[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1







みなさま、おはようございます♪

気がつけば世間はゴールデンボールウイーク。

いいですなあ。

どこかへお出かけですか?

それとものんびりと過ごしますか?

僕はハニーと一緒にコスタリカのビーチで、

ラリっていちゃついてようかと思ってたのですが、

仕事です。

みなさまは僕の分まで楽しんで来てくださいね。



そうそう、先日、と言うか昨日、

事故に遭いました。

信号待ちで停車していたら後ろからどーーん!!

車自体は大きく壊れなかったのですが、

首肩腰が痛いのです。

でも痛い痛いと言っていたら保険金目当てと思われそうで、

なんだかいたたまれません。

とりあえず病院には行きましたが、

幸い骨などには異常もなく、

心配無用のようです。

GWに車でお出かけの方、

事故にはくれぐれもお気を付けてくださいませ。



上の写真は少し前に行った京都、東本願寺の本廊への上がり口です。

揃えられた靴がかわいらしくてたまりませんね。

日本の美です。


日本の美と言いますと、

今年もやります!!

田園調布での写真展。

今年は、日本の四季折々の写真を展示する予定です。

北は北海道、南は沖縄までのそれぞれの生活や自然を、

これまでブログで発表したものから、

先日印刷したフォトブックに掲載したもの、

未発表のものまで、

なるべくたくさん展示したいと思ってます。

5月25日〜6月2日までの予定です。

詳しくは近々また告知しますね。



では今日は短めにこの辺で。

おやすみなさい♪





おんな港町

イメージ 1




一夜限りと知りながら

恋に身を焼くおんなの心

忘れたいのに忘れられない

せつない恋よ

おんな港町

別れの涙は誰にもわからない




みなさま、こんばんは♪

八代亜紀です。


いとしのあのコと朝寝するだんちょね。


さて、問題です。

「だんちょね」って、なんでちょね?


正解は

越後製菓!!


さ、そういった意味でございまして、

なんだかハジケててすいません。

泣いたり弾けたり、

情緒不安定か!

中学生か!

エロおやじか!

そう思われても仕方ないですね。

だって春だから♪

ってなわけでもございません。

理由っちゃあ理由があるのでございまして、

本日、

「工場出荷」のメールが届いたのです♪

そう、フォトブックの初犯・・じゃない、初版がでございます♪

まあフォトブックで初版なんて言うかどうかは置いときまして、

なんと嬉しいことに、みなさまからのご注文が、

64冊もございましたよっ!!!!

大手出版社から鳴り物入りで出版されてらっしゃる方々から見れば

ちゃんちゃらおかしい数字かもしれませんが、

僕にとってはもう、天文学的数字に等しく、

まで言うとちょっとアレですが、

とにかく、泣けちゃうほどの嬉しさなのです♪

みなさまのお心遣いにはもう、本当に頭が上がりません。

もちろん注文してくださった方々への感謝感激は当然なのですが、

こうして観てくれたり読んでくださってる方々すべてに、大感謝なのでございます♪

どうもありがとうございます♪



で、まだ僕自身出来上がりを確認していないのでアレなんですが、

中に載せてあるコラムを思い返してみますと、

まあこれが恥ずかしい!!(笑)

もともと文才などございませんので、わかっちゃあいたのですが、

なんともくすぐったい!!

なんだったら読まずに食べちゃってください。

コラムの入ってないのをください!って言われれば受け付けます!(笑)



まあそういった感じでございまして、

今回4種類の恥ずかしいコラム入りフォトブックを作ったのですが、

(あ、イタリアにはほとんど文字が入ってなかったか)

肝心な写真をよーく見直してみますと、

あることに気がつきました。

カリフォルニア

香港

イタリア

日本

タイトルだけではこれといった共通点も見当たりませんね。

しかし中身、

はっきりとした共通点がありました。

なんだと思います?

正解は、

越後製菓!!

古いのにひつこい!!

いやいや、撮ってる写真の多くが海や港なのです。

言うならばもう、

港町写真集なのです!!

八代演歌の決定版、海と港の物語なのです。

忘れたいのに忘れられない

せつない恋のような情景。

ご覧になられる際のおともにはぜひ、

ぬるめの燗と、

炙った烏賊を♪








今日の写真はそんな港町横浜の演歌とJAZZが似合う町、野毛から吉田町辺り。




イメージ 3



そこのこんなお店で僕の故郷の味、ナポリタンをいただきました。

イメージ 4

「米国風洋食 センターグリール」ってのがいいでしょ♪

こういうのがまた横浜の良さなんだよなあ♪

プレートの中身はぜひ、実際に行ってみて下さい♪



おっと、またこの調子だと長くなっちゃう!!

ってもう十分長いか?

今日はここいらでやめましょう。





そういった訳で、きれいな横浜をおまけ♪

イメージ 2






チャオ♪





あ、ちなみにフォトブック、

今月29日まで受け付けておりますので、どうぞお気軽にお申し付けください♪




で、ひつこく書いた越後製菓を知らない方はこちらを



で、おんな港町はこちら


いい曲だなあ♪






イメージ 1







皆様こんばんにゃ。

はやいっすね。

もう朝だ。

今月ももう10日も過ぎました。

気がつけばいつも支払い日。

ああ、支払いのない夢のカードが欲しい。

魔法少女になってその夢を叶えておくれ!!

誰がやねん!!

ってことで、もうすぐ3月ですね。

春です。

発情してませんか?

僕はしてますよ♪

誰がやねん!!

ってことで、春と言えば花見。

昨年は目黒川や砧公園などのアーバンチェリーを堪能したわけですが、

さあ今年はどこで見るのか、

楽しみです♪

そして花と言えば花粉。

皆様は花粉、平気ですか?

僕はもうすでにやられてます。

今年は早いぞ!

気をつけろ!

大気汚染でさらに倍だぞ!

中国!!

俺は中華料理が大好きだ!!

だからもっとちゃんとやれ!!

本当の意味ででかい国であれ!!

俺もでかい男になりたい。

でも最近アレだ。

ちっちゃい。

アレがちっちゃい。

誰がやねん!!

いやいや、そうでなく、

なんだか微妙にさがり気味。

どうしてだろう。

ファンヒーターとかパソコンとか携帯とかが相次ぎ壊れ、

てんやわんや。

きっと神様がボ〜っとしてる僕にバチを与えてんだな。

がんばろう!!

がんばったらチューしてね♪

さ、そういった意味で、

前回ちょっと書いたフォトブック。

だいぶいい感じで進んでますよ♪

なるべく言葉も入れようと

格好付けずに

僕らしく

言葉を探してます。

が、これがまたなかなか大変でして、

深夜に書くものではないと(笑)

酒飲んで書くでないと、

自分の文才のなさにへこみながら、

日々頭を抱えつつも勤しんでおります。

どんな出来上がりか、自分でも楽しみです♪

香港・LA・イタリア・日本の4種プラスα♪

どうぞよろしくお願いします♪






ところで、

尾道のお好み焼きですが

憶えてます?(苦笑)

今日はあの続きを書こうかと思います。

そしていかにこのワタシが神懸かりな人間であるか!

知るがよい!!

誰がやねん!!

ということで、

昨年の夏の終わり、秋のはじまり。

そんな季節に訪ねた心の故郷、尾道であります。

初日の初っ端に「臨時休業」の無情なる張紙に一同ガビーン!!

まずはお好み焼きの洗礼を期待した我々は出端をくじかれることになる。

それだけでなく、広島風お好み焼きへのハードルもグンと上がる。

「ここが一番美味いから!」と豪語した僕への責任は上がりまくる。

一度行ったお店で「美味かった」と期待し、

二度目に「ここのどこが美味かったんだ!?」ってがっかりすることは多い。

まあいいか。

俺の店じゃねえし。

ね♪

てことで、この日はいろいろうろうろと

坂道港町の尾道を満喫した一行であります。

そして飲んだくれの夜が白み、

陽も昇るや昇らずやの内から活発な方々は

それぞれ散歩やなんだに出がけ、

写真もたくさん撮り、

待ち合わせのほぼ昼の午前。

寝起きの僕以外はみな美味しいパンなどを食べ、

お腹も空いてないらしい。

しかしここで車を出してくれたコットンさん、

お好み焼き屋に直行する為に港へ。

イメージ 2

やるじゃないか、コットンくん♪

そしてこのかた、写真も実に素敵なのです。

と言いますか、毎回集まる面々は皆

素敵写真を撮るのです。

僕にはとても思いつかなかった撮り方や

見過ごしていた景色、

人や猫や自然との対話、

街やモノや歴史への造詣の深さ、

ものすごく勉強になります。

そうそう、

話しは変わるけど、

前回の記事でお好み焼きが食べれなくて行った

スパゲッティの写真を観たいとのメッセージがありました。

「暗くてあんまり美味しそうに撮れなかった」のですが、

じつはある面白い形になってたんです。

イメージ 3

ベッチャーの顔みたいでしょ♪

ベチャ〜っとなってるんじゃないですよ。

ベッチャーとは尾道で行われるお祭りで、まあ「なまはげ」みたいなもんかな。

「いや、ぜんぜん見えないけど」なんて言わ・ない・の♪(by 姫ちゃん)

姫ちゃんとは昔レッドカーペットやエンタに出てた元春日部のキャバ嬢のピン芸人。

爆笑レッドカーペットのカムバックレッドカーペットを拒否したうえで泣いた事があって、

理由は本人曰く「プレッシャーに負けたから」。

ってどうでもいいわ!!

すいません。

で、お好み焼きですよね。

港から車ごと船に乗り向島に向かいます。

どうか開いてて!!

僕以外は皆「パンとか食べてお腹いっぱいなのになあ」って顔してるけど(笑)

島へ到着。

さあ、どうだ!!


ここいらで今回も長くなっちゃったんで、

次回へ続く。

では皆さん、お元気で♪


って、どうでもいいことを引っ張りすぎるのもアレなんで、

続けますね(笑)




さあさあ、どうですかいと港の奥を覗き込む。

店先の暖簾がふわりと海風に揺れている。

これは開いてるんちゃう!?

めっちゃ開いてるんちゃう!?

お腹いっぱいの人達を背に、

お好み焼き屋の暖簾をくぐります。

入ってみると不思議そうに僕を見るおじさんとおばさん。

やってるのかやってないのか、

やる気があるのかないのか、

臨時休業で臨時開店なのか、

この不思議な空気を切り裂くように、

「いいですか?」と穏やかに問う。

どうぞどうぞと急に慌ただしく準備を始めるおじさんとおばさん。

やる気はたっぷりみたいだ♪

よかった♪

ちなみにここの店内写真。

イメージ 4

入り口がこんな感じ。

どこに座れっちゅうねん!!

って思いますね、普通。

この巨大ソファの後ろにあるんです。

2テーブルほどこじんまりと。

そそくさと座り、自慢の「しまなみ焼き」を注文。

これでもかってほど鉄板に盛るキャベツの山。

焼きそばだのイカ天だの、変わりダネが乗る。

それを囲むカメラの群れ(笑)

イメージ 5

じゅうじゅうと音をたて、

カチャカチャとコテが動く。

まるでベニハナのようなパフォーマンス、

は言い過ぎか(笑)

出来上がるまで、なぜかいろんな酢を飲まされる(笑)

さ、いよいよ出来上がり♪

センターの鉄板から僕らのテーブルの鉄板へ、おじさんが元気に運んでくれる。

イメージ 6

美味しそうでしょ♪

お腹いっぱいの面々もたちまち食べてしまいます。

本当に美味いんだよ♪

書いててまた食べたくなって来た!!

開いててよかった♪

ってどこかの古いコピーみたいですが、

ホントよかった。


美味しい昼食の後、僕らは鞆の浦へ向かいます。

車で一時間ほどの、古い古い港町です。

宮崎駿の「崖の上のポニョ」の町です。

歴史を感じる古寺や灯籠、

石畳や格子窓、

どれも絵になる大好きな町。

いつもの喫茶店の美人店主の横顔が見える。

しかし今日はどうにも気になる場所を、灯籠の隙間に見つけたのです。

きっとあそこには美味しいコーヒーがあるに違いない!!

僕のレーダーはいつもだいたい正しい。

そこがカフェなのか、ただの家なのか、公民館なのか、

まったくわからないのに皆を誘導する。

無責任なのは承知の上。

僕の座右の銘「考えるな、感じろ」

そう、感じちゃったんだもん♪

丘を登る。

途中、どこに寄る訳でもなく、

道を知る訳でもなく、

感じたままのワクワクを頼りに、

民家に迷い込みつつ(笑)

勘で進む。

さあ、見つけた♪

最高の場所♪

大きなデッキから港が一望のカフェ♪

一同大興奮!!(笑)

広い店内に客はいない。

貸し切りだ。

写真を撮りまくる面々。

コーヒーは温かいのでいいですか?

冷たいのは用意してません。

てか、温かいコーヒー以外はありません。

なんといい加減な店だ!!

じつはここは普段営業してなく、

今日も客を迎えるつもりはなかったのだそうだ。

たまたま友達が遊びに来てたから居ただけだそうだ(笑)

でもせっかく来てくれたんだから、ゆっくりしてけ。だそうだ♪

なんとナイスタイミング!!

コーヒーにはアーモンドあられが付いて来た♪

もう完全に友達んちだ(笑)

ここに吹く風は最高だった。

汗がひいてゆく。

港の反対側の先端にある古民家は

宮崎駿が構想を練るのに数ヶ月も暮らした場所だそうだ。

さすがに最高の環境だ。

すると、空の色が変わった。

スコールだ。

大きな音で降り注ぐ。

イメージ 7

恐いくらいの雨は全ての音を消し去り

心地よい静寂にも似た、特別な時間を用意した。

やがて雨は止み

水面に光が射した。

ゆっくり動き出す漁船。

濡れた瓦屋根。

光の量が増え始める。

蜘蛛の巣がキラキラと輝き、

写真家たちの心を捕らえる。

イメージ 8

海の向こうではまだ雨が見える。

また降り出したらやだな。

大丈夫。

降らない。

もう帰らなければならない時間だ。

イメージ 9

空は晴れてゆく。

僕はまったくもってめでたい晴れ男なんだ。

また来ると店主に携帯の番号を聞き出し、

さよならを。


鞆の浦と

カメラな面々と別れ、

また尾道へ帰ってくるともう夕暮れ。

あちこちでお別れの景色。

イメージ 10

なんとも感動的な日常。

夕陽に別れを告げ、

また美味しい瀬戸内の肴で乾杯。

朝にはこの大好きな町ともしばしのお別れ。

また来るよ。

また行こうね。








今回も長くてすいません。

昨年の尾道編はこれで終わり。

次回は何を書こうかな。

長崎編もまだだった。

書きたいこといっぱい♪

でも次回は手短に。

ではでは、またお会いしましょう♪

チャオ♪



















[
イメージ 1





昨年もおかげさまでたくさんの旅に出ることが出来ました。

ありがとうございます。

旅。

さあ、自分で言っておきながらこの「旅」ってヤツは、いったい何ざんしょ。

「旅行」と「旅」の違いとは?

以前写真家の旅とは何だなんてことを偉そうに語りましたが、

やはり2013年、ここは自分の中でもはっきりとさせねばならないのでは?!

と言うことで、

「旅行」と「旅」の違いを箇条書きでまとめてみます。


「旅行」

○ 楽しい

○ リッチ

○ たまにエロい


「旅」

○ 孤独

○ 貧乏

○ 気まま


まあ、こんな感じなのではないかと思うのですが、

どうですか?

わかりにくいですか?(笑)

ぜんぜん違う!!

って声が聞こえてきそうですね♪


で、昨年の旅の話しなんですが、

旅行の話しなんですが、

ぜんぜん旅とはなんじゃらほいもはっきりせぬままに話しは進みますが、

お好み焼きの話しなんですが、

憶えてらっしゃいますでしょうか?

「尾道のお好み焼きはどうなった?」

「船に乗って行ったお好み焼き屋は開いてたの?」

「続きが気になって眠れない」

「ラグーンさん素敵」

などといったメールは一通も届いてませんが、

書きますね♪

と、その前に、

明日は成人式。

新成人の方、おめでとうございます!

成人式に向けてパンチパーマなんてかけないようにね♪

絶対後悔するぞ!

数年前の成人式の日、沖縄に行きまして、

遠くから爆音で倖田來未(らしき)が流れて来たと思ったら、

数台のオープンカー・・と言いますか、

きっとこの日の為に思いきって屋根をぶった切った普通車(もちろん違法です)に

数名の紋付袴にサングラスの新成人がパレードを気取っておりました。

時代は変わっても成人式に流行り廃りナシ!!

流行なんてなんぼのもんじゃいっ!!ですね♪

来年成人式の方、撮影予約受け付けてますよ♪

よろしくお願いします。


で、お好み焼きですが、

なんだか長くなったので次回にしましょうね♪

ひっぱるなあ♪


写真は渋谷。

もんじゃって書いてるから。。




おまえは小学生か!

イメージ 1








こんにちは。

お元気ですか?

人は生きてると、いろいろありますね。

えへへ。

僕はこれといって何もありません。

さ、そういった意味で今年もあとちょっとです。

今年はどんな年でした?

って聞くのはまだまだ早いですね。

今年はこんな年でした!って言えるくらいの何かをする時間はまだ残ってます。

さあ、何をしますか?

僕はこれといって何もしません(笑)

いやいや、

しますとも!

何かします!!

まずはこうやってブログを書いてます。

ブログ。

ちょっと見ない間にレイアウトがガラッと変わりましたね。

横のメニュー欄と本文のサイズの比率がおかしいよね。

笑っちゃいます。

広告もいいけど、そればかりが目立ってちゃあどうなんですか?

企業の品位が問われます。

まあ、そんな事言ってる余裕もないんでしょうね。

僕も余裕なんてありゃしません。

カツカツの生活です。

そういった意味でも、広告なんて見たくありません。

スマホのアプリなんかでも、本当に広告が鬱陶しい。

少しのお金なら払うので、広告の無いアプリを買いたいです。

映画なんかでも、お金払ってるのにCMが流れる。

だったらCMを間に挟んで無料にしろ!

そうなったら映画はもう終わりですね。

そういった僕は主に広告を作って生活しています(笑)


仕事。

いい仕事がしたいなあ。

やりたい仕事をやりたいようにやれたらいいなあ♪

パイロットになりたい♪

F1レーサーになりたい!!

って、俺は小学生か!

いやいや、そういうんじゃなくて、

撮りたい写真を撮りたいように撮る仕事。

そんな仕事してる人なんて、この世にいませんね。

はい。

あの世でやります(笑)

この世ではなんでもやります!

でもせめて、

ここでは撮りたいように撮った写真を載せたいように載せよう!

そう思って始めたこのブログ。

だったら早く写真を載っけてよ!

ってよく言われます。

はい。

載っけます。

前置きがいつも長くてすいません。








夏の終わり、秋のはじまり。

そんな頃に、僕の心のふるさと「尾道(おのみち)」に帰郷してまいりました。


イメージ 2


天気は上々

まだまだ暑かったけど、風は爽やか。

真夏に訪れた時はそりゃあもう干涸びるほどだったもの。

とか言いながら、尾道は夏がいい!なんて書きましたけどね(笑)

秋もまたいいのです♪



尾道に到着し、荷物をホテルに預けると

まずは昼飯ですよね。

僕は広島風のお好み焼きが大好きで、

もちろん関西風も大好きですが、

広島に行けばまずお好み焼きからスタートってのが決まりです。

広島風は地域地域で少しずつアレンジを変えています。

尾道では「おのみち焼き」と言い、砂ずり(砂肝)なんて入ってまして、

それはそれで美味しいのですが、

僕は対岸の向島にある「しまなみ焼き」ってのがお気に入りなのです。

それを食べる為だけに、わざわざ船に乗ってっちゃいます。

個人的にはこの辺りではここがいちばん美味しいと思うのですが、さてどうでしょうか。


で、僕ですね、自分で言うのもなんですが、

古い言い方で言うと、ややニュータイプというか、

妙に勘がするどうございまして、

この日もなんて言うか、

なんとな〜くヤな予感がしてたのです。

船で渡る間なんとなくね。

で、結果はと言いますと、

この日にかぎって「臨時休業」だそうです。

ね。

勘が鋭いんです。

往復の船賃、ごめんなさい。

この日は西山亭でスパゲッティのランチをいただきました。

ここも美味しくて大好きなお店です。

写真は撮ったけど、暗くてあんまり美味しそうに撮れなかった。

西山亭のサイト http://www.nishiyama-tei.net/



さあ、お腹もいっぱいになったところで出発です。


イメージ 3


艮神社の真上をロープウェイは登る。

艮神社は「うしとらじんじゃ」と読み、なんともかっこいい。

この大楠は樹齢800年とも1000年とも言われてて、

なんだかすごくいい空気を発してるように僕は感じるんですね。

尾道の中でもここだけなんだか空気が違ってるんです。

凛としてると言うか、とにかくいい感じなのです。

昔はこの鳥居の所まで海だったらしく、まるで厳島みたいですよね。

艮とはもちろん丑寅で、方角でいうと東北、つまり鬼門を守る神社だそうで、

何に対しての鬼門の方角かと言うと、大三島にある日本の総鎮守、大山祗神社だそうです。

ここにはなんと樹齢2600年の大楠なんてものもあるらしく、

一度行ってみたいなあと思いながらもなかなか行けずにいます。

尾道は考古学的なミステリーにも満ちた、深い場所なのです。

なんだか下町おやじさんのブログ見たくなってきました。

って、おやっさんほど造詣が深くないです、すいません(汗)



ロープウェイはどんどん登って千光寺の横をすり抜けます。

イメージ 4


尾道と言えば千光寺ってぐらいの有名スポットで、

艮神社と創建の年は同じらしいのですが、

どちらかというとこっちのほうが神社っぽいですよね。

赤いんだもん(笑)


上からの眺めはもう過去にイヤってほど載っけてますんで、

また目新しいのが撮れたら載っけましょう。

そういや今まで何回ほどこの尾道は記事にしただろう。

このブログを始めてからもう5年も経つんだねえ。

はえーなあ。

いつも読んでくれてありがとうございます。


そうそう、話しは変わるんだけど、

先日あるメッセージが僕のツイッターに届いたんです。

渡米する前に会いそびれたものですが、憶えてますか?って。

誰だろうって、ここのゲストブックとかいろいろ見てみるけど、

それらしき確認が出来なくて、

でもなんかそれらしき記憶はあるんです。

誰だろう?誰だろう?って、ずっと考えながら過去記事を見てて、

まだ出会ったばかりのブロガーさんとの会話も読み返してたらもう、

おかしくておかしくて(笑)

まあ結果的にそのメッセージは僕が10年以上前にアメリカに住んでた頃の話しで、

学生時代の同級生からだったんですね。

FacebookじゃなくてTwitterってのがまたすごいなーと。

まあそれだけの話しなんですけどね(笑)


さ、そういった意味で尾道なんですが、

山から下りる途中に様々なお店やギャラリーが点在しております。

お洒落なものから、文学や歴史を感じるもの、なんだか分かんないものまでいろいろ。

そしてこういった坂の街にはネコがたくさんいます。

イメージ 5

これはiPhoneで撮りましたよ。

ネコがたくさんいるからか、ネコの石もたくさん。

イメージ 6


いちばん上の写真もこれです。

オブジェのようでもあり、お地蔵さんのようでもあります。

福猫石といって、石に描いた招き猫なんだそうです。

いつも招いてくれてありがとう。

あちこちに1000体近くあるみたいですよ。


梟の館でお茶を飲み、

またゆっくりと階段や坂道を下る。

艮神社に戻った頃、

辺りの家では夕飯の準備が始まる。

アーケードから海沿いをぶらぶら歩き、

イメージ 9

アイスクリームなんて食べながら、

部屋まで戻り重いカメラを置く。

もう一度外へ出た時はもう陽が落ちていて、

イメージ 7

黄昏の海に渡船が行き交う。

その景色を眺めながら、

いつもの「たまがんぞう」で夕食をとる。

瀬戸内の魚料理はどれも素朴で美味しい。

中でも僕のイチオシはこの「がんす」

イメージ 8

魚のすり身をフライにしただけのB級グルメ。

もう、美味いのなんの♪

瀬戸内じゃあ当たり前の郷土料理かと思ってたら、

以外に地元の人も知らないらしい。

ねえ、cottonさん。

ごぼうの唐揚げとごっつで美味いです!

上の3枚はiPhoneで撮りましたよ。






尾道の朝と言えばパンです。

まあ、泊まる旅館やホテルにもよりますが、

西山や竹村や魚信でしたらもう絶対和食ですが、

ビジネスホテルに泊まったならここはもうパンで。

イメージ 11

お気に入りの「パン屋航路」です。

ネーミングはもちろん志賀直哉の「暗夜行路」をもじったものだと思います。

もうここは本当に美味しいので、

正直困ります。

イメージ 12

店内の雰囲気も素敵過ぎなのです。

他にも尾道は美味しいパン屋が揃ってますので、

もうホント困っちゃいますね♪



そして、

昨日の屈辱をはらすべく、行かねばならない場所がまだあります。

憶えてらっしゃいますでしょうか?

そう、臨時休業だったお好み焼き屋です。

船にまで乗っていったのに。

まさか今日も休みじゃねえだろうなあ・・と、

おそるおそる、またも船に乗ります。

おばちゃん、お願い!

開けてて!!


向島に到着。

イメージ 10

さあ、どうでしょう!

開いていますでしょうか!

無事、お好み焼きは食べれるのか!?

それは次回のお楽しみ♪(笑)


なんか最後は食べ物ばかりになっちゃいましたね。

まあ、いいか♪


ではでは、長い記事にお付き合いいただき、ありがとうございました。

チャオ♪

















.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事