ラボ・アスナロ ブログ

福島子ども保養プロジェクトに更なるご支援を!

連続講座

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

 ≪ラボ・アスナロ連続講座23
「東電福島第一原発事故から6年、被災者は、いま
      ―広がる健康被害と分断と苦悩―」
     
 3.11福島第一原発事故から、6年の歳月が過ぎた。今年の3月で自主避難者への住宅支援は打ち切りになり、次々と帰還困難区域は解除され、福島に帰れとなっています。しかし、福島の自宅庭には、除染された土が入ったフレコンバッグが山積みになっています。放射線量の高い所はいたるところにあります。そこへ幼い子どもを連れて帰ることを躊躇することは、当然ではないでしょうか。今回は、双葉町で牛を飼い米を作っていた鵜沼さんのお話をお聞きします。鵜沼さんは、ご夫婦で埼玉県加須市の騎西高校に避難し、その後高校の近くに納屋と畑を借りて、農業を再開しました。双葉町では50頭の牛を飼っていましたが、牛舎に繋がれていた牛は餓死し、放し飼いの牛も死んでしまいました。今、埼玉で農業をして生計を立てています。どんな思いで避難し、今生活しているのかその思いを語ってもらい、私達も少しでも福島の人達の思いを共有できたらと思います。
 4月4日の記者会見で今村復興大臣は、自主避難は「自己責任」と言っています。本当に自己責任でしょうか。東電福島第一原発の事故が無ければ、誰もふるさとから出ることはなかったのです。自己責任ではなく、東電と政府にこそ責任があります。一緒に福島の現状、これからについて語っていきましょう。

講師 鵜沼久江さん(双葉町から埼玉県に避難)

 

2017・5・21(日)pm130〜 資料代500円 
オープンスペース・アスナロ(板橋区大谷口上町1-3
お問い合わせ 03-5995-4230 牛崎
主催 NPO法人 放射線測定室アスナロ

  

この事業は、板橋「ボランテイア・NPO活動公募事業補助金」を活用して実施しています。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

《ラボ・アスナロ連続講座22 ご案内》

「放射能汚染は関東に広がっている」
―放射能の影響は福島だけなのか。
   私達の住んでいる関東はどうなっているのか。共に考えていこう―

 3.11福島第一原発事故から、6年の歳月が過ぎようとしているが、収束の目途はたたず、それどころか度重なる大地震は、人々を再び恐怖に陥らせている。1986年に起きたチェルノブイリ原発事故は世界最悪の事故だった。事故後、原子炉は「石棺」で覆われていたが、老朽化による放射能漏れが心配されていた。事故後30年が経過した今年11月29日に「石棺」を更に巨大な鋼鉄製シェルターで覆った。これは、100年耐用のものとして作られた。しかし、福島第一原発は、未だに、どのようにして放射能放出を防ぐかも見通しがたたない。もうすでに、福島だけの問題ではなく、日本中・世界中に放射能はばらまかれている。その中にあって、あたかも、福島原発事故は、忘れさられようとしているが、今一度、関東の住む私達は福島原発事故について、放射能の拡散について考えていかなければならないのではないだろうか。

講師 川根眞也さん(内部被ばくを考える市民研究会)
 
 埼玉県公立中学校の理科の教諭。2011年3月11日から地震と原発事故のことを独自に調べ、発信している。「福島第一原発事故と放射能〜内部被ばくを避けるために〜」講演活動を続けている。

日時      :2017年3月19日(日)PM 1:30〜
場所      :オープンスペース・アスナロ
主催      :NPO法人放射線測定室アスナロ 
お問い合わせ:☎03−5995−4230 牛崎

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

《ラボ・アスナロ連続講座21》

「福島原発事故による健康被害」
 −あなたの癌は福島原発事故の影響ではないといいきれますかー

 2016年9月14日に行われた第24回福島県「県民健康調査」検討委員会では、福島県の小児甲状腺がん及び疑いは174名(約30万人検査)と発表されています。通常は約100万人に3人位と言われる小児甲状腺がん、この検査結果について、検討委員会は「総合的に、放射線の影響とは考えにくい」と言っていますが、福島第一原発事故の放射能の影響は、着実に子ども達の健康を阻害している事を現しているのではないでしょうか。そして、その他の病気や免疫力の低下も問題となっているといいます。では、私達の住んでいる関東では影響が無いのでしょうか。そして、子どもだけに原発の影響が出ているのか。国立がん研究センターは、2016年に新たにがんと診断される患者は101万200人、がんで死亡するのは37万4千人と予測を発表しています。2人に1人と言われる癌患者。私達は、福島の原発事故による放射能の影響を、もう一度考えてみなくてはならないのではないでしょうか。
 医療ジャーナリストの藍原さんのお話を聞いて、関東及び日本に広がった放射能の影響について考えていきたいと思います。

講師 藍原寛子さん
            (医療ジャーナリスト)

 福島民友新聞社で取材兼デスクをした後、国会議員公設秘書を経て、フリーランスのジャーナリストとして取材活動をしている。2013年2月28日「japan perspective news株式会社」(本社・福島市)を設立し、国内外のニュース報道、取材、リサーチ、翻訳、編集などを行っている。

日時 12/4(日)pm1:30〜(資料代500円)
場所 オープンスペース・アスナロ
      東京都板橋区大谷口上町1−3)
お問い合わせ ☎03-5995-4230 牛崎
主催 NPO法人 放射線測定室アスナロ
           http://lab-asunaro.jp/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

「ラボ・アスナロ連続講座20」開催!
「原発の町を追われて」
ー福島第一原発の事故から5年、避難者は今―

イメージ 1

 本日、ラボ・アスナロ連続講座20「原発の町を追われて」―福島第一原発の事故から5年、避難者は今―と題して開催されました。ドキュメンタリー映画「原発の町を追われて」の監督である堀切さとみさんのトークと映画上映会にオープンスペース・アスナロも満員になるほどたくさんの方が参加してくれました。
 福島第一原発事故直後から埼玉県加須市の旧騎西高校に避難してきた双葉町の方々に焦点をあて、避難者の切実な声が収録されていました。故郷に帰りたくても帰れない思い、加須市に避難した人と福島の仮設住宅にいる人との葛藤など原発事故に由来したさまざまな矛盾を描いているドキュメンタリーでした。
 
イメージ 2

 堀切さんは、「私が双葉町を取材し映画を作ったのは、双葉町が唯一福島の自治体で県外に避難したからです。この映画を通して福島の現状を知ってもらうということ、この後、自分に何ができるか考えている。」と語っていました。私たちも今、福島の子どもの保養や原発再稼働反対など、自分にできることをやっていくことが大事だと思います。二度と福島の過ちをおかしてはいけないと感じました。




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

「ラボ・アスナロ連続講座20」ご案内
「原発の町を追われて」
ー福島第一原発の事故から5年、避難者は今―

 福島第一原発の事故から5年の歳月が流れた。あたかも、原発事故は終わり、福島の避難者の話をしては「まだ福島の避難している人はいるの」「原発事故、終わったんじゃないの」と、そんな言葉を聞く。しかし、福島の原発事故は何も収束していない。今でも放射能は、出続けている現状。そして、放射能の影響は、福島の子ども達だけではなく、ホットスポットと言われた地域でも確実に増え、甲状腺ガンのみならず、健康被害はでている。そして、来年3月で打ち切られる避難者への住宅保障、苦悩続ける被災者の思いを私達は少しでも知っていかなければならないのではないだろうか。震災後、福島県双葉町民の記録をとり続けている堀切さとみさんに現在の双葉町の人々の状況をお話ししていただきます。多数のご参加をお待ちしています。

講師 堀切さとみさん
2012年7月、埼玉県に避難した双葉町民を軸としたドキュメンタリー「原発の町を追われて」を発表。2013年7月に続編を発表。現在も原発避難民の置かれている現状を記録し続けている。

イメージ 1
イメージ 2

写真は、双葉町に一時帰宅した女性(左)

日時:  2016.10/23(日)pm1:30〜   ※(資料代 500円)
会場:  オープンスペース・アスナロ(板橋区大谷口上町1−3)
主催:  NPO法人 放射線測定室アスナロ
連絡先:☎03-5995-4230(牛崎)    / FAX03-5926-3308


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事