ラボ・アスナロ ブログ

福島子ども保養プロジェクトに更なるご支援を!

全体表示

[ リスト ]

《ラボ・アスナロ連続講座22 ご案内》

「放射能汚染は関東に広がっている」
―放射能の影響は福島だけなのか。
   私達の住んでいる関東はどうなっているのか。共に考えていこう―

 3.11福島第一原発事故から、6年の歳月が過ぎようとしているが、収束の目途はたたず、それどころか度重なる大地震は、人々を再び恐怖に陥らせている。1986年に起きたチェルノブイリ原発事故は世界最悪の事故だった。事故後、原子炉は「石棺」で覆われていたが、老朽化による放射能漏れが心配されていた。事故後30年が経過した今年11月29日に「石棺」を更に巨大な鋼鉄製シェルターで覆った。これは、100年耐用のものとして作られた。しかし、福島第一原発は、未だに、どのようにして放射能放出を防ぐかも見通しがたたない。もうすでに、福島だけの問題ではなく、日本中・世界中に放射能はばらまかれている。その中にあって、あたかも、福島原発事故は、忘れさられようとしているが、今一度、関東の住む私達は福島原発事故について、放射能の拡散について考えていかなければならないのではないだろうか。

講師 川根眞也さん(内部被ばくを考える市民研究会)
 
 埼玉県公立中学校の理科の教諭。2011年3月11日から地震と原発事故のことを独自に調べ、発信している。「福島第一原発事故と放射能〜内部被ばくを避けるために〜」講演活動を続けている。

日時      :2017年3月19日(日)PM 1:30〜
場所      :オープンスペース・アスナロ
主催      :NPO法人放射線測定室アスナロ 
お問い合わせ:☎03−5995−4230 牛崎

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事