ラボ・アスナロ ブログ

福島子ども保養プロジェクトに更なるご支援を!

全体表示

[ リスト ]

お知らせ!

〈お知らせ〉
 
3月のラボ・アスナロ連続講座で「チェルノブイリ法日本版の制定」についてお話しして下さる、ふくしま集団疎開裁判・元弁護団長の柳原敏夫弁護士から
市民が育てる「チェルノブイリ法日本版」の会結成集会の案内が届きましたのでお知らせします。
 
イメージ 1
 
3.11後の現実に心を痛めている市民の皆さんが一人でも参加することを願っています。
 
呼びかけ人 柳原敏夫(2017年11月11日新宿デモでのスピーチより)
 
 私は福島原発事故前まで、原発事故が起きるなんて、そして、それがどれほど過酷な事態を引き起こす国難であるか一度も考えたことがありませんでした。
その程度の普通の、無知で能天気な市民でした。2011年、いざ原発事故が目の前に起きた時、原発事故がどれほど過酷な事故であるかは、政府がここまでやるのかと思うほど市民の生命軽視・無視の、滅茶苦茶な対応を次々とやってくれ、それを目撃しただけで明らかでした。後の歴史家はこれを法的なクーデータ=3.11事件と呼ぶでしょう。
 福島原発事故直後に発令された緊急事態宣言は6年たった今なお解除できず、私たちは今もずっと「見えない政変」の中にいます。今日、日本の政治家が右往左往し、かつてないほど劣化している最大の原因は単純明快です。3.11の「法的なクーデータ」「見えない政変」がもたらした命軽視・無視異常事態という日本の今の最大の問題と正面から向き合おうとしないからです。
政治家が劣化して無力の時、それをただすのは私たち主権者しかいません。私たちが劇場型政治の見物客に甘んじている限り、命軽視、無視の異常事態は永遠に解決しません。
 命軽視・無視の異常事態をただす第一歩は、放射能汚染地に住む人たちに今すぐ「命のビザ」を発給し、その上で市民本位の生活再建・地域復興を進めることです。それがチェルノブイリ法日本版の制定です。それは私たち市民が力を合わせ、私たちの住む町で条例制定することから始めれば可能です。
 希望には正しい希望と誤った希望があり、今、私たちにとって正しい希望とは3.11の法的なクーデータがもたらした過酷な現実=命軽視・無視の異常事態と正面から向き合う中からしか見つかりません。
 私たち主権者が正しい希望を掲げて手をつなぐことこそ最強の力です。11月11日新宿デモ「子どもを被ばくから守ろう!自分も、家族も!」は正しい希望を掲げて市民が手をつなぐ取り組みです。
3.11後の現実に心を痛めている市民の皆さんが一人でも参加されることを心から願っています。 (2017年11月11日新宿デモでのスピーチより)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事