)も久世同様、昔から旧街道の宿場町として栄えて来た町ですが、勝山城の城下町でもあります。 また、勝山は旭川を行き来して岡山まで産物を運んでいた高瀬舟の最上流の拠点だったそうで、川沿いにはその船着場跡が現在でも残っています(県内ではここだけ)。
 町の中には、漆喰の白壁が印象的な商家など古い町並みが保存された地区もあって、観光地にもなっています。

 そんな勝山の名物の1つが、江戸時代藩主に献上された事に由来する”御前酒”で知られる蔵元、辻本店の清酒です。
 現在、日本国内を旅しているあの中田英寿氏もこちらを訪問したそう。 現役引退後世界を旅して、逆に日本の伝統や文化により興味を持たれたらしく、各地の伝統産業の工房や酒蔵などを巡る旅を現在されているそうです(ついでに、各地の和菓子店も訪ねて欲しいと個人的には思います)。
 こちらのお酒はかなり美味しいそうなので、私も1本買ってみました(まだ飲んでませんけど)。 その御前酒を使ったこちらも勝山名物の和菓子が有りますので、今日はそちらを紹介します。

 白壁に漆喰彫刻を施した蔵も見所の辻本店、その並び(旧出雲街道)に一軒の和菓子店、前田製菓が有ります。 こちらの看板商品が、御前酒を使った酒まんじゅうらしく、酒饅頭フリーク?としてこれをパスすることは出来ません。
 こちらの酒まんじゅうは、プックリとした丸みのある形で、気持ち小ぶりなもの。 酒饅頭独特の甘酸っぱい香りは、あまりして来ません。
 と言うのも、前田製菓酒まんじゅうは、お米と麹から酒素を作る伝統的な酒饅頭ではなく、生地を作る際、水の代わりに全量御前酒を使って仕上げるそうです(他に山芋も)。
 そのため、日本酒らしい芳醇な香りがほど良く感じられ、こちらも中々良い感じ(酒饅頭はちょっと苦手 な人でも多分大丈夫そう)。 この辺は、以前紹介しました腰掛庵(山形県天童市)の”醸まん”に近い印象も受けました。
 中の小豆こし餡は、クセが無くさらっとした口当たりの餡、小豆の美味しさも十分味わえます。 大変食べやすい酒饅頭に仕上がっているので(私も4つ続けて食べてしまいました)、どなたにもお薦め出来るお菓子です。 90円

 因みに、この酒まんじゅうは、お隣の御前酒のご主人が提案して作り始めたのだそう。 前田製菓のおばあさんとお嫁さん2人で、試行錯誤しながら作り上げた力作なのだとか。
 勝山の白壁の町並みを見学して歩きつかれたら、こちらの酒まんじゅうを是非味わってみてください。

 前田製菓
 岡山県真庭市勝山103
 TEL:(0867)44−2218 

開く コメント(3)

開く トラックバック(3)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事