ターンアウトスイッチ

踏切好きな人のBVE公開所です。

全体表示

[ リスト ]

大茶園踏切

イメージ 1

イメージ 2

 阪神の深江〜青木間にある踏切。道路片側2車線と、歩道もあるのでかなり幅の有る踏切である。
 踏切名の「大茶園」の由来が謎で、踏切自体は茶畑もなさそうな住宅街にある。


イメージ 3

 この踏切の特徴は警報灯が一つ目であること。踏切は法令で「赤色灯器が交互に点滅すること」と規定されているが、なぜかここは一つ目である。
 全国的に見れば一つ目は意外とあるが、正面が一つ目の灯器はあまり見ない気がする。


イメージ 4

 阪神の踏切にはほぼ必ずある標語(?)三点セットと「自動遮断機」の看板。昔は手動遮断機が多かったのだろうか。


イメージ 5

 この区間は高架化工事を行っており、阪急京都線洛西口周辺のように現在は仮線を走っている。この踏切も仮線上にある踏切というわけだ。


イメージ 6

 警報機は6基あるが、そのうち3基がこのような一つ目となっている。なぜか一つ目灯器はLEDで、横を向いている灯器は電球であるのだが、メーカーは両方とも京三製である。

 頭のてっぺんに電灯が付いているため、スピーカーの位置が少しずれている。そのほか「自動遮断機」看板が高い位置のため、手前の梯子が目立っている。
 余談だが、関西の大手私鉄の踏切で梯子が付いていないのは阪急だけである(ただし、阪急の踏切には梯子代わりの「足掛け」がある)。
 

イメージ 7

 三宮方面を望む。ここが元々線路があった路盤跡で、高架橋はここに作る模様。架線柱も撤去されている。 


イメージ 8

 反対の梅田方面。かつては踏切内に架線柱があったため、その土台が残っている。こちらは旧路盤跡の架線柱はまだ残っている(注:取材時の状況)。
 


イメージ 9

 車道の遮断機動作時に、錘が歩道の方へはみ出てきそうな気がするが…。仮線切替前は強固なコンクリートの囲いが遮断機周りや警報機周りにあったが、仮線なので気持ち程度の柵のみである。


イメージ 10

 仮線を走るなんば線直通の快速急行。阪神の仮線は阪急と違い、徐行制限がほとんど無く、どの電車もスピードを出して走る。


イメージ 11

 完成予想図が壁に貼ってあった。大茶園踏切もやがてこの画像のようになるのだろう(非電化などというツッコミは野暮である)。




この記事に

閉じる コメント(7)

顔アイコン

楽しく見させていただきました。
正面が一つ目の灯器なんて始めて見ました

2011/4/2(土) 午後 4:32 [ satosi ] 返信する

顔アイコン

>>satosi様

通常、警報灯器は偶数個ですから、奇数個のものは結構レアではないかと思われます。
ここは横向きのが付いていて計3個ですが、日本には灯器が1個だけの警報機もあるみたいで・・・。

2011/4/3(日) 午後 9:13 [ L53 ] 返信する

顔アイコン

踏切シリーズ拝見しました。関西には興味深い踏切がたくさんありますね。

2011/4/5(火) 午後 10:57 [ GreatJonasan ] 返信する

顔アイコン

>>GreatJonasan様

ありがとうございます。
地元が関西なのでどうしてもそちらに偏りがちですが、日本全国満遍なく紹介したいものです・・・。

2011/4/6(水) 午後 9:12 [ L53 ] 返信する

顔アイコン

>>内緒コメントの方

内容の件、問題ありません。よろしくお願いします。

2015/4/18(土) 午後 8:21 [ L53 ] 返信する

顔アイコン

> L53さん
ありがとうございます。画像、お借り致します。
出典として「ターンアウトスイッチ」と入れさせて頂くのは可能でしょうか?

2015/4/20(月) 午後 3:56 [ moc*kun*7*1 ] 返信する

顔アイコン

>>moc*kun*7*1さま

大丈夫ですよ。
私もあまり細かく言うつもりもないので、ご自由にお使いください。
こちらこそ連絡いただき、ありがとうございます。

2015/4/20(月) 午後 10:25 [ L53 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事