ラボ・アスナロ ブログ

福島子ども保養プロジェクトに更なるご支援を!

福島子ども保養プロジェクト報告

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


《りんご狩り》
イメージ 1
イメージ 2
上がビスタベラ、下が夏緑という種類のりんごをおいしくいただきました。

イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
四葉のクローバーがたくさん見つかりました。
イメージ 8
イメージ 9

《金魚ねぷた作り》
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
とっても上手にできました。

イメージ 19
イメージ 20

この記事に

開く コメント(0)

福島子ども保養プロジェクトも今回で第14回を迎えました。保養プロジェクトを開催するにあたり、全国の皆様のご支援、本当にありがとうございました。
今回は、青森県弘前市で727日から731日までの45日の日程で開催されました。世界自然遺産の白神山地遊山道散策では、熊が木につけた爪痕やコウモリを見たり、初めて見る植物に感動。鰺ヶ沢キャンピングパークでは、子ども達が火をおこし、調理して自分たちで豚汁を作ったり、蝉が孵化する姿を観察して目を輝かせたりと、大自然をじっくりと体験できました。子ども達の一番の楽しみは海水浴。千畳敷海岸でカニや小魚、貝をつかまえるのに夢中になって楽しんでいました。今年の夏は、青森もとても暑く熱中症も心配されましたが誰一人体調を崩す子もなく、元気いっぱいに楽しんでいました。
あっという間の保養プロジェクトでしたが、初めて会った子ども同士もすぐに仲良くなって打ち解けていました。次も保養プロジェクトに参加したいという声もたくさんあり、全国の皆様のご支援を受けながら継続していきたいと思いました
福島の原発事故から7年が過ぎました。未だに放射線量の高い地域もあり、子どもの甲状腺がんも年々増えている状況で、子ども達の保養はますます重要性を感じます。これからもご支援、ご協力をお願い致します。

イメージ 1

《白神山地遊山道散策》
イメージ 2
イメージ 3
大木の中に入って記念撮影

イメージ 4
木の中の水が流れる音を聞いてます。
イメージ 5
急な登り坂も、ガイドさんに遅れないように頑張りました。
イメージ 6
クマがつけた傷跡。この日の朝方もこの付近に来ていたそうです。
イメージ 7
イメージ 8
すごく冷たくておいしい湧水でした。

《鰺ヶ沢キャンピングパーク》
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
みんなで豚汁を作りました。女子は、野菜の皮むき。男子は、竈に火をおこしました。

イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
おいしい豚汁ができました。
イメージ 16

《千畳敷海岸・海水浴》
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

第13回「福島子ども保養プロジェクト」大成功!
イメージ 1
 昨年、12/26〜12/30まで行われた「福島子ども保養プロジェクトin青森2017・冬」は無事終了しました。ご支援くださった方々、ボランティアで参加してくれたスタッフや体験教室やスキー場各施設の皆様には大変お世話になりました。ありがとうございました。
イメージ 2
八戸市南郷の廃校になった校舎を利用している「山の楽校」。楽しく、そば打ち体験やてんぽ煎餅作りをやりました。

イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
校舎裏の坂でソリ滑りや雪投げをやりました。
イメージ 17
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
いよいよスキー教室。岩手県の安比高原スキー場に行きました。

イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16

福島出身の西条さんのミニライブ
イメージ 18

イメージ 19
子どもたちもダンスに参加し、とても盛り上がりました。
イメージ 20
宿泊所の裏を流れる馬淵川には、毎日白鳥が来ていました。朝、早起きして見にいきました。
イメージ 21

 あっという間の4泊5日の保養プロジェクトでした。今回初めて参加した子もすぐ皆と仲良くなりとても楽しい思い出ができたと思います。
 今、福島の子どもの甲状腺がんは疑いの子も含めて193人と発表されていますが、これから子ども達の健康にどれほどの影響があるかわかりません。少しでも線量の少ない所での保養はこれからも必要だと思います。
 2018年も夏と冬の2回、保養プロジェクトを開催したいと考えております。引き続き皆様のご支援・ご協力をお願い致します。








この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

第12回「福島子ども保養プロジェクトin青森2017・夏」大成功!②

《海水浴》
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9

津軽藩ねぷた村《鳩笛絵付け体験》

イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
《弥生いこいの広場》

イメージ 15
イメージ 16
イメージ 20

イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23

今回も無事に終了することができました。協力して下さった弘前市や平川市の職員の皆様、そしてボランティアで参加して下さった青森県のスタッフの方々、更に保養プロジェクトのために御支援を下さった皆様本当にありがとうございました。
次の保養プロジェクトにも参加したいと、子ども達からも声が上がっています。この活動を継続するためにも、皆様の更なるご支援・ご協力をお願い致します。

この記事に

開く コメント(0)

第12回「福島子ども保養プロジェクトin青森2017・夏」大成功!
イメージ 1
7月27日〜8月1日の5泊6日の日程で青森県弘前市と平川市にて福島子ども保養プロジェクトを開催しました。
8人の小学生と今年、中学生なった子がスタッフとして参加してくれ、アスレチックや川遊び、海水浴を楽しみました。

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

《碇ヶ関・たけのこの里》

イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13

《川遊び》

イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20

《カレー作り/バーベキュー》

イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28
イメージ 29
イメージ 30
イメージ 31
イメージ 32
イメージ 33
最後は、みんなで花火をやりました。

たけのこの里の職員の皆様にはたいへんお世話になりました。ありがとうございました。
この日で、たけのこの里を後にし弘前市のトモローハウス移動しました。














この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事