ラボ・アスナロ ブログ

福島子ども保養プロジェクトに更なるご支援を!

全体表示

[ リスト ]

《ラボ・アスナロ連続講座21》

「福島原発事故による健康被害」
 −あなたの癌は福島原発事故の影響ではないといいきれますかー

 2016年9月14日に行われた第24回福島県「県民健康調査」検討委員会では、福島県の小児甲状腺がん及び疑いは174名(約30万人検査)と発表されています。通常は約100万人に3人位と言われる小児甲状腺がん、この検査結果について、検討委員会は「総合的に、放射線の影響とは考えにくい」と言っていますが、福島第一原発事故の放射能の影響は、着実に子ども達の健康を阻害している事を現しているのではないでしょうか。そして、その他の病気や免疫力の低下も問題となっているといいます。では、私達の住んでいる関東では影響が無いのでしょうか。そして、子どもだけに原発の影響が出ているのか。国立がん研究センターは、2016年に新たにがんと診断される患者は101万200人、がんで死亡するのは37万4千人と予測を発表しています。2人に1人と言われる癌患者。私達は、福島の原発事故による放射能の影響を、もう一度考えてみなくてはならないのではないでしょうか。
 医療ジャーナリストの藍原さんのお話を聞いて、関東及び日本に広がった放射能の影響について考えていきたいと思います。

講師 藍原寛子さん
            (医療ジャーナリスト)

 福島民友新聞社で取材兼デスクをした後、国会議員公設秘書を経て、フリーランスのジャーナリストとして取材活動をしている。2013年2月28日「japan perspective news株式会社」(本社・福島市)を設立し、国内外のニュース報道、取材、リサーチ、翻訳、編集などを行っている。

日時 12/4(日)pm1:30〜(資料代500円)
場所 オープンスペース・アスナロ
      東京都板橋区大谷口上町1−3)
お問い合わせ ☎03-5995-4230 牛崎
主催 NPO法人 放射線測定室アスナロ
           http://lab-asunaro.jp/

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事