全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

過去最多の15名

中学生の新入団選手は15名となりました。
早く選手の顔と名前、プレーの特徴を把握したくて
土日の練習時間を長くとっています。

選手たちは長い時間なので
結構大変だろうと思いますが
かなりわかってきました。
いい点、もう少し頑張らないといけない点
選手それぞれにありますね。

近いうち個別面談をしたいと思います。



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

新年度始まります

4月になりました。
今日からスペランザトレーニングセンター(スぺトレ)が始動。
明日からスペランザU15が始動します。

スぺトレは小学生を対象としたスクールで
将来スペランザU15で活躍してもらうべく指導しています。
進路は強制するものではありませんから
進学の時に他のクラブや中学部活を選択する選手もいます。
今年度はスぺトレ在籍が長い子短い子含めて5名もの選手が
ありがたいことにスペランザU15で登録してくれます。
彼らが卒業して今日から始まるスぺトレは13名で始動です。
新しい選手もいますのでどんな子なのか楽しみです。

スペランザU15は、JFAのチーム登録を
Unione di Marcielo C.F. e S.C. Speranza として
マルシエロCFとともに登録しています。
スペランザが伊勢近辺の選手を対象に
マルシエロが志摩近辺の選手を対象に指導しています。

今年、スペランザU15には先の5名の他に5名の選手が加入。
1年生は10名となりました。
近年一桁の新入部員だったので、嬉しい限りです。
今まで参加していなかったU13リーグへの参戦も視野にいれるべきかもしれません。
どういう環境作りをするにせよ
しっかり指導育成していかなければなりませんね。
明日、始動です。


新年度始動しますが
興味を持ちながら一歩踏み出せない方には
まだまだ体験参加を受け入れていますので
ご連絡いただければ幸いです。

岩本まで
090-3480-2958
speranza@wh.commufa.jp





開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

4月になりました。
桜も咲き、温かくなりました。
当然、庭に草もチラホラ。

で、一人で草を抜く昼下がり。
そろそろカミさんが来る頃・・・
来ない。

もうそろそろ終了ってとこで
やっと来た。

「遅いよ。」
「褒めてもらおうと思ってやってんのに
なかなか来ないから。」
「終わってテレビでも見てたら気づかないでしょ。」

カミさんは「草抜きしといたよって言えばいいやん。」

「そんなあからさまなこと!
やってるのをたまたま見て、褒めてほしいのよ。」

「わぁ、奇麗になった。パパすごい!」

そう言ったカミさんを僕は見ていないけど
「めんどくせぇ奴やなぁ・・・」と顔に書いてあるはず。

でもね、そんなやりとりをしないと
会話のない、春の来ないお家になっちゃうじゃない。




開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

スぺトレ

スペランザトレーニングセンター 略してスぺトレ
今年度も残すところあと3回の予定です。

スペランザU15に繋げる目的で
基本的には個人技術・個人戦術にフォーカスして指導しています。
さらにコアなところではトレーニングに向き合う姿勢、集中、習慣についても指導しています。

どこまで楽しい雰囲気の中で大事なポイントを落とし込めたか・・
一定のレベルまでは指導できているとは思いますが
まだまだもっと改善する点、反省する点があったような1年でした。

さて、4月からの活動・選手募集についてのご案内です。

活動は従来通り、毎週火曜日の19時〜21時 二見中学校グランドです。
4月以降の募集人数は6名〜最大14名まで。

ご興味ある方はご連絡ください。
携帯 090-3480-2958 携帯mail speranza2002@ezweb.ne.jp
PC  speranza@wh.commufa.jp
岩本までお願いします。






開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

昨夜は時折強風の吹く中
人数も少ない中
それでも元気に練習しました。

風に舞う白い埃のような砂
人工芝ならこんな事はないよなぁ・・・
ちょっとめげそうになりましたが
子供たちは意に介さないようで・・・逞しい!

体験に来てくれる小6の選手もいて
この時期らしい光景です。


スペランザで活動することを決意してくれている子が何人かいる一方
残念ながら他のチームを選択したことを告げてくる子もいます。
内心とても残念でかなり落ち込むのですが
そんなことは表に出せるわけもなく
その子の未来を祝福するだけです。

サッカーがうまくなる事が将来の仕事に役立つかと問われれば
その答えは「プロ選手になれたなら」というしかないです。
キックの正確性やプレーのひらめきなどは
今の僕の仕事にはなんの役にも立っていません。
でもサッカーは多くのことを示してくれます。
楽しいことも辛いことも。
スポーツを通じていろんな人と関われます。

いろんな取り組みや係る人達が選手を成長させてくれるでしょう。

そこが自分にとって一番いいと信じて歩んで行くのだから
温かく他チームの監督としてその子を見守っていきましょう。

もちろん、スペランザが一番いいと信じて来てくれる子に対しては
全力で向き合うことは言うまでもないことです。

3月が始まりました。

そしてフットボールは続く。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事