ラフェース院長の美容、医療情報

メディアの医療、美容情報って確かなの?laface.biz/salon

全体表示

[ リスト ]

良く、「いつも同じ所にニキビが出来るんですよ〜」と相談を受けます。

前述のとおり、アクネ菌(バクテリア菌)は、皮膚の常在菌(常に皮膚表面に生息しています)です。

ほかにも、写真のような最近が常に生息しています。
イメージ 1


しかし、通常は活動が活発ではなく皮膚に対して何らかの「トラブル」を引き起こすことはありません。

にきびの原因菌である、「アクネ菌」は、皮脂から分泌される「脂肪」が、酸化してできる

「過酸化脂質」を「えさ」とします。

角質が肥厚して、皮脂分泌がスムーズに行われず毛穴にたまり、酸化すると(過酸化脂質)アクネ菌は

その箇所で繁殖をします。

そして、アクネ菌は「嫌気性菌」といって、空気を嫌います。

逆に空気を好む最近を「好気性菌」といいます。

繁殖した「アクネ菌」は、空気のなるべく少ない「毛穴の奥」へと進んでいきます。

そこで、じっと次の繁殖可能な時期をうかがいます。

そして、皮膚表面にまた皮脂がたまったりすると、再度同じ箇所からにきびが繁殖を繰り返します。

これが、「同じ箇所ばかりにきびができる」原因なのです。

「少し治まった」

「だいぶ気にならないくらいきれいになった」

と思って、治療を中断すると、再度同じ箇所にできる可能性を残したままになります。

徹底した、にきび撲滅!をはかりましょう!

この記事に


.


みんなの更新記事