ラボ・アスナロ ブログ

福島子ども保養プロジェクトに更なるご支援を!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全24ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


第13回「福島子ども保養プロジェクト
                  in 青森2017・冬」開催!
  
定員になりましたので参加者の募集は終了しました。
 
イメージ 1

 多くの皆様のご支援をいただき、福島子ども保養プロジェクトも今回で第13回目を迎えました。福島第一原発事故による放射能汚染は今もなお、子ども達に甲状腺がんなどの深刻な健康被害を及ぼしています。私達はこれからの未来を担う子ども達が、放射線量を気にすることなく外でおもいっきり遊び、子どもどうしの交流の場として保養プロジェクトを開催します。

 


1、参加人数    :小学生10人程度(2年生以上)
            ※定員になり次第、募集を締め切らせていただきます。


2、対象者     :福島第一原発事故による放射能被害から保養させたい小学生。


3、事業概要
  (1)日程    :2017年12月26日(火)〜30日(土)【4泊5日】
  (2)送迎行程
       〈往路〉  12月26日(火)10:00矢吹町セブンイレブン―10:30郡山駅
                       ―12:20福島駅西口―19:00宿泊先着


     〈復路〉  12月30日(土) 10:00宿泊先発―16:30福島駅西口
                       ―18:30郡山駅―19:00矢吹町セブンイレブン
          交通事情により、時間の変更がある場合があります。ご了承ください。
           出発駅等について、ご都合の合わない場合は相談下さい。


  (3)宿泊先   青森県八戸市尻内町字根岸河原32−1
            「あすなろ会館」  電話 017-27-5980


  (4)行事予定  スキー教室、体験教室など(天候などにより変更あり)


4、費用及び条件など
  (1) 福島と現地はマイクロバスで無料送迎します。

  (2) 宿泊費、食費は無料です。

  (3) 国内旅行傷害保険はこちらでおかけします。
  (4) 原則としてスタッフも含め、男女別室です。


5、主催 NPO法人放射線測定室アスナロ
      http://lab-asunaro.jp

  共催 全国民教の会、子どもの命と学びを守る会

  後援 赤羽牧洋記念クリニック


   連絡先 🏣173-0032 東京都板橋区大谷口上町1−3 ひまわり会館
  電話   03−5995−4230  / FAX  03−5926−3308

  メール  sokutei@lab-asunaro.jp  理事長 牛崎妙子







この記事に

開く コメント(0)

測定結果

<測定結果>

測定日時・試料・採取場所         セシウム134       セシウム137

 
2017年9月9日 土壌                          11.11±2.13            85.56±4.27
 (目黒区仲町1丁目)

 2017年9月8日 土壌                          0.00±0.00             7.46±2.27
 (渋谷区神南1丁目)

 2017年9月8日 土壌                          10.52±2.43           74.34±4.30
 (目黒区下目黒5丁目)

 2017年9月8日 土壌                           0.00±0.00            8.07±2.21
 (目黒区自由が丘2丁目)

 2017年9月8日 土壌                          20.70±2.61           158.10±5.65
 (品川区北品川3丁目)

 2017年9月8日 土壌                          12.97±2.57           108.61±4.10
 (品川区八潮3丁目)

 2017年9月7日 土壌                          25.37±2.80           200.60±5.93
 (品川区勝島2丁目)

                                                                   単位は、Bq/kg 、測定時間は4000秒です

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

<2017年9月21日 空間線量測定結果>
測定場所(東京都板橋区)  地上1m(μS/h)   地上5cm(μS/h)
上板橋駅北口付近            0.058            0.063

東武練馬駅北口付近           0.066                          0.085

徳丸1-21(徳丸小学校付近)             0.060                          0.052

西台3-13(西台図書館付近)             0.047                          0.053
西台1-22(西台公園付近)                0.052                          0.105

環八高速下交差点付近                    0.054                          0.070

坂下2-19(城北公園付近)                0.045                          0.043

志村2丁目(志村城山公園付近)        0.045                          0.049

前野町4-59(見次公園付近)             0.074                          0.092
前野町5-20(日暮台公園付近)          0.036                          0.048

中台3-9(中台公園付近)                  0.062                          0.054
中台2-9(中台二丁目公園付近)        0.045                          0.045

常盤台4-3(平和公園付近)               0.054                          0.081

板橋中央陸橋付近                          0.062                          0.075



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


《ラボ・アスナロ連続講座24

 第五福竜丸、広げられた被ばくから今を考える」

  マグロ漁船、水爆実験禍と福島原発事故―


 静岡県焼津港所属のマグロ漁船「第五福竜丸」は被ばくした。23人の乗組員は「死の灰」と言われる核分裂生成物を含む白い灰を船ごと浴びた。異常を感じた第五福竜丸は操業を打ち切り、急いで焼津港に向かい3月14日に寄港した。乗組員は、放射線による火傷、頭痛、吐き気などの「急性放射線症」を発症した。しかし、第五福竜丸だけが被害を受けたわけではない。同じく、日本各地から漁船がビキニ環礁で漁をしていたのです。当然のごとくこれらの漁船の乗組員も被ばくされたと考えられますが、その実態についてはわかっていません。第五福竜丸の無線長の久保山愛吉さんは、「原水爆の被害者はわたしを最後にしてほしい」と言って、被ばくから半年後に亡くなりました。第五福竜丸は、市民の呼びかけによって現在、東京都立第五福竜丸展示館に展示されている。福島原発事故から6年が経過した。私達は、久保山さんの「被害者はわたしを最後に…」の願いを守ることはできなかった。
 第五福竜丸展示館の学芸員の安田さんのお話を聞いて、もう一度、第五福竜丸の被ばくから、皆なで考えてみたいと思います。



講師 安田和也さん
 都立第五福竜丸展示館主任学芸員
 公財・第五福竜丸平和協会事務局長
 ノーモアヒバクシャ記憶遺産を継承する会理事
 中央大学・恵泉女学園大学非常勤講師



2017・9・18(月)pm130〜 資料代500円 


オープンスペース・アスナロ(板橋区大谷口上町1-3
お問い合わせ 03-5995-4230 牛崎

主催 NPO法人 放射線測定室アスナロ

TEL03-5995-4230 / FAX03-5926-3308

http://lab-asunaro.jp 

E-mail sokutei@lab-asunaro.jp 


この事業は、板橋区の「ボランティア・NPO活動公募事業補助金」を活用して実施しています。




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

第12回「福島子ども保養プロジェクトin青森2017・夏」大成功!②

《海水浴》
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9

津軽藩ねぷた村《鳩笛絵付け体験》

イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
《弥生いこいの広場》

イメージ 15
イメージ 16
イメージ 20

イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23

今回も無事に終了することができました。協力して下さった弘前市や平川市の職員の皆様、そしてボランティアで参加して下さった青森県のスタッフの方々、更に保養プロジェクトのために御支援を下さった皆様本当にありがとうございました。
次の保養プロジェクトにも参加したいと、子ども達からも声が上がっています。この活動を継続するためにも、皆様の更なるご支援・ご協力をお願い致します。

この記事に

開く コメント(0)

全24ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事