ここから本文です
LA CHASSE(ラシャッス) シェフのブログ
日本の四季の素晴らしさをお楽しみいただける一期一会のレストランです。

書庫狩猟

記事検索
検索

全1ページ

[1]

ルネ部長の活躍♪


             
             

        たくさんの方にテレビをご覧いただけたようで・・・

         「見たよ〜!」「よかったよ!」などなど
      
  多くの方に声をかけていただき、反響の大きさにびっくりしています。。。


      ありがとうございます!!!


           2月15日で猟期が終わりました。
      (有害鳥獣捕獲など、地域による微差はありますが。)


    今期も事故や怪我なく、無事に終われたことにホッとしております。

イメージ 1

   毎週末、休まず猟場に通い、ルネ部長に付いて猟野をひたすら歩きました。

イメージ 2

          ルネ部長の成長は素晴らしかったです♪

     一方、私たちの鉄砲の下手さにがっくり、という場面も多々。


イメージ 3

         こちらは最終日に仕留めたコジュケイです。

  こんな草むらの中に落ちた獲物もしっかり探してくれる頼もしい相棒です。

イメージ 4

     こちらは、足元から急に飛び立つ田シギ(ベキャシーヌ)です。

       待ってくださるお客様のために日々がんばりました〜!!!


              充実の猟期でした。
        


   
          よくお客様から聞かれるのですが。。。


         「猟期以外は、何をしてるのですか?」

           「お店はやってるのですか??」

  
  猟期中にしっかり仕留めてますので、いつでもジビエをお楽しみいただけます。
           

              安心してください!笑

    
    
     
           猟期が終わったといっても・・・・・

     ルネ部長の訓練もありますし、新しい猟場の開拓をしたり・・・

       猟期が終わった瞬間から、来期の準備を始めるんです。


             その下準備がなければ、

         猟期に獲物を仕留めることはできません。。。



先週は、東金地区の猟友会の競技会があり、非会員ながら参加させていただきました。

        フィールドトライアルという猟犬の競技会です。

       草むらにキジなどを置き鳥して、犬に探させ、

    その探し方や飼い主との連携など一連の所作を評価する競技です。
イメージ 5

  基本的には2頭ずつ、15分〜20分という与えられた時間内で競技します。

イメージ 6

           猟期が終わったことを知らない部長(笑)

      狩猟の時と変わらぬ集中力で見事にキジを探しあてました。


          その時の様子を動画に撮ってくれました。

    競技の様子、ルネ部長のお仕事ぶりをご覧いただけると思います♪
             
              ぜひ、ご覧ください!


   こちらの猟友会の会員ではないので、正式な賞はいただけないんですが、

   審査員の総評の際に、ルネ部長は優勝に値する、という評価をいただき、

    日々の積み重ねを評価していただけて、とてもうれしかったです。



  そのような競技会や、犬のトレーニング、新規猟場の開拓などの合間に・・・

イメージ 7

               
    野セリやクレソンなど自然からの恵みもしっかりゲットするシェフ!!!

  
    ラシャッスは、日本の四季を、自然の恵みをお楽しみいただける、

            一期一会のレストランです。


    この週末は、タケノコ堀りに行ってきます♪ご期待ください!!!










この記事に

北海道エゾシカ猟3日目

イメージ 1ネックショットで倒したオス鹿ナント250mぐらい離れていた イメージ 2 3日目昨日はシェフが仕留めたので、今日はショキタさん中心で行きましょう。ショキタさんはまだスラッグ銃なので、近場で撃ちやすそうな場所を回ることにし、朝一のチャンスを逃さないように頑張ります。しかし昨日は鹿の動きはありましたが、今日は全く気配がありません。昨日の天気は動いたのですが、どうやら今日天気と気圧は動く様子はありません。いろいろ場所を捜しますがダメですね〜〜諦めたその時ショキタさん側森の中に走っている鹿を発見!しかし並走しながら走りますが、どんどん離れていきます。この距離と走りではスラッグ銃で狙うのは難しい距離に、しかし安心したのか、森の奥で止まりました!この距離ではショキタさんのスラッグ銃では無理なのでシェフが狙います。その距離250mから300m離れてますが、下がるであろう弾頭のライン(シェフのライフル銃は100mでゼロイン(的の真ん中)している為) 考えてスコープで見て鹿の頭より上を狙い引き金を弾きました。ド~ン倒れましたが、まだ油断はできません!ショキタさんにお願いして倒した鹿を見てもらいに、またもネックショットで倒れ首の神経にあたったようで、もう一発止めをショキタさんに撃ってもらい共同作業で仕留めました。命と自然に感謝して、鹿猟はこれで終了です。 イメージ 3 イメージ 4 このような場所にあるヘーゼルグラウスマナー、日本には絶対ないホテルを建てて、イギリスさながらのイメージをくずさないで、守り続けているオーナーとスタッフに感謝、感激し素晴らしいこの環境に感謝しました。道東に行くチャンスがあったら、是非行ってみてください。あなたの知らない世界がそこにはあります。

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事