[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

旅してます♪

今回の旅で一番表現したいのは臨場感。
ピントとか照明とか、そんなものはこの際どうでもいい…と言うか、捨てる。
僕の撮りたい写真。それは何処か遠い憧れよりも、その場に入り込んだような錯覚ができる、まるで体験しているようなライブ感、そしてさらにはその後先のドラマが想像出来るようなワンシーンなのです。
ですからカタログ写真のような豪華な配置やギラギラした照明なんかも必要ありません。今そこにあるものを、感じたままテクニックとかセオリーを意識せず、撮っていきたいのです。
こうしてひとりで旅をするのもきっと何処かに寂しさや切なさが垣間見える瞬間を写したいからなのかもしれません。だけどそれと同時に見えるのは自由や温かさでありたい訳で、その為には自分自身の思い入れや興奮状態が良くないと意味がないのです。
例えば料理写真。ひとりでお店の暖簾をくぐるとまあ大抵はカウンターへ通されます。
カウンターというのはとても親切な場所で、目の前で料理する姿を見せてくれたり、ウエイターをいちいち呼ばなくても注文を聞いてくれたり、料理に合う酒を直接教えてくれたりします。なんという贅沢か!僕は基本的にはお酌とかがあまり好きではないのです。突然何を言っているのかとお思いでしょうが、お酌されるってなんか偉くなったような気がしてくすぐったい。だいたい僕はエロくはなりたいが、偉くはなりたいと思わない。人間が単純なもので、偉くなっちゃったらすぐ舞い上がり、人の心がきっとわからなくなる。
よかった、偉くなくて。
話しは脱線したけれど、今回の旅で大事にしたいその「臨場感」ですが、カウンターの片隅だとすごく気持ちが上がるのです。あ、今作ってるのが俺の頼んだやつだ!他の客の注文したやつ何アレうまそう!なんて作業を眺めている時間の楽しいこと。素材がひとつひとつ組み合わさっていく瞬間。出来上がりの安堵感。提供される「あいよ!」の合図。その瞬間を撮りたい!まあ、仕事でもなければなかなか撮れるもんではありません(笑)。それにはっきり言って失礼かもしれませんし。
ですからほんの一瞬呼吸を整えます。その美味しい瞬間をクールに撮りたいという矛盾と闘い、折り合いをつけます。それこそが臨場感!
まだ旅は始まったばかり。行きもあれば帰りもある。…って考えるとうわ〜ってなるけど、がんばろう♪
長々とすいません。
さあ、二日目が始まります♪

久々の映画ブログ

おはようございます。

久しぶりに映画のことを書きます。



昨夜、ちょっと風邪気味だったのをいいことに、

お仕事をお休みさせていただき、

毛布にくるまってのDVD鑑賞♪

「東京家族」と「人生ブラボー」の ハートフルドラマ2本立てと洒落込みました。


「東京家族」は、小津安二郎の「東京物語」のリメイク、

いや、オマージュかな。

タイトルからも察せられますが、

小津は「東京」を、山田洋次は「家族」を描きたかったのでしょう。

評価は二分するところでしょうが、

ちゃんと演技のできる役者を揃えていたのでよかったなあと思います。


「人生ブラボー」はカナダ映画で、コメディ。

カナダの映画って、そういや観たことあったかなあ。

これは個人的にはかなりの高評価♪

ダスティン・ホフマンとロバート・ダウニーJr.を足して割ったような主人公もよかった。


今回の2本は偶然にも共通点の多い作品でした。

家族というメインテーマを軸に、

厳格な父とダメダメだけども優しい息子とのギクシャクしたやりとりで物語が進みます。

こういうのって世界共通なんだなあ。

年老いていく父親、結婚、兄弟、仕事。

まるで自分に降りかかる問題そのものを暗示させる作品でもありました。

映画のように現実も優しい世界だといいのになあ。


ほっこりしたい秋の夜長、恋と涙のオススメDVDでした♪


春をひきずる男

イメージ 1








こんばんは♪

みなさま、毎日暑うございますが、いかがお過ごしですか?

暦の上ではディセン・・立秋らしいですね。

まだまだ灼熱の日々は続きますので、がんばりましょう!



さて、わたくし先日、灼熱の広島へ行ってまいりました。

いつもの尾道です。

絵に描いたような真夏っぷりと戦いながら、

延々と歩きまわり、

撮りまくり、

食べまくり、

飲みまくり、

汗かきまくり。

日差しも、風も、音も、正しい日本の夏でした。

ここにはいつも正しい四季があります。

僕がここを訪れる理由は、そこかもしれません。

春には春が、

夏には夏が、

秋には秋が、

だんだん小林旭「熱き心に」みたいになってきましたが、

とにかく、そう言うことなのです。


そういえば春の嵐の真っ最中にも行きましたね。

雨がざーざーと降り、日本各所で嵐の様相。

広島も天気予報は大雨洪水注意報。

でもね、桜が咲いてるのは今なんです。

この嵐で花は散るんです。

大丈夫!

俺、晴れ男じゃん!

それを根拠に、車は走り出す。

それが今年の春の尾道でした。

その時の写真を今回は紹介しましょう。

この灼熱の毎日に、少し涼しげかな♪




車は高速をひた走る。

雨や風を心配しながら、

到着するとそこは綺麗な春の晴れ空。

嵐は明日だと、朝とは変わった天気予報。

桜は満開。

風は涼しく、お地蔵さんも厚着です。



イメージ 2



この日は到着も遅く、少しゆっくりしてたらすぐに夕方。

車で片道5時間はくたびれた。

されど、桜見頃の尾道は

汚染された大陸からの風吹く福岡と違い、

疲れなど簡単に忘れるほどにいい風が吹いていた。

さて、ほどよく写真も撮ったし、

コットン大先生の待つ福山へ。






次の日は予報通り雨。

晴れ男もここまで。

とりあえず、雨の花見もいいじゃない!

と、また尾道へ。



イメージ 3

雨の浄土寺 国宝多宝塔と桜


多宝塔の全体はこんな感じ

イメージ 4

子どもがドロドロの中、鳩と戯れてました。


その横の階段

イメージ 5

趣があります。


なんだか雨が強くなり、ひとまずアーケードの方にでも退散。


途中、寺の境内から線路を見おろす

イメージ 6

するとそこは花びらの街

雨に散り、風に舞い。

揺れながら芽を出し始める枝。






お昼を食べに船に乗り、いつものお好み焼き屋へ

すると大雨だった空から青空が!

やはり晴れますか♪


毎年来てますが、桜の日、雨上がりの尾道は初めてかも。


イメージ 7

改築作業の資材運び

こりゃ大変だ。

ひとつひとつ階段を運ばなければならない。

手伝いたいところだが、

本格的な嵐はこれからだそうだ。

はやく無事に終わることを祈る。

イメージ 8

この景色はお気に入り。



僕も、はやく無事に帰り着けるよう祈る。

帰り路はどしゃ降り。

それでも行きより帰りの方が早く感じるのはなぜだろう。


また来年も桜を見に行こう。


暑い真夏の夜に、春を思い返すのもわるくない。


さ、これから夏本番。

もうすぐあの人に会える!!

灼熱のマンピー!!

Gスポット解禁だーーーー!!!

待ってろよ!!!















お願いとご注意

最近僕の名前で、いろんな方に

とても失礼なコメントを勝手に入れている人がいます。

僕自身、誹謗中傷を目的としたコメントは書いたことがありませんし、

そう思わせるようなコメントも書いたことはありません。

もしそのような失礼だなと思わせるコメントを僕から受け取られた方がいらっしゃいましたら、僕のほうに連絡をいただけませんか?

よろしくお願いします。

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事