ラフェース院長の美容、医療情報

メディアの医療、美容情報って確かなの?laface.biz/salon

全体表示

[ リスト ]

フォトRF機器は、ご存知のように、「光IPL」と「ラジオ波RF」を、同時に発振する機械です。
フォトフェイシャル(IPLのみ発振)機器の、新化板として数年前から発売されていますね。

しかしながら、どの機器も唯一の欠点があります。

それは、「パルス幅(照射している時間帯)」です。

波長の変換は、今やほとんどの機器が出来るようになり、
ターゲットへの光の吸収率によって、選択可能になりました。

しかし、パルス幅だけは、任意に変更が出来ない機器が多いです。
これは、何を意味するのか

ターゲット(しみ、ヘモグロビン、毛包など)によって、照射時間は変えなくてはいけないのです。
そうでないと、余分な熱が回りの組織を侵食して、「やけど」などを起こすからです。

特に、「しみ」に対しては、極めて気を付けなくてはいけません。
下記の動画をご覧下さい。
すべての施術項目によって、「波長」「パルス幅」が違います。


また、施術項目によって、画面に「選択波長」が表示されます。
どの波長を選べば良いか?に困りません。
イメージ 2


イメージ 1

これが、未来系フォトRFです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事