ラボ・アスナロ ブログ

福島子ども保養プロジェクトに更なるご支援を!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 本日、韓国の忠南大学校から教授、助教授、研究員の皆様が総勢16人でラボ・アスナロを訪れました。
イメージ 1

福島原発事故からもうすぐ7年経とうとしていますが、放射能問題は何も解決していません。この問題に対しての民間の対応や、食品の測定について、原発について福島県以外の住民はどのように考えているのか等の質問がありました。

イメージ 2

事故前は、年間被ばく限度は1ミリSvでしたが、原発事故後に年間20ミリSvまで引き上げられました。そして政府は20ミリSv以下のところは次々に避難解除して福島に帰るように進めていることを話すと皆さん驚きの声をあげていました。
 ウクライナでは「チェルノブイリ法」の第1章第1条に「放射性物質の汚染地域とされるのは、住民に年間1ミリシーベルトを超える被ばくをもたらし、住民の放射線防護措置を必要とする地域である」と明記し、年間被ばく量が1ミリシーベルト以上の地域には「移住の権利+補償」があり、5ミリ以上には「移住義務+補償」があります。
 福島原発事故は、セシウム137ベースで広島原爆の168発分に値し、そのうち日本国土に降下したのはおよそ2割で約34発分だといいます。
福島だけでなく私達の健康にこれからどのような影響がでてくるか心配です。日本もこの「チェルノブイリ法」を適用していくべきではないかと思います。

イメージ 3

 韓国も以前は、日本と同じで原発を推進していたが昨年、初めて原発の是非を問う討論会があり1000人くらい集まったそうです。日本は、原発は絶対に安全という「原発の安全神話」の中で何も危機感を感じないできました。しかし福島原発事故後、この「安全神話」は完全に崩れ去り多くの方々が原発の危険性を説いています。
 福島では未だに汚染廃棄物を処理することもできず、除染もままならない状態なのに新潟の柏崎刈羽原発を再稼働する動きなど国際的に見て
首をかしげたくなると思います。研究員の皆さんからたくさんの質問が出ました。1時間という短い時間でしたのですべてに答えることはできなかったかと思いますが、とても有意義な時間をおくり交流できて良かったです。

イメージ 4

最後にラボ・アスナロの測定器も見学していきました。理事長の説明に熱心に見ていました。

イメージ 5
イメージ 6

イメージ 7






この記事に

開く コメント(0)

第13回「福島子ども保養プロジェクト」大成功!
イメージ 1
 昨年、12/26〜12/30まで行われた「福島子ども保養プロジェクトin青森2017・夏」は無事終了しました。ご支援くださった方々、ボランティアで参加してくれたスタッフや体験教室やスキー場各施設の皆様には大変お世話になりました。ありがとうございました。
イメージ 2
八戸市南郷の廃校になった校舎を利用している「山の楽校」。楽しく、そば打ち体験やてんぽ煎餅作りをやりました。

イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
校舎裏の坂でソリ滑りや雪投げをやりました。
イメージ 17
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
いよいよスキー教室。岩手県の安比高原スキー場に行きました。

イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16

福島出身の西条さんのミニライブ
イメージ 18

イメージ 19
子どもたちもダンスに参加し、とても盛り上がりました。
イメージ 20
宿泊所の裏を流れる馬淵川には、毎日白鳥が来ていました。朝、早起きして見にいきました。
イメージ 21

 あっという間の4泊5日の保養プロジェクトでした。今回初めて参加した子もすぐ皆と仲良くなりとても楽しい思い出ができたと思います。
 今、福島の子どもの甲状腺がんは疑いの子も含めて193人と発表されていますが、これから子ども達の健康にどれほどの影響があるかわかりません。少しでも線量の少ない所での保養はこれからも必要だと思います。
 2018年も夏と冬の2回、保養プロジェクトを開催したいと考えております。引き続き皆様のご支援・ご協力をお願い致します。








この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

《ラボ・アスナロ連続講座25》

「福島第一原発の廃炉作業に従事している

       作業員は今、どうしているのか」
―事故からもうすぐ7年。廃炉作業は進んでいるのか―


 福島第一原発事故からもうすぐ7年になろうとしている。事故の処理は、今どうなっているのか。マスコミの報道は、極端に少ない。
 1号機から3号機はメルトダウンし、溶け落ちた燃料(デブリ)が現在も残っておりロボットによる操作が続いている。
事故当時、定期点検中だった4号機には燃料が装着されていなかったが、爆発が起こっている。なぜなのか。201412月に核燃料プールから使用済み燃料の取り出しは完了した。しかし、原子炉建屋の解体によるゴミをどう処分するか決まっておらず、解体は進んでいない。1号機から3号機までの使用済み燃料は1573本のこっている。
 それらの作業は、下請けの作業員が命がけで行っている。「Jヴィレッジ」から専用バスで45分かけて通う作業員や楢葉町、広野町、いわき市、南相馬市などから車で通う作業員もいる。
 2015年、6月から食堂がオープンして暖かい弁当が食べれるようになったという。2016年3月にはコンビニがオープンした。このように東電は労働者の労働環境が改善されたとさかんに主張するが、現場に出る下請労働者はタイベック(防護服)を脱いで食堂に行くことなどできず、食堂もコンビニも主な利用者は東電社員であるとの声が聞かれる。構内の線量が下がったといわれるが、相変わらず上限まで被曝をする下請労働者はいる。
 このように私達の知らない状況を、今回はなすびさんからお話をお聞きします。多くの皆様のご来場をお待ちしております。

講師 なすびさん
  1986年より山谷で日雇労働者や野宿者の支援活動に参加、山谷労働者福祉会館活動委員会。3.11原発震災後に『被ばく労働自己防衛マニュアル』を制作、被ばく労働を考えるネットワークの立ち上げに参加し、原発・除染労働者の相談・争議などに取り組む。

日時:12/17(日) PM1:30〜
  (参加費は、資料代として500円)
会場:オープンスペース・アスナロ
  (東京都板橋区大谷口上町1-3)
お問い合わせ:☎ 03-5995-4230 牛崎
主催:NPO法人放射線測定室アスナロ

イメージ 1





















この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


第13回「福島子ども保養プロジェクト
                  in 青森2017・冬」開催!
  
定員になりましたので参加者の募集は終了しました。
 
イメージ 1

 多くの皆様のご支援をいただき、福島子ども保養プロジェクトも今回で第13回目を迎えました。福島第一原発事故による放射能汚染は今もなお、子ども達に甲状腺がんなどの深刻な健康被害を及ぼしています。私達はこれからの未来を担う子ども達が、放射線量を気にすることなく外でおもいっきり遊び、子どもどうしの交流の場として保養プロジェクトを開催します。

 


1、参加人数    :小学生10人程度(2年生以上)
            ※定員になり次第、募集を締め切らせていただきます。


2、対象者     :福島第一原発事故による放射能被害から保養させたい小学生。


3、事業概要
  (1)日程    :2017年12月26日(火)〜30日(土)【4泊5日】
  (2)送迎行程
       〈往路〉  12月26日(火)10:00矢吹町セブンイレブン―10:30郡山駅
                       ―12:20福島駅西口―19:00宿泊先着


     〈復路〉  12月30日(土) 10:00宿泊先発―16:30福島駅西口
                       ―18:30郡山駅―19:00矢吹町セブンイレブン
          交通事情により、時間の変更がある場合があります。ご了承ください。
           出発駅等について、ご都合の合わない場合は相談下さい。


  (3)宿泊先   青森県八戸市尻内町字根岸河原32−1
            「あすなろ会館」  電話 017-27-5980


  (4)行事予定  スキー教室、体験教室など(天候などにより変更あり)


4、費用及び条件など
  (1) 福島と現地はマイクロバスで無料送迎します。

  (2) 宿泊費、食費は無料です。

  (3) 国内旅行傷害保険はこちらでおかけします。
  (4) 原則としてスタッフも含め、男女別室です。


5、主催 NPO法人放射線測定室アスナロ
      http://lab-asunaro.jp

  共催 全国民教の会、子どもの命と学びを守る会

  後援 赤羽牧洋記念クリニック


   連絡先 🏣173-0032 東京都板橋区大谷口上町1−3 ひまわり会館
  電話   03−5995−4230  / FAX  03−5926−3308

  メール  sokutei@lab-asunaro.jp  理事長 牛崎妙子







この記事に

開く コメント(0)

測定結果

<測定結果>

測定日時・試料・採取場所         セシウム134       セシウム137

 
2017年9月9日 土壌                          11.11±2.13            85.56±4.27
 (目黒区仲町1丁目)

 2017年9月8日 土壌                          0.00±0.00             7.46±2.27
 (渋谷区神南1丁目)

 2017年9月8日 土壌                          10.52±2.43           74.34±4.30
 (目黒区下目黒5丁目)

 2017年9月8日 土壌                           0.00±0.00            8.07±2.21
 (目黒区自由が丘2丁目)

 2017年9月8日 土壌                          20.70±2.61           158.10±5.65
 (品川区北品川3丁目)

 2017年9月8日 土壌                          12.97±2.57           108.61±4.10
 (品川区八潮3丁目)

 2017年9月7日 土壌                          25.37±2.80           200.60±5.93
 (品川区勝島2丁目)

                                                                   単位は、Bq/kg 、測定時間は4000秒です

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事