ラボ・アスナロ ブログ

福島子ども保養プロジェクトに更なるご支援を!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全28ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

《ラボ・アスナロ連続講座30》ご案内!
  「再稼働と原発の危険性
  ー老朽原発、東海第二原発の再稼働に反対するー
 
経団連の中西会長が115日の記者会見で原発再稼働について「私はどんどん進めるべきだと思っている。原子力というエネルギーを人類のために使うべきだ」と語りました。福島第一原発事故の原因もわからない、収束もしていない現状にあっても再稼働をするべきとはどういうことなのでしょうか。被災した福島の人たちは、事故から8年経過しても放射能の影響に苦しめられている事実をどう考えているのでしょうか。更に廃炉には莫大な金がかかります。そして、事故の起きた福島第一原発は廃炉をどのようにすればいいのかもわからない状況にあるのです。
 東京からもっとも最も近い原発、東海第二原発の再稼働が行われようとしています。福島第一原発の事故後、原発の運転期間を原則40年とする規制が導入されました。しかし、規制委の認可を条件に最長20年の延長もできる事になっています。
東海第二原発は40年の老朽原発であり、3.11の際に被災もしているのです。また、東海村には大量の高レベル放射性廃液を貯蔵している再処理工場もあり、複合事故にいたれば恐るべき規模の被害をもたらす危険があります。ところが、昨年の11月に規制委は20年の運転延長を認めてしまいました。
東海第二原発は30キロ圏に96万人が居住し、日本で一番周囲に人口が密集している原発です。事故が起これば、関東も事故の影響を受けることははっきりしています。
 今回の講座では、東海第二原発の再稼働がいかに危険であるかをともに考えていきたいと思います。
 
 
講師 藤田康元さん         
  つくば市民放射能測定所代表 
   大学非常勤講師(科学史・科学論・技術者倫理などを担当)
 
    201・3・10(日)pm130〜
  資料代500円(参加は自由ですが定員は35人)
  オープンスペース・アスナロ(板橋区大谷口上町1-3
  お問い合わせ 03-5995-4230 牛崎
  主催 NPO法人 放射線測定室アスナロ
       TEL03-5995-4230 / FAX03-5926-3308
   http://lab-asunaro.jp E-mailsokutei@lab-asunaro.jp 
        
この事業は、板橋区の「ボランティア・NPO活動公募事業補助金」を活用して実施しています。

この記事に

開く コメント(0)

第15回「福島子ども保養プロジェクトin青森」報告②

2日目、3日目はスキー教室をやりました。年末の東北地方は、寒波襲来のニュースがあり道路が通行止めになるかもしれないと心配しましたが、私たちがスキーをやった二日間は、帰り道に雪で高速道路が通行止めになるなどアクシデントはありましたが天候に恵まれました。

イメージ 1
ほとんど初心者なので、雪になれるために片足だけスキーをはいて練習。

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
だんだん上手になってきましたね。

イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
いざ!初めてのリフトで山へ。
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
時々吹雪いて寒い中でしたが、みんなコーチの話をよく聞いて頑張っていました。
夜は、毎回スタッフとして参加してくれている西条ゆかのショーで盛り上がりました。
イメージ 15
イメージ 16
即席のバックダンサーが登場したり、フラメンコの舞に大喜びでした。
イメージ 17

宿泊所のすぐ裏の川にたくさんの白鳥が羽を休めていました。
イメージ 18
福島県郡山駅前にあるモニタリングポストは0.12μSv/hでした。いくら除染しても原発事故前の福島に戻すには気の遠くなるほどの時間がかかります。放射線量が低い所で保養することは、これからも続けていかなければならないと思います。全国のたくさんの方々のご支援により今回の保養プロジェクトも無事に終了することができました。2019年も引き続き保養プロジェクトを開催できるように皆様のご支援・ご協力をお願い致します。
イメージ 19

この記事に

開く コメント(0)

第15回「福島子ども保養プロジェクトin青森2018・冬」報告①

昨年、12月26日から12月30日まで青森県八戸市で第15回「福島子ども保養プロジェクト」が開催され、無事終了しました。
福島県内や原発事故後、東京に避難した子ども達10人が参加し、青森の冬を満喫しました。

イメージ 1

初日は、八戸市南郷にある「山の楽校」で「そば打ち体験」や「天保煎餅作り」にチャレンジしました。
この「山の楽校」(旧増田小中学校)は、1903年(明治36年)、増田文教所として開校し、地域とともに100年もの歴史を歩んできましたが、過疎化が進み、児童生徒数が減少。2002年に閉校。しかし、地元の人たちの「南郷の文化や暮らしを、思い出の校舎と共に未来へ残したい」という熱い思いで校舎の姿をそのままに、体験交流のできる施設として2005年に誕生したそうです。

イメージ 2

いよいよ「そば打ち体験」の始まりです。焼き畑で作ったそば粉に適量の水を入れ、かき混ぜていきます。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8

イメージ 9
イメージ 10

少し太さが違いますが、美味しそうな二八そばが出来上がりました。

イメージ 11
イメージ 12

みんなで一緒に作ったそばは、とっても美味しかったです。

食後の運動に、青森のボランティアスタッフがコマの回し方を教えてくれました。棒の上で回すものや回すと音の出るコマ等、たくさんの種類のコマを準備してくれ子ども達も張り切ってコマ回しをしていました。
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15

普段あまりやることのないコマ回しに子ども達が没頭している姿を見て、スマホやゲーム機ではなく昔ながらの体をつかった遊びがどれだけ健康に良いかと思わずにはいられませんでした。

外は、八戸市ではめずらしく吹雪いていて、なんと零下7度くらいでしたが「そり遊び」がどうしてもやりたいということで、校舎裏手の斜面でそり滑りをやりました。大人のスタッフは寒さにふるえていましたが子ども達はほっぺたを真っ赤にしながら、誰が一番遠くまで滑れるか競争してました。

イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20

顔にあびる雪をものともせずに、寒空の中子ども達の笑い声が響いていました。


午後は、「天保煎餅作り」をやりました。昔ながらの器具を使って、表裏20秒づつ子ども達が数えながら焼き上げました。やわらかく、モチモチの食感でとってもおいしい煎餅でした。


イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25

山の楽校は、校長先生はじめ職員さん達もとても親切にしてくれ、居心地の良い所でした。ぜひまた行ってみたいところです。















この記事に

開く コメント(0)

   第15回福島子ども保養プロジェクトin青森2018.冬             定員になりましたので、参加募集を締め切らせていただきました。
イメージ 1
 全国各地の皆様の心温まるご支援をいただき、福島子ども保養プロジェクトは今回で15回目を迎えました。
 福島第一原発事故による放射能汚染は今もなお、子ども達に甲状腺がん等の深刻な健康被害を及ぼしています。私たちはこれからの未来を担う子ども達が、放射能を気にすることなく外でおもいっきり遊び、子ども同士の交流を深める場として保養プロジェクトを開催します。

1.募集人数      小学生10人程度(2年生以上)

2.対象者        福島第一原発事故による放射能被害から保養させたい小学生

3.事業概要    
   (1)日   程    2018年12月26日(水)〜30日(日) 4泊5日
   (2)送迎行程    
      往路  12月26日(水) 10:00新白河駅-10:30矢吹町- 11:20郡山駅西口- 12:00福島駅 
           19:00宿泊先着
         復路  12月30日(日) 10:00宿泊先出発-16:30福島駅-17:30郡山駅西口-18:20矢吹町
           18:50新白河駅着
       *交通事情により時間の変更がある場合がありますので、ご了承ください。
       *最寄りの駅から遠い場合は、相談に乗りますので、連絡ください。
   (3)宿泊先  
        青森県八戸市尻内町根岸河原32−1
           あすなろ会館   ☎ 0178−27−5980
   (4)行事予定 スキー、そり遊び、そば作り、煎餅づくり等(天候などにより変更有)

4.費用及び条件など
   (1)福島と現地はマイクロバスで送迎します。
   (2)宿泊費、食費は無料です。
   (3)国内旅行傷害保険はこちらでおかけします。
   (4)原則としてスタッフも含め男女別室です。

5.主催   NPO法人放射線測定室アスナロ 
  共催   全国民教の会、子どもの命と学びを守る会
  後援   赤羽牧洋記念クリニック
  連絡先 〒173-0032 東京都板橋区大谷口上町1−3 ひまわり会館  理事長 牛崎妙子
        電話 03−5995−4230 FAX 03−5926−3308
        メール sokutei@rab-asunaro.jp

「第15回福島子ども保養プロジェクトin青森2018冬」成功に向けて、皆様方の温かいご支援・ご協力をよろしくお願い致します。

  *定員になり次第、締め切らせていただきますので、早めにお申し込みください。
                         

この記事に

開く コメント(0)

〈ラボ・アスナロ連続講座29のご案内〉

「放射性物質による
     現在の環境状況について」
    −子ども達を放射能から守るためにー
 2011年3月11日から発生した福島第一原発事故は、今なお収束はできておらず、毎日、放射能は排出され、汚染水は垂れ流されています。しかし、福島では除染効果が十分でないにも関わらず避難指示区域の解除が次々に行われ、避難者に対しての住宅援助や賠償金の打ち切りなど帰還政策が押し付けられています。東京オリンピックに向けて、安全な福島・日本を演出するために政府は、躍起となっているのです。まだまだ、高い空間線量の地域がある福島をはじめとする各地で人々は暮らさなければなりません。高い空間線量の原因となるのが、放射性セシウムです。半減期が約2年のセシウム134は、7年半で10分の1以下に減衰しました。しかし、セシウム137は半減期が約30年です。このセシウム137は事故当時から約1割しか減衰していないのです。30年たってやっと半分になるというのですから。また、このセシウム137はベータ―線も出し、食べたり吸ったりすることによる体内ばくも警戒しなければなりません。
 福島原発事故の初期被ばくによる甲状腺がん多発の因果関係を政府は認めていません。しかし、甲状腺がんが確実に増えていることは、ないことにはできないのです。
 今回は、福島の事故から食品・土壌・その他の検体を合わせて3000検体近くを測定してきた石丸偉丈さんをお迎えして、事故から現在までの食品等の汚染状況を詳しく聞いていきたいと思っています。私たちの日常に放射能という目に見えない恐怖が入り込んできました。私たちは避けては通れないこの問題を、真正面から見据えていかなければなりません。
 多くの方のご参加をお待ちしています。

   講師  石丸偉丈さん
              こどもみらい測定所代表
              みんなのデータサイト共同代表

  期 日  12月2日(日)PM1:30〜4:00
  会 場  オープンスペースアスナロ(板橋区大谷口上町1−3)
  資料代 500円 (参加は自由ですが定員は35人)
  お問い合わせ ☎03−5995−4230

この事業は、板橋区の「ボランティア・NPO活動公募事業補助金」を活用して実施しています。
  
  主催 NPO法人放射線測定室アスナロ
      ☎ 03−5995−4230  FAX 03−5926−3308
      http://lab-asunaro.jp   E-mail  sokutei@lab-asunaro.jp

   
                           
   

この記事に

開く コメント(0)

全28ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事