ここから本文です
LA CHASSE(ラシャッス) シェフのブログ
日本の四季の素晴らしさをお楽しみいただける一期一会のレストランです。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]


     六本木にありますフランス料理店 LA CHASSEのブログです。
        ハンティングで仕留めた獲物が登場しますので、
            苦手な方はスルーしてください!



     猟期になると毎週末ごとに狩猟して、仕込みをして、お店を開け、

   猟期が終わっても山菜やらキノコ、天然うなぎをとったりしているうちに、

        またあっと言う間に猟期が巡ってきました!笑

       一年っていう時間は、こんなに短かったでしょうか?


       ラシャッスのソムリエール兼ハンターのショキタです。


                         今年は北海道道南の鴨猟からスタートです!
イメージ 1

                                夜行性の鴨は、夜のうちにエサを食べ、

                         日中はこのような小さなため池で休んでいます。

                         そういうため池を巡り、ハンティングします。

イメージ 2

                    鴨に気づかれないように音を立てず、そーっと近づき…

                              日の出の時刻を、息を飲んで待ちます。


         「パーン!」


                 

                  われらが親方の銃声が鳴り響き、今期もはじまりました。

イメージ 3

           仕留めた獲物は、草むらに落ちたりすると実に分かりにくいのですが、


                 ルネ部長がしっかり探してくれます、久々のお仕事。。。

イメージ 4

                              シェフが仕留めた鴨を運んでいたら…

イメージ 5

                                           後ろからジャーンプ!

           「オレノカモーー!」


                             今期もやる気がみなぎってますね。笑

イメージ 6

        私の初鴨です!相当顔が疲れてますねーー。汗

             日中、結構暑かったのと
  
  鉄砲担いで朝から一日中、野山を歩き回るので…お許しください。笑



               狩猟歴11年目の私!

           今期はお客さまのご期待に沿うべく!

           ルネ部長のお仕事ぶりに応えるべく!


    しっかり狙って、確実に仕留める、という目標がありまして。
         (これが簡単なようで実に難しいことなのです!)


       その池の形状を理解し、鴨が飛んでくる方向をよみ…
 
          イメージ通りに仕留められた一羽です。

イメージ 7

     米の名産地でもある道南の鴨はこの時期はお米を食べます。

        お米が食べられた跡があるの、わかりますか?



      仕留めた鴨の胃の中には案の定、お米がジャミジャミ!

         これは期待大ですね。熟成後が楽しみです。




              
      マガモ、カルガモ、蝦夷鹿と一緒に東京に戻ってきました!


 また今回の猟では高麗キジをはじめて見て、シェフと私、ルネ部長は大興奮。
         (いつも茨城で狩猟してるのは日本キジ)

     まるでヤマドリのような赤い色が目に焼き付いて離れません!


          今期の楽しみがまたひとつ増えました!


   初猟をご一緒するいつものお仲間に、新人の女性ハンター2名も加わり、
       
          二日間、とても楽しい初猟となりました。


イメージ 8

          部長はまだ物足りないようですが。笑




         La chasseの季節、はじまりました。


        今、この瞬間にしか味わえない

       一期一会の出会いをぜひLa chasseで

            お楽しみください。



           お待ちしております!

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事