私的記事

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

リンゴとはちみつ

西城秀樹さんがお亡くなりになられた。
その報道のひとつでバーモンドカレーのCMが流れた。
割れていくリンゴにハチミツがしたたり落ちるあの有名なシーン。

それを見てカミさんが長男の思い出を話してくれた。
まだ保育園児かそれくらいの頃
あのカレーが食べたいというのでルーを買ってきた。
でも長男は「違う!違う!」と怒る。
パッケージを見せても・・・
カミさんは長男が何を怒ってるのか最初はわからなかったらしいが
どうやら割れるリンゴにハチミツをかけてカレーに入れたいのだとわかる。

その場面を想像し、何だか胸にこみ上げるものを感じた。
長男が元気でいれば笑い話で済みそうなんだけど
思い出が増えない、記憶が薄らぐ現状で
新たな記憶をもらえた嬉しさと
もう会えない悲しさが入り混じった複雑な感情が
胸にこみ上げたものの正体だったのです。

仮に、長男が生きていたとして。
それでもあの頃の長男に、今、会えるわけではない。

子育てに奮闘してるお父さんお母さん
大変な時もあるでしょう
でも、泣き顔も笑顔もどんなことでも
心に記憶しておきましょうね。

カミさんはリンゴを切り
長男と一緒にハチミツをかけてカレーに入れたそうです。
それは忘れられない小さな出来事だよね。
普通にカレーを作っただけでは思い出に残らない。


西城秀樹さん、ご冥福をお祈り申し上げます。



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イオンで買い物中に教え子から声を掛けてくれた。
奥さんと3人の子供さんを連れて・・・
もういくつになったの?

小学生当時と変わらない笑顔
でも、もう40になるのだとか。
近況をお互いに語りあう。

お母さんはお元気?
すでに3年前に突然お亡くなりになった・・・
いつも笑顔のお母さんが脳裏を駆け巡る。
僕より10才くらい年上だったのではないだろうか
なのにもうこの世にはいない。
とても残念です。

人生は何が起こるかわかららない。
だからこそ「じゃ、またね」が最後になるかもしれない。
できれば嫌な思いを相手にさせないで別れたい。

叱責、ダメ出し、大声を出して怒鳴る。
そんなことばかりで楽しくサッカーが上達するわけない。
嗚呼、わかっちゃいるけど・・・。

日頃の選手への接し方を思い返す・・・
まだまだ修行が足りんかなぁ。

いつか僕がこの世から去って
誰か教え子の一人が
いつの間にかこの世にはいなくなった僕の事を知ったとしたら
その子の脳裏にはどんな僕が駆け巡るのだろう?


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

Oh my son

二男に電話は、滅多に通じない。
Lineも特に用があるわけではないので
返信は来ない。

Lineの既読サインと連絡がないのが
無事な証拠だと奴は言う。

確かに何かあれば職場から連絡が来るだろうし
もっとシリアスなことなら警察から連絡が来るだろう。
けど、その時には遅いし
何より今無事かどうか知りたいでしょ。

保険会社的に言うとLineの返信は本人かどうか・・・
セキュリティかけてるから乗っ取られないとは言うけどさ。

居所も職場も知ってるけど・・・
でもさ、お前本当に転職してない?
勝手に引っ越してない?
それ以外の最近のことはわからないんだけど。
新興宗教とか何かに傾倒してない?
何か辛いことがあれば相談にのるぞ。
親としてはいくつになっても心配なのだ。
子離れしてない?
いやいや・・・普通だ。
奴が親離れしすぎて遠いところにいる(笑)

こっちも用があるわけではないので
留守電にメッセージを入れる事はないのだが
今日は入れてみよう。
「たまには声が聴きたい。
失踪届け出されたくなかったら電話してこい。」
これでいこう。

コールが2回

え!
二男が電話に出た!
なかなか珍しいことだ。
いいタイミングで電話したかな。

声を聴いたのは正月以来か。
転職も転居もなく、変わりなくやってるそうだ。
一安心。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

4月になりました。
桜も咲き、温かくなりました。
当然、庭に草もチラホラ。

で、一人で草を抜く昼下がり。
そろそろカミさんが来る頃・・・
来ない。

もうそろそろ終了ってとこで
やっと来た。

「遅いよ。」
「褒めてもらおうと思ってやってんのに
なかなか来ないから。」
「終わってテレビでも見てたら気づかないでしょ。」

カミさんは「草抜きしといたよって言えばいいやん。」

「そんなあからさまなこと!
やってるのをたまたま見て、褒めてほしいのよ。」

「わぁ、奇麗になった。パパすごい!」

そう言ったカミさんを僕は見ていないけど
「めんどくせぇ奴やなぁ・・・」と顔に書いてあるはず。

でもね、そんなやりとりをしないと
会話のない、春の来ないお家になっちゃうじゃない。




開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
12月9日

仰向けに寝て
空を見上げてみました

正面に抜けるような空を見るのは
どれくらいぶりでしょうか

雲がゆっくり流れて


中高生の頃
ソファに寝転んで
窓越しに空を見ていた頃を思い出しました

あれからもう40年以上も経ってる
光陰矢の如し・・・か
その通りです

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事