ターンアウトスイッチ

踏切好きな人のBVE公開所です。

踏切

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全29ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

中学校踏切

イメージ 1

 箱根駅伝でも有名な国道1号線東海道の箱根越え途中にある、箱根登山鉄道の踏切である。
 右上に見えているのが紹介する踏切で、写真左の青看板奥にある、半円形でトンネルが並んでいるように見える場所が箱根湯本駅である。


イメージ 2

 この踏切は見ての通り歩行者用で、手前もこの先も急坂というより階段のため、自動車はおろか自転車も渡れない。


イメージ 3

 箱根湯本方面を望む。崖沿いに線路が引かれているので見通しは悪い。この踏切も比較的最近に第一種化されたものと見え、カーブミラーも残っている。


イメージ 4

 こちらは小田原方面。レールが3本あるのはここが三線軌条だからで、狭軌の小田急電車と標準軌の箱根登山電車の両方が通過するためである。


イメージ 5

 渡った後の階段途中から見た踏切。
 踏切名の「中学校」はこの階段を上った場所に"あった"湯本中学校のことで、現在は校舎やグラウンドも残っているが、校舎には箱根町社会福祉協議会が入っている。湯本中学校は2008年に廃校になったようだ。かつてはこの踏切も通学路だったのかもしれない。


イメージ 6

 いかにも立てる場所に苦労したことがわかる警報機がある。
 この警報機、大きさからしても結構低く抑えられており、さながら屋上遊園地の子供用豆汽車に置かれている踏切のように見える。


イメージ 7

 石垣に直接取り付けるためのアタッチメントもしっかり作られている。ちゃんと配線も上手く処理されており、限られたスペースを活用しているのが素晴らしい。


イメージ 8

 警報機だけでなく遮断機も設置に一癖ある場所だったであろう。見通しが悪いので、歩行者用と言えど遮断機はあった方が正解だと思う。


イメージ 9

 踏切の向こうは国道1号と早川を挟んで、箱根湯本の町並みがある。郷土資料館や町役場もあのエリアにある。


イメージ 10

 ぬっとした感じで上り列車が現れる。この区間は三線軌条であるが、基本的に小田急車両がほとんどを占める。登山電車が来るのは車庫への回送の時だけだ。

この記事に

開く コメント(0)

寺原踏切

イメージ 1

 関東鉄道常総線の寺原駅近くにある踏切。


イメージ 2

 この踏切に近づくと、妙な風景が目に入る。
 すぐ横にあるもうひとつの踏切である。


イメージ 3

 踏切の遮断機とは別に、紅白塗装の遮断機が付けられており、しかもそれは閉まっている。


イメージ 4

 謎の踏切全景。奥が寺原踏切であるが、こちら手前側の踏切は銘板が無かった。よって、とりあえず寺原踏切と共通動作するものと思われる。


イメージ 5

 そしてこの踏切の正体は「バス専用道」ということだ。踏切脇に色あせた看板が立っていた。


イメージ 6

 バス専用道踏切は横断禁止なので、本来の寺原踏切から取手方面を望む。奥に見えるのが寺原駅で、左手にバスが並んでいるのが見える。あそこが関東鉄道バス取手営業所で、バスは出庫する際、あそこから手前へ走ってきて、専用道踏切を渡って、今立っている県道へ合流する。


イメージ 7

 反対側の下館方面。関東鉄道常総線は気動車のみの運転ながら本数が多く、日中も15分毎に運転されている。それゆえ複線である。


イメージ 8

 この踏切から通常の道路を通って寺原駅へ向かうには迂回が必要だが、自転車置き場がここにあることからも伺えるように、歩行者に限り、バス専用道を歩いてショートカットすることができる(自分は知らなかったので、駅からここまでは迂回してきました…)。


イメージ 9

イメージ 10

 こんな感じで歩く人は多い。バスは頻発しているわけではないと思うが、歩道があるわけではないし、完全に営業所の中を歩く場面もあるので、注意する必要はある。


イメージ 11

 専用道は歩けても、専用踏切は渡れない。ちなみにバス営業所内にバス停は無いので、バスに乗ってこの踏切を渡ることも不可能のようだ。


イメージ 12

 滞在時間が限られていたので残念ながらバスは通過しなかったが、列車は来た。


イメージ 13

 二重遮断機の状態で通過する下り列車。こう見ると本来の鉄道側遮断機は不要に見えるが、この遮断機2つは別系統動作しているため、そうもいかないのである。


イメージ 14

イメージ 15

 このバス専用道は一方通行で、営業所から出たバスは、写真に写っている左右2本ずつの電柱の横を通過する。ここに赤外線センサーが設けられており、ここをバスが通過すると紅白遮断機が自動で開く仕組みになっているらしい。
 このセンサーは絶妙な高さに取り付けられており、バスなどの大型車両が通過しないと反応しないため、歩行者が通っても何も起きない。


イメージ 16

 踏切側の方も、紅白遮断機の横に同じくセンサーがあり、ここを通過すると紅白遮断機は閉まる。つまり紅白遮断機はバスが来るか来ないかで鉄道とは関係なく動作しており、バスが踏切待ちする際は紅白遮断機は開いたままになる。
 今回は時間の都合でバスが通過する様子が撮影できなかったのが残念である(実は駅に到着して列車から降りる瞬間に、踏切を渡るバスは見たのだが、それ以後しばらく出庫する様子がなかったので、やむを得ず撤収したのである)。

この記事に

開く コメント(0)

鶯の森踏切

イメージ 1

 能勢電鉄にある、その名の通り「鶯の森駅」前の踏切。
 踏切脇の入口が同駅の駅舎で、ホーム間を繋ぐ地下道などは無く、方向別で駅入り口が異なるため、利用者にとっては構内踏切代わりのよく使う踏切である。


イメージ 2

 この道は丘の上にある鶯台地区に繋がっている。このあたりは鶯の森・鶯台・鶯が丘等の地名が多い。

 踏切的な特徴としては奥の右側に注目したい。


イメージ 3

 警報灯のない警報機である。同系列会社では阪急今津線にあったりしたが、能勢電にもあったのだ。
 ただし、この踏切はほかの警報器が全方向型灯器に更新される前は、ここにも警報灯があったようで、更新に伴って不要と判断されたためにこうなったと思われる。


イメージ 4

 踏切より妙見口方面を望む。正面のトンネルを抜けると猪名川を渡って鼓滝駅へ直進するが、かつてはもっと大回りの旧線があった。


イメージ 5

 反対の川西能勢口方面。右側の細い駅舎が妙見口方面のそれである。


イメージ 6

 鶯台方面から道路を下ってくるとこんな様子である。警報灯のない警報器は視界には入って来ず、他の全方向灯器があるおかげで特に問題は無さそうだ。


イメージ 7

 全方向灯器も更新時期が違うのか、それとも後からつけたのか、メーカー違いの灯器が共存している。


イメージ 8

 通過する電車は川西能勢口方面行きの回送。能勢電も新車(?)が入るようになってきて更新の時期であろう。

この記事に

開く コメント(0)

(踏切名不詳)

イメージ 1

 長崎の路面電車である長崎電気軌道本線の浜口町〜松山町間にある歩行者専用踏切。
 長崎電気軌道はその路線ほとんどが併用軌道で、専用軌道の区間はこの区間が含まれる浜口町〜岩屋橋となっており、踏切も数か所存在するが、駅間にある純粋な踏切は希少である。

イメージ 2

 とはいえ、警報機・遮断機も何もないので踏切としては第4種のようで、あまり踏切の感じはしない。
 歩行者専用にもかかわらず、無駄に幅が広い。


イメージ 3

 よく見ると警報機はある。パトランプ式で、電車が接近すると点灯し、上のスピーカーより「♪プップップッ」とブザーが鳴り、「危険ですから横断にはご注意ください」といった警告音声が流れる。
 警告音は電車がかなり近づいたときにしか流れないので、長くても3サイクルくらいしか鳴らない。1サイクル目が鳴り終わると既に電車は目の前まで来ているので、警告音が鳴り始めたらすぐに待避が必要である。

 余談だが、長崎電気軌道には現在、ステレオタイプな踏切警報機を持つ踏切は存在しないが、かつてはあったという。その場所は浜口町〜浦上車庫前の旧線など、線路付け替えが行われたところで、現在は旧線の跡形はほとんどなく、警報機も当然無くなっている。


イメージ 4

 踏切脇にはJR長崎本線が通っている。長崎本線は複線(実際は単線並列)高架だが、高架化前は長崎電軌と並走していた。


イメージ 5

 松山町(赤迫)方面。長崎本線の高架に沿って浦上車庫前の先までは専用軌道になる。奥で人が横断している場所が松山町電停の踏切。
 ここ以外の踏切は自動車が通る故、電停が隣接しており、微速で通過できるようになっている。一方この踏切は人影が無い場合は特に減速せず(カーブのための減速は行って)、通過する。


イメージ 6

 反対側の浜口町(長崎駅前)方面。急カーブの先は長崎西洋館を潜るトンネルになっている。見ての通り非常に見通しは悪い。警告音には十分注意して横断したい。


イメージ 7

 踏切を渡ってから振り返る。正面の階段を通らなければアクセスできない。


イメージ 8

 こちらからは松山町方面の見通しも悪い。
 先ほどから奥に見えている屋根は長崎市営庭球場、つまりテニス場である。


イメージ 9

 トンネルをくぐって電車がやってきた。見て分かる通りトンネル内は壁画が描かれている。長崎電軌には桜町〜公会堂前にもトンネルがあるが、法的にトンネルであるのはここだけである。

この記事に

開く コメント(0)

宮西踏切

イメージ 1

 一目見ただけで「変だ」と思う踏切。こちら側の様子だと普通に見えるが…


イメージ 2

 踏切を渡って振り返るとアラ不思議。警報機が無い。



イメージ 3

 この踏切はなぜか片側にしか警報機が無いのである。扱い的には第三種踏切のようだが、第四種にも見えなくもない変な踏切である。


イメージ 4

 場所はJR武豊線の末端部、武豊駅に近い住宅地の中。
 こちらは東成岩(大府方面)の様子。武豊線は最近電化された路線なので、架線柱は綺麗だ。


イメージ 5

 こちらは反対の武豊方面。
 至近にも第三種踏切がある。


イメージ 6

 両者の位置関係はこんな感じ。間が空き地なので、宮西踏切のこちら側の警報機は右側ので代用してくれという感じだろうか。
 もしも、この三角地帯に何か建ったら(狭すぎるけど)、宮西踏切のこちら側の警報機も立てられると思われる。


イメージ 7

 そんな感じで「兼用」された警報機を持つこちらの踏切は「宮東踏切」という。踏切のある路地を少し北西に行くと神宮社があるので、そこを取った名前であろう。


イメージ 8

 宮東踏切から宮西踏切(東成岩方面)を望む。左の森が神宮社。
 どちらの踏切も車が通れないゆえ、目立たない場所にあるが、宮西踏切の珍しさは全国レベルだと思う。

この記事に

開く コメント(0)

全29ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事