ラフェース院長の美容、医療情報

メディアの医療、美容情報って確かなの?laface.biz/salon

全体表示

[ リスト ]

シミ取りをとる治療器で、フォトRF、オーロラという名前は前述のように
フォト単独の治療と比べるとはるかに、効果があります。
いったい何がどう違うのかと言いますと、まずフォトRFはフォトが英語で「photo」「光」であり、
RFは英語で「Radio Frequency」の頭文字をとった略語であり、日本語で言うと「高周波」となります。つまりフォトRFは「光+高周波」を用いた治療器と言う事になります。オーロラは、治療機の名前で、
Eライトと同じ、RF系の治療器です。
オーロラの後継機種としてSRAヘッドが加わり、新登場したのがEライトです。 
オーロラのSRヘッドで取りきれなかった薄いシミや赤ら顔に対して、SRAヘッドを使用します。
SRAヘッドはSRヘッドより、薄いシミや赤ら顔に対して、よりシャープに反応するように設計されています。
Eライトはシミ・そばかすに特に1番効果を発揮します。Eライトを照射すると、シミに反応して、
かさぶたの様になります。
一時的に濃くなった様にみえるかもしれませんが心配はいりません。
そして、1週間〜2週間かけてかさぶたがはがれ、ポロッとシミがとれます。
又、Eライトの光は黒いもの(メラニン)の他に赤にも反応する性質を持っており赤ら顔にも効果を発揮します。赤ら顔にも、複数回の治療が必要になります。
【痛みは?】
Eライトは痛みを最小限におさえる為に、冷たいジェルを塗り、さらに照射時に働く冷却システムを併用していますが、輪ゴムではじかれた様な、痛みを伴います。
治療回数を重ねて出力をあげていくと、部位によって痛みを感じるかもしれません。
皮膚が薄い部分、(目の周り、おでこ等)は少し痛みを感じる場合があります。
出力を下げて痛みをほとんどなくす事も可能ですが、そうすると効果が期待できなくなってしまいます。

基本的に麻酔は必要としませんが、医療機関によっては、麻酔クリームも用意していますので痛みに耐えられない場合はご相談すると良いでしょう。
【安全性】
安全性に関しては、治療によって起こる火傷を防止する温度管理・独自冷却システムを備えています。
ただ、Eライトの機械本体の安全性は確立されていても、照射の方法、出力によっては水疱、火傷のリスクが生じます。
お肌、シミの状態に適した出力設定が必要で、またSRヘッド、SRAヘッドの使い分けにも知識、経験が必要です。医療機関は慎重に選択しましょう。
【SRヘッドとSRAヘッドって?】
SRAの方が、よりシャープに反応するのならSRヘッドは必要ないのかというと答えは「No」です。
理由は初回からSRAヘッドを用いて顔全体を照射すると薄いシミにもシャープに反応するため、
やけど(熱傷)を起こす可能性があるからです。医療機関にもよって異なりますが、初めのステップとして顔全体に散在する濃いシミをSRヘッドで取り除き、その後残っている薄いシミに対してSRAを用いて除去していきます。
それぞれの、ヘッド(チップ)の違いは、波長にあります。
SRAの波長は、特に赤や黒に反応する波長(470nm〜)で、
SRの波長は580nm〜の設定になっています。
どちらにせよ、ヘッドは基本的に脱毛用の波長を持った物一般的なフェイシャル用
ニキビや赤ら顔、シミに特化して効果を出すSRAヘッドと3種類あります。

この記事に


.


みんなの更新記事