ラボ・アスナロ ブログ

福島子ども保養プロジェクトに更なるご支援を!

全体表示

[ リスト ]


《ラボ・アスナロ連続講座24

 第五福竜丸、広げられた被ばくから今を考える」

  マグロ漁船、水爆実験禍と福島原発事故―


 静岡県焼津港所属のマグロ漁船「第五福竜丸」は被ばくした。23人の乗組員は「死の灰」と言われる核分裂生成物を含む白い灰を船ごと浴びた。異常を感じた第五福竜丸は操業を打ち切り、急いで焼津港に向かい3月14日に寄港した。乗組員は、放射線による火傷、頭痛、吐き気などの「急性放射線症」を発症した。しかし、第五福竜丸だけが被害を受けたわけではない。同じく、日本各地から漁船がビキニ環礁で漁をしていたのです。当然のごとくこれらの漁船の乗組員も被ばくされたと考えられますが、その実態についてはわかっていません。第五福竜丸の無線長の久保山愛吉さんは、「原水爆の被害者はわたしを最後にしてほしい」と言って、被ばくから半年後に亡くなりました。第五福竜丸は、市民の呼びかけによって現在、東京都立第五福竜丸展示館に展示されている。福島原発事故から6年が経過した。私達は、久保山さんの「被害者はわたしを最後に…」の願いを守ることはできなかった。
 第五福竜丸展示館の学芸員の安田さんのお話を聞いて、もう一度、第五福竜丸の被ばくから、皆なで考えてみたいと思います。



講師 安田和也さん
 都立第五福竜丸展示館主任学芸員
 公財・第五福竜丸平和協会事務局長
 ノーモアヒバクシャ記憶遺産を継承する会理事
 中央大学・恵泉女学園大学非常勤講師



2017・9・18(月)pm130〜 資料代500円 


オープンスペース・アスナロ(板橋区大谷口上町1-3
お問い合わせ 03-5995-4230 牛崎

主催 NPO法人 放射線測定室アスナロ

TEL03-5995-4230 / FAX03-5926-3308

http://lab-asunaro.jp 

E-mail sokutei@lab-asunaro.jp 


この事業は、板橋区の「ボランティア・NPO活動公募事業補助金」を活用して実施しています。




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事