ここから本文です
LA CHASSE(ラシャッス) シェフのブログ
日本の四季の素晴らしさをお楽しみいただける一期一会のレストランです。

書庫狩猟

記事検索
検索

全111ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]



    今週末の 3月25日(日)夜8時57分〜放送予定の

   林先生が驚く初耳学SP 番組内で


    LA CHASSEと、ソムリエールの諸喜田と、ルネ部長が紹介されます!


イメージ 1



    ぜひ、ご覧ください。









この記事に

猟期が終わっても。


ブログを更新するのがものすごく久しぶりになってしまいましたが。。。

毎週末、ルネ部長と共に猟場に出向き、

せっせと狩猟をしておりました。


イメージ 1

6歳になったルネ部長の、今期の活躍はめざましく。。。

イメージ 2

それに伴い、飼い主である我々の失敗の方が目立つ?ということも。苦笑


イメージ 3

鳥猟は2月15日で最終日となりましたが、

今期も、いろんな方と協猟し、
いろんなドラマがあり、
新たな経験も重ねることができ
心に残る充実した猟期でした。。。


今期のあれこれについては・・・
お店でお話ししますね!

なによりも、
怪我や事故なく、笑顔で終われることは
とてもありがたいことです!


さて。
次の猟期までは少しゆっくり。。。

といきたいところですが。

そうはいかないのがラシャッス!笑

ジビエの季節が終わっても
採るものはまだまだたくさんありますよーー!

猟期終わって最初の休日には…

タケノコ掘りへ。。。

イメージ 4

まだ土の中に隠れているタケノコ!!!
足裏でその穂先のトンガリを探りながら

イメージ 5

掘り起こしたものは、翌日にはお料理の付け合わせになります。
アクが全くなく、まるでトウモロコシのような甘みがたまらない美味さです!


イメージ 6

そのほかにも野セリを採ったり!
クレソンを採ったり。

イメージ 7

ルネ部長は、参加させていただいた猟野競技会にて、
オープン部門で1位になったり。。。

キノコや山菜、ハマグリにうなぎ…
それぞれの季節を自然の中で楽しみつつ、
猟場の開拓や、ルネのトレーニング…
来期に向けての準備期間の始まりです。


春のラシャッスもどうぞお楽しみに!

この記事に

お正月も狩猟!




                                                遅ればせながら。

   あけましておめでとうございます!
イメージ 1

        2018年もどうぞよろしくお願いします。


イメージ 2

        チームLa chasseは・・・・・お正月はもちろん!

            元日より狩猟に出かけてました。

          猟場の美しい日の出からパワーをいただき


イメージ 3

     新年も、恒例の?ルネ部長の長ーいピッピからのはじまりです。

イメージ 4

                新年、一羽目の獲物。

        シェフが発砲するも半矢だったこのオスキジは、


        びっくりするほどの距離を這って逃げていましたが、


           ルネ部長がしっかり追い詰めました!


イメージ 5

                6歳のルネ部長。

         みなぎる猟欲と、今までの経験をフル活用!

       キジ猟になくてはならない大きな存在へ成長しています。



           そして・・・お正月猟2日目には。。。


イメージ 6

      な、なんと!シェフがヤマシギを仕留めるというミラクル!



            狩猟歴18年のシェフですが、
   
          べキャスはこれで3羽目!

         
          ジビエの女王と言われるこのべキャスは
            出会うこと自体が難しいです…



                 だから。


         まるで山の神様からお年玉を頂いた気分。

 

   この日の午後は狩猟にならないほど、ニマニマが止まらないシェフでした。笑




          そのくらい、嬉しい出来事でしたが。



                その数日後。。。



    実はシェフ。その時もう一羽、ヤマシギを逃していたんです。。。

   なので、もしかして、同じ場所に戻って来てないかなーー?なんて


          (スケベ心?)ダメもとで見に行ったら…



  こないだと同じ場所から、ふわっと飛び立つ飛行物体を私(諸喜田)が発見!
        (この時点では、ヤマシギとはまだ断定できていない!)


    でも、諦めきれず、その飛行物体が降りた場所付近へそっと近づき


              目視で探すも見つからず。



    「ここは、ルネにお願いしよう!」と、シェフが車に戻る途中で

 
             山の際から飛行物体、再び!



                シェフも私も、
       今度は特徴的なその嘴をしっかりと確認しました!!!

  

    「や、ヤマシギだー!」

          
          
          そして、そのヤマシギはまさか、まさか!



            わたしの方に向かって飛んできて…



     

     シェフが「行ったよーー!」の声とほぼ同時に私発も発砲。



            パン、パーン!!



     空中で羽が飛び散り、近くのボサにストンと落ちました。。。



           夢中で走って、落ちた場所へ急行。。。


イメージ 7

           私は狩猟歴11年目にして、初めて!

          ヤマシギを仕留めることができました。



          この日はずーっとドキドキがおさまらず、


         信じられない気持ちと嬉しさがグルグル。笑
           

          

          バカ真面目に狩猟していますが・・・

     がんばっていると、たまにはいいことがあるもんですねー!



             自然から戴いた命に感謝!

 この思いをお客様のお召し上がりになるお皿にしっかり表現したいと思います。

        
      

イメージ 8

   日の出から日の入りまで、お正月は毎日、野山を駆け回ったルネ部長!

            いつも、いつもありがとう!

      今期の部長の狩猟に対する気迫はものすごいですよー!

        お店に来たら・・・・ぜひほめてあげてください。



     今猟期の後半戦も、チームLa chasse、頑張って狩猟しますので、


        
イメージ 9

         みなさま、どうぞ応援をよろしくお願いします!

            ご予約、お待ちしております!!!

この記事に

せっせと猟場へ!

 
                        
                        こんにちは。


  フランス料理店ラシャッスのソムリエール兼ハンターの諸喜田です!



                 もうすぐ師走。。。



       朝晩はだいぶ冷え込むようになってきましたね。

イメージ 1

                   シングルコートなルネ部長は寒さにすこーし弱いようで

                               「散歩に行くよ!」と声をかけても

                      ギリギリまでお布団から出てこなくなりました!笑


              普段はそんな部長ですが。。。

イメージ 2

         ひとたび、猟場につけばすぐにお仕事モード。



    通常のお散歩のときには、あちこちマーキングして回るくせに・・・

            お仕事前はとにかく長ーいピッピ。

            一度に全部出し切ります!笑

   ちゃんとこれから仕事だとわかってるとこが、猟犬プロフェッショナル?

イメージ 3

     何度もお話しているかと思いますが、キジ猟には猟犬が不可欠!

        このデントコーン畑の中に潜んでいるオスキジを

        ルネ部長の嗅覚で探しあて、がっつりとポイント…


        ポイントしてるときには私も鉄砲を構えているため、
       写真を撮れず・・・勇姿をお見せできないのが残念ですが・・・

イメージ 4

シェフが撃ち落としましたが、キジが落ちた場所がご覧の通り深ーいボサ。

           シェフ、ほぼ草に埋もれてます。。。


         シェフも足元が絡まりなかなか身動き取れず、

            ルネすら蔦に絡まり動けない状態…


  ガサガサしている間に半矢で逃げられたようで、仕方なくここでは回収を断念。

  雑草が枯れていないこの時期は、薮が深くて歩くのも容易ではありません!



           ルネ部長のお仕事ブリはもちろんのこと、
   キジの飛び立ち、ハンターの経験や腕前、猟場の地形、天候など諸々の条件が
          全て整ってやっと仕留めることができる1羽。。。




             狩猟歴11年目の私ですが、
          簡単に獲れたことなんて一度もない。。。



       自然相手の狩猟って、本当に奥が深く、難しいです!

                だからこそ!

          仕留めた1羽が嬉しく、ありがたい。。。


イメージ 5

      キジ猟の合間には、体力尽きるまで頑張ってしまうルネ部長を

             ときどき休ませる意味もあり、


             タシギ猟やキジバト猟したり。

イメージ 7

         チームラシャッスは日の出から日の入りまで、

        野山を歩き回り、心身共にクッタクタになるまで、

          バカ真面目に(笑)狩猟に励んでいます!


イメージ 6

            こちらは初猟で仕留めた日本キジ。

       仕留めるのも大変ですが、その後の処理はもっと大変!


  羽を毟りながら、それぞれの熟成状況や胃の内容物、被弾状況などを確認し

       それぞれの個体に適した調理法をかんがえていきます。



           たとえ同じ場所で仕留めたとしても、

        一羽として同じ個体が存在しないのが、ジビエ。。。



         決まったメニューやレシピがあるわけではなく、

    それぞれの個体に合わせるというのが、ラシャッスのスタイルです。

   


  ジビエ専用冷蔵庫には、佐賀で仕留めてきた鴨たちもただいま絶賛熟成中!!!


      今年も羽毟りの腱鞘炎になること間違いなし!ですが。汗



        戴いた命はありがたく大切に調理いたします!

 

       
      初猟で仕留めたジビエたちがメニューに登場し始めてます!


          一期一会の出会いをぜひラシャッスで。



           ぜひ、ご予約お待ちしております。


この記事に

佐賀での鴨猟!!!


                  こんにちは。


              
               まずはご報告から。。。



        狩猟歴11年目・・・

 ようやくライフルの許可をいただきました!!!


 スコープ合わせなどもまだしていないので、ライフルの出番は未定ですが・・・

 これからも、より一層気を引き締めて、狩猟道を精進していきたいと思います!

           
          フランス料理店ラシャッス の
   
   ソムリエール兼ハンターの諸喜田です。



          先週末は、佐賀県へ鴨猟に行ってきました!
イメージ 1

                         有明海での鴨猟は海上にて船撃ちする猟なので…。

               今回出番のないルネ部長は空港内のペットホテルにお泊り。。。


                 ペットホテルに到着し、お留守番だと理解した部長。


  一切後ろを振り返ることなく、お世話になるお姉さんに駆け寄りご挨拶。


         さすが!処世術をご存知のようです。笑


イメージ 2

                            有明海。。。言わずと知れた海苔の産地。


                                  海苔の畑が一面に広がっています。


   繁殖地である大陸から、越冬しにはるばるこの有明海へ渡ってきた鴨たち。


     マガモやカルガモだけでなく、海ガモも多く飛来します。



        海鴨はラシャッスではすでにおなじみ?な鴨ですが


  せっかく育てたこの海苔を食べてしまうという食害問題にもなっています。



    微力ながら、ここで狩猟することで海苔を守ることができたら・・・




イメージ 3

                     海の上で休んでいる鴨にそーっと近づく技術は、

                           長年お付き合いしている船頭さんの腕!




          野山での狩猟では、獲物が落ちた場所が草むらや森だったりすると、

       仕留めたはずの獲物が回収ができない、なんてこともありますが。



           海上だと落ちた鴨は水面に浮くので、

イメージ 4

           回収率がよいのもこの猟の魅力、です!
 
             こんな風に網ですくいあげます。

イメージ 5

   船頭さん、お仲間とは会話をせずとも阿吽の呼吸?息ぴったりな狩猟。

  有明海の鴨は、ほかの地域のものよりなぜか大きく、ずっしり重いですーー!

  砂ずりの際に、小さな貝類を食べたりもしてるので、味わいも格別です。



              今回も豊猟でした!

             有明の鴨は裏切らない!!!

             有明の豊かな海に感謝です。。。




            高齢化が加速する狩猟界ですが、

          お世話になっているお仲間のみなさま、

          末永くご一緒したいと切に願っています。




                ここでの鴨猟は

      いつでもできるわけではなく、潮の満ち引きがとても重要。

            次回の日程を船頭さんと相談して。




           最終便で東京へ戻り、部長のお迎えに!

イメージ 6

        お留守番の間は、お姉さんにたくさん遊んでもらって

イメージ 7

          甘えまくり、ご満悦なルネ部長でした。



         はるばる大陸から越冬しに渡ってくる鴨たち。


     その滋味深き一期一会のお味をぜひラシャッスでご堪能ください!


     有明の鴨だけでなく、エゾシカ、ヒグマ、日本キジ・・・・・etc...


 
           ラシャッスのシーズン到来です。


          

            ご予約お待ちしております。



この記事に

全111ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事