ターンアウトスイッチ

踏切好きな人のBVE公開所です。

踏切

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全28ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

小姓町踏切

イメージ 1

 閑静な住宅街の直線道路を斜めに横切る線路。


イメージ 2

 近寄ると、どうも左手にもうひとつ道路がある模様。


イメージ 3

 渡って振り返ればこの通り。いわゆる三叉路踏切である。
 場所は京阪石山坂本線の中ノ庄〜膳所本町間。


イメージ 4

 こちら側手前も側道が分岐しており、どれも幅の狭い道路ながら結構入り組んだ交差点のようだ。


イメージ 5

 メイン道路より踏切内で分岐している道。ここも狭い。


イメージ 6

 その道路から踏切を見たところ(逆光ご容赦)。交差点があることについては何も表示は無い。


イメージ 7

 踏切から膳所本町(坂本)方面を望む。奥にその膳所本町駅があり、そこに五叉路踏切もある。


イメージ 8

 こちらは中ノ庄(石山寺)方面。こちらも中ノ庄駅の先にまた別の三叉路踏切があったりする。
 住宅街の道路は直角交差が多い中で、線路がグネグネと斜めに進んでいるため、このような多叉路踏切が続出しているようだ。


イメージ 9

 多叉路踏切の例によって、踏切が閉まっている時は、手前の道から奥の道(あるいはその逆)は行けない。また行く時も、道が狭いのと線路上でのハンドル操作はスリップしやすいので注意が必要である。


イメージ 10

 石山寺行電車がやってきた。
 石山坂本線の車両も、写真のような本線系統と同じ塗装に順次変更していくらしい。

この記事に

開く コメント(0)

七ツ新屋第2踏切

イメージ 1

 静岡鉄道静岡清水線の御門台駅前の踏切。周囲の地名が「七ツ新屋」なので、踏切名はそれに倣っている。


イメージ 2

 反対側より。
 踏切の中に御門台駅の入口がある。これまでいくつか紹介してきた「踏切の中に駅入口がある」パターンである。
 奥に少し見えている高架橋は東海道新幹線で、同じ場所にJR東海道本線の踏切もある。


イメージ 3

 御門台の駅舎。島式ホームで出入口は1か所なので、どちらに行くにしてもここから出入りするしかない。そう考えればコンパクトな駅舎である。


イメージ 4

 細長い駅舎の中には券売機と自動改札機等があり、この通路を通れる幅であれば車椅子も入れる。
 電車が停まっている側は新清水方面。逆の新静岡方面は入線前より踏切が鳴るので、駆け込み乗車は出来ない。


イメージ 5

 新清水方面を望む。左側は静岡鉄道グループのスーパーマーケット。静鉄の駅周辺によく見かける。


イメージ 6

 こちらは新静岡方面。隣の草薙駅までの距離は静鉄にしては長い方である。


イメージ 7

 駅舎の中から踏切を望む。
 踏切道には、駅舎反対側には歩道があるが、駅舎側には簡単に区画されているだけで歩道が無い。ここから出場するときは車に注意する必要がある。
 右側の壁には、踏切待ちの人に向けてか、「御門台駅に改称した経緯」などが書かれている。


イメージ 8

 駅舎内に向けている警報機。4方向とも同時に見えるようにしており、初代全方向灯器と言ってもいいかもしれないが、4方向90度毎にしか見えないし、そもそも発光が見づらくなっているので撤回する。


イメージ 9

 さらに下がって駅の中から改札機の様子。これだけ狭い駅舎なのに掲示物・AED・洗面台等が所狭しと置かれている。
 右に幅広改札があるが、ここをギリギリ通れたとしても、奥の通路を(ry


イメージ 10

 駅舎から入線する電車を撮影。長らく一形式しか走っていなかった静鉄線にも、新車が入るようになった。

この記事に

開く コメント(0)

小ケ谷踏切

イメージ 1

 JR川越線の西川越駅すぐそばにある踏切。片側1車線道路を渡っているが、近くに県道との交差点があって渋滞が発生しやすい。


イメージ 2

 大宮方面を望むとすぐそこに西川越駅。列車選別装置が付いていないと、停車列車に対しては長時間遮断してしまうパターンの踏切である。


イメージ 3

 高麗川方面。列車本数は1時間当たり2本程度で、そこまで頻繁に走っているわけではない。


イメージ 4

 反対側の様子。
 この踏切の特徴は、とにかく多い警報器。確かに交通量は多いが、踏切前後直近に複雑な交差点があるわけでもない。


イメージ 5

 西側の警報器。OH型も含めて7対、14個の灯器がある。ここ手前左だけ脇道があるので、そちらを向いている灯器が1対あるが、それ以外はメイン道路用である。


イメージ 6

 東側の警報器はいずれも補助で背が低いが、それでも6対、12個もある。


イメージ 7

 特にこれは、わざわざ2段にする必要があるのかわからない。上側の2対は後付けのようだ。


イメージ 8

 電車がやってきて踏切が鳴るとあっという間に渋滞が出来る。
 全方向灯器にすれば灯器数は抑えられると思うので、いずれそうなる時が来るかもしれない。

この記事に

開く コメント(0)

松原湖踏切

イメージ 1

 よく鉄道関係の公園などで入口に警報機が置かれている場合が多いが、その一種にも見えるこの光景。


イメージ 2

 まぁ、こういうわけだが。



イメージ 3

 警報機の背後は公衆トイレである。
 今立っているこの道は、JR小海線の松原湖駅の駅前広場に続く道で、行き止まりであり踏切は無い。



イメージ 4

 下り坂の左カーブがあるために、右側の警報機を付けたのだろう。設置面の高さも違う。



イメージ 5

 小淵沢方面を望む。すぐそこに見えるホームが松原湖駅。冒頭の写真で駐車車両があった場所が、駅前広場ということである。
 なお、駅名の元になった松原湖までは徒歩で30分はかかる。



イメージ 6

 小諸方面。小諸にしても小淵沢にしても、どちらもまだ遠い。



イメージ 7

 踏切の反対側もカーブになってはいるが、「はぐれ警報機」は置かれていない。
 遮断機がぶっといのは突攻防止であろう。



イメージ 8

 小諸行の列車がやってきた。世界初のハイブリッド式鉄道車両のキハE200形も、登場からまもなく10年になる。

この記事に

開く コメント(1)

湘南海岸公園6号踏切

イメージ 1

 江ノ電の江ノ島駅前にある踏切。手前と奥の道とで道幅が違うのは、手前側の道が一方通行(昼間時)だから。


イメージ 2

 反対側より。江ノ島駅はすぐ横にある。
 左側の警報機は架線柱に寄生している。


イメージ 3

 スピーカーの取付などもわざわざアームを伸ばして付けられている。周囲が結構せせこましいので、こうするのがベストだったのであろう。


イメージ 4

 踏切から江ノ島駅構内を望む。歩行者が渡っているのは駅の構内踏切である。


イメージ 5

 また、この踏切は分岐器の上に設けられている。このあたりのレイアウトからも、住宅密集地であることがうかがえる。



イメージ 6

 反対側を向くと脇道がある。この脇道は意外と気づきにくい。



イメージ 7

 脇道側から。三差路踏切なので遮断機は素直に3つある。



イメージ 8

 一方通行がある時間帯、北側から来た車はこの脇道にエスケープしなければならない(写真の車は逆方向。右折は一方通行になるので左折するしかない)。脇道は一方通行ではないものの、狭いことには変わらない。


イメージ 9

 電車が通過。見ての通り、踏切が閉まると駅方向へも行けなくなるので要注意。

この記事に

開く コメント(4)

全28ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事