[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

夜はお恥ずかしい

イメージ 1




みなさま、こんちゃーす。

暑いすね!

前回はなんだかスミマセンでした。

なんと言いますか、

エロ小説?

みたいになりまして、

反省してます。。

消すな!って励ましのコメント(笑)を

いくつか頂きましたので、

とりあえずそのままにしてます。

次もよろしくと書いた方。

分かりました。

期待通りの、

書きますよ、奥さん。

わはは。

しかしまあ、読み返すのもお恥ずかしい内容の記事は

今に始まったことではなく、

基本、過去記事は恥ずかしいったらありゃしません。

理由はたぶん、深夜に書くからです。

早寝早起きを夢見てウン十年。

なぜ出来ない。

なぜ?

どうして?

教えてアルムの森の木よ。


僕は仕事を夜から始めることも多く。

そんな時はたいてい

気が付けば朝6時くらいになってます。

で、昼過ぎに起きて

昼間に出来る仕事にとりかかります。

一般職の方とは少し、生活環境が違うみたいです。

で、毎日毎日仕事してる訳でもなく

たまにこうしてブログを書いたりします。

こうした夜中に。

ですのでついつい、

そりゃあ恥ずかしい内容になるのですね。

って、言い訳が長い!!

すいません。

好きな食べ物はうなぎとトマトです。



そう言った意味も含めまして、

ワタクシ

これから毎週ブログをアップします!!

誓います!!

正々堂々と闘います!!

約束破ったら、



剃る!!

剃って!!

看護婦さんの格好で剃って!!

あ、すいません。

深夜ですので、ついつい。

先日こんなことを言われました、

「Mなの?」

いえいえ、

ワタクシドSでございます。

好きなマンガはスラムダンクとワンピース。



さ、そう言った訳で、

今回はどんな内容でお届けしようかと、

うだうだ迷ってますが、

そうそう、先日ですね、

もうすっごい暑かった日に、

ワタクシの心のふるさと「尾道」に帰ってきましたよ。




イメージ 2




以前にも書きましたが、

僕はここ尾道に、年に何度か訪れます。

でもやっぱりいいのは夏なんですね。

蝉の声や踏切の音

すれ違う人や自転車

生活の匂いのする路地裏

入り混じる旧いものと新しいもの

そういった全てが、

時間やなんやの煩わしいものを忘れさせてくれます。

夏休みにワクワクしてたあの頃に戻してくれます。

って、そんなにいいトコなの?!

って言われると、う〜ん。なんですけどね(笑)

ちょこちょことツボがたくさんある街なのですよ。


しかし今回は

とにかく暑かった!!

夏ってこんなに暑かったっけ??

毎年思います。

アイスキャンディーや氷が食べたくなりますね。


イメージ 3



みかんのアイスキャンディ


そうそう、最近携帯で写真撮るのにやたらハマってまして、

上のアイスも携帯で撮りました。


ちょっと携帯で撮った尾道のお気に入りを

いくつか紹介します。




まずは尾道の駅


イメージ 4


このなんでもない感じがいいでしょ。




これはホテルの前の係留場


イメージ 5


この日はヨットに旗を掲げていました。




僕の大好きなパン屋さん

「パン屋航路」


イメージ 6


パンマニアの僕が言います。

ここは美味しいです!

作ったと同時にどんどんパンがなくなります。


イメージ 7




ちなみにNEX-7(SONYのデジイチ)で撮ったのがこれ。


イメージ 8



この日は焼きたてのクロックムッシュを買いました。




そして今回の一番のお気に入りがこれです。


イメージ 9


渡し場で夕陽の逆光です。


ノスタルジック全開でしょ。


携帯写真はこんなふうに

フィルターやアプリでとても楽しく撮影が出来ます。





ノスタルジックなつながりで

今回はモノクロ写真を少し載せましょう。



この渡船はここに住む人にとっては

普通にある普通のものです。

でも僕らからすればビッグサンダーマウンテンくらい

ドキドキするのです。


イメージ 10


自転車や自動車といっしょに船に乗ります


人はここ


イメージ 11


この感じ。

夏でしょ。

ノスタルジックセンチメンタルジャーニーでしょ。

久石譲か葉加瀬太郎が聞こえてきそうでしょ。

なんだか素晴らしいのです♪



そして対岸の向島で

待望の美味しい美味しいお好み焼きを♪


イメージ 12




食べてばっかりか!!

はい。

食べて飲んで

汗かいて

たっぷりと心と身体に栄養をいただきました♪

どうもありがとう。





まだまだ旅は続きますので、また来週。

ではでは、チャオ♪

好きなテレビはピカルと世界不思議発見です。






















ワインのばか

18:30に集合。

17:00に到着。

まだ時間はある。


ワインが飲みたい。


きりっと冷えた泡か、

芳醇な赤か。

昼に試食した山羊のチーズの香りが

やはり赤を推した。

店を探しているだけの時間はない。

行きつけの近くのパブの

地下への階段を降りる。

その途中、

先日のパーティーで飲んだサングリアの味がふと蘇った。

夏の湿った空気の吹き溜りと

雑踏の足音やタイヤの音が消えかけたときの

ほんのふとした瞬間だった。


煙草のにおいの届かない椅子に座り、

グラスに注がれた真っ赤なサングリアと

黒胡椒と蜂蜜のたっぷりかかったチーズピッツアを味わう。

この後のことを考えると、

ここであまり飲み食いする訳にはいかないのだが

ついつい、また空いたグラスに次を注ぎ

余った時間とともに飲み干していった。


集合場所へと向かう。


今にも雨を落としそうな雲の流れは早く、

知らず知らずに足早になる。

バスのクラクションや居酒屋の呼び込み、

ミニスカートや大きなカバン、

いろんなものを除けながら、

大きな横断歩道を渡り

人の列に沿って進んでゆくと、

人垣の間から仲間の

手を振る姿と

笑顔が見えた。


戦後の焼け野原だったその場所は

今その名残を隠すことなく、

人を惹き付ける人間の匂いを放つ。

迷い込んだのは神の領域とばかりに

人を豚に変え

名を奪い

心を失くさせる神隠し。

いつしか僕らは

魔法の紙やプラスチックで

理詰めの快楽だけを貪るようになっていた。

だから今はこうして

心ある友と語らうことで

僅かな心の均衡を保とうとしているのだ。


店に足を踏み入れると

昭和のまだ知らない時代の足跡が残っている。

苔のついた水槽にぼんやりと光るらんちゅう。

狭く軋む階段は女郎屋のを思わせた。

ゆっくりと二階へ上がる

すると一階とはがらりと様相を変え

だだっ広い畳の食堂が広がっていた。

窓際のテーブルへ案内され

畳の上の座布団に腰を下ろす。

ほっと一息つき、辺りをあらためて見渡す。

永い日々のページを綴ったような柱の色と

大きく開かれた窓から見える蔦の緑はとても相性がよく、

吹き抜ける風に、映画で見たような懐かしい夏のにおいを感じた。


ビールと枝豆とトマトを注文し、

まずは集まった3人で乾杯をした。

普段飲まないビールが喉を刺激し、しみる。

蒸し暑さと扇風機からの風と

向かいの席の鉄板からの煙が

ビールをより美味くする。

2本目のビールに取りかかる頃から

懐かしい笑顔が次々と揃いはじめる。

腹も減ってきた頃だ。

鉄板で焼ける大自然の恵みと

ジョッキの中のはじける黄金色、

初めて見る食材に

より食欲はススム。

窓から雨の匂いがしてきた頃

ほろ酔いの僕らは

夢を叶えた仲間を讃え

さらにその先を語り

笑い

また飲んだ。



通り雨のように街を染めた雨は

ゆるやかに止むように思えたが、

次の店の屋上の席に着いた頃

また激しく降り始めた。

近隣の屋根を黒く染め

遠くのネオンを反射させ滲む。

妙に創作意欲を掻き立てる景色は、

スピーカーから流れるピアノの音や

張り巡らされた配管、

窓、

雨音、

すべての要素を従え

ワインをいっそう引き立てた。

軽い興奮状態で

今後の作風への事

時代の変化

感性の違い

目論み

話しは尽きることなく続き

何本目かのワインが空く頃、

気がつけば

僕は目を閉じていた。



見知らぬ部屋の椅子の上に

着ていたシャツがたたんであるのが見える。

外からは雨音が聞こえる。

匂いがする。

グラスの赤は

甘く危険な香りを放ち

雨のしずくは滴る汗に変わった。

赤らんだ頬が愛おしさを増長させ

濡れた唇に理性の箍が外れる。

グラスで喉を潤すように

芳ばしい部分に舌を這わせる

夜汽車に揺れるようなその優雅な旋律に身を委ね

突き上げる激しい波を彷徨う。

名を呼び合い

夜空に待ち続けた流れ星のように

果てる。

世界のどこかの出来事や

明日昇る太陽の事なんてどうだっていい。

今は気を失うように

狂いたいだけだ。

そして僕は

また目を閉じた。







は!

なに?

どこ??

普通に自分の部屋に

・・ひとり。

うう

・・夢か。

ワインのばか。。








注:僕は欲求不満ではない。
イメージ 1






みなさま、おはようございます♪


気がつけば6月ももう終わりですねえ。

はやいです。

あっという間に夏ですね。

夏は暑いです。

暑いくらいどんとこいです。

さあ、今年はどこに行こうかな♪

なんて、毎年どっか行ってるような言い草ですが、

毎年たいしてどこに行ってるわけでもなく、

昨年なんて海どころか、バーベキューすらナッシンな夏でした。

ってもう、じじいのグチみたいになってきましたが、

年々夏が地味になってるのは事実。

夏のうかれた感じをまた取り戻したい、2012年であります。



うかれたと言えば、先日の写真展ですが、

紙風船のように

日々の暮らしやなんだでしぼんだ僕の何かが

この時はぷわ〜っと膨らみます。

いえいえ、けして身体の前の方の一部分のことではないですよ、奥さん。

そういうんではなく、

ま、そういうんでもいいですけども。

心の奥の喜怒哀楽の出どこと言いますか、

そこいらがこう、プワ〜っと、

ね。

わかります?

ふくらむのです。

「ああ、そう言えばラグーンさん、ふくらんでたなあ」

などと言うな!!

確かに写真展の後半は、身体全体も見事にふくらんでました。

それもそのはず、

半年間の禁酒生活を解禁♪

おめでとう♪

ありがとう♪

みなさまからの心のこもった美味しい美味しいお菓子の差し入れ♪

本当にどれも美味しかった♪

ありがとうございます♪

横浜中華街の魅惑の担々麺&水餃子&大学芋♪

期間中何度行ったかわかりません。

そしてとどめはこれ、

今月メジャーデビューを果たす、調理師あこ大先生にランチを作っていただきました♪

しかも全員分!!

なんたる贅沢!!



イメージ 3



もう飲み物!!いや、もう泳ぎたい!!な絶品麻婆豆腐♪

九州人には常識、関東人には驚きな鶏入りちらし♪

心躍る、狂い咲き春雨海老サラダ♪

そしてもうひとつ


イメージ 4



涙涙の感動手作りシウマイ♪

「シューマイって作るの?!買うもんじゃないの!?」

って、ワラワラと調理師を取り囲むセレブリティマダムチーム。

ウメーウメーとヤギのように鳴きながらバクバク両手でがっつく都内非居住写真男チーム。

どちらも感動を隠せずにいます。

そしてその感動はまさかの最終日にまで!!




そして感動はまだまだ続きます。

今年も華麗な技を披露していただきました。

ひよこ先生の、カービング実演でございます♪


イメージ 5



素晴らしいです!!

ちゃっちゃかちゃっちゃかと、ほがらかにお話ししながら、

いとも簡単に、あっという間に出来上がります。

僕のような手先の不器用かつ生温い人間には不可能です。

会場は当然ながら大盛り上がりでした。

ひよこ先生をぶわーっと取り囲むみなさまの隙間から、僭越ながら撮らせていただきました。

そうそう、今年の看板カービングスイカ

「写真ブクロ」も彫っていただきました♪

どうもありがとうございます。

いつも感謝です。

神楽坂、行きたかったなあ。。



あ、そういえば今年はスイカを食べ忘れた。。。


え?食べた?

もう昨年とごっちゃになってわかんなくなってます。

昨年と言えば、最終日の打ち上げ料理、

猛牛のようなオーラ(失礼)と

子羊のようなカワイイ雰囲気を併せ持つ

尊敬するみ・・あ、名前を出していいのかな?

わかんないから今は伏せておきましょう。

今年も美味しい惣菜を用意していただき、

楽しい時間を演出していただきました♪

どうもありがとうございます。

そしてメイン料理をまたまた、

今月メジャーデビューの調理師あこ大先生様が!!

そしてなんと!!

なんと!!

トマト屋のなおちゃん!!

ありがとう!!

僕がこの世で無くなって欲しくないものベスト3のひとつ、

トマト♪

いただきました♪

乙女心のお野菜セット♪


イメージ 6

素晴らしき!!

僕のようなすっとこどっこいな暮らしをしているものには、

野菜なんてなかなか食べられるもんじゃあありません。

ましてやこんなに美味しいの。

嬉しいなあ♪

ありがとうございます。

てか遅くなってすいません!!

忙しいときはいつでもお手伝いに行きます!!

住み込みで!!(笑)

そのまま居着くかもしれませんが、

いや、速攻で逃げ出すかもしれませんが、

がんばります!!





そして自称妖怪魔女♪

今回やっとお会い出来ました。

その妖艶たる美貌はまさに魔女!!

美しさは罪!!

そんなマンマさまからもずら〜っとトマトをいただきました♪

ありがとうございます♪

何でもします!!

住み込みで!!(笑)





さ、この錚々たる食材がどのように変身したかと言いますと、

どーーーん!!


イメージ 7


彩り鮮やか!!夏野菜たっぷりやわらかトマトハンバーグ♪

なぜにこんなにやわらかい!!

やわらかいのにしっかりしてる。

幼き頃、母の作る我が家の愛情ハンバーグはゴワゴワカチカチバサバサでした。

それ故にハンバーグがやわらかいだけでもオ〜〜と感動します。

お味ももちろん完璧です♪



そして魅惑のコラボレーション!!

まったけおやじの濡れ濡れワカメ!!


イメージ 8


んま〜美味い♪

ワカメとトマトだけのシンプルサラダ♪

最高の素材同士を見事なまでに引き立て合わせた逸品。

まるでブログから繋がった感動の物語!!

なんて贅沢なんでしょう♪

幸せいっぱいです。

まったけさん、ありがとう。



そして何がなくてもこれ!!

から揚げ!!

僕がこの世で無くなって欲しくないものベスト3のひとつ、

ポテトも入ってます!!

イメージ 9



まあ、素敵♪

このすっきりとした揚げ具合♪

濃すぎずしっかりとした味付けも、また絶品でした。

ヤンマーさんが僕より2個多く食べましたが、まあしょうがない。




そして贅沢ざんまいカラスミパスタ♪


イメージ 10


カラスミって、こうやって食べるの?

もっとこう、ちびちびと、

日本酒なんかとって感じでしたが

山盛り(笑)

美味しかった!!

初めての味でした♪



ちょっとシェフ呼んで!!


どんぐりあげる♪



さらに追加スパゲッティまで♪

病床のくまさんにもお土産を♪


今回は参加者のみの少人数での打ち上げでしたが、

とてもいい時間を過ごせました。

全てに大満足です♪


本当に大勢の方に支えられた写真展でした。



僕が5年ほど前にブログをはじめたとき、

このようなブログを通じた出会いがあろうことなど

想像すら出来ませんでした。

今回でこの写真展、グループ展としては4回目になりますが、
(Oran-Jの記念式典としては5回目です)

回を追う毎に人との縁を強く感じます。

もちろん最初から縁は感じていますが、

より強く、より大きく、より明確に感じます。

ただのオフ会だと言う方もいらっしゃいますが、

オフラインこそ、

最高のオンタイムであるのです。

そしてなにより、この縁は会場だけのものではないという事です。

会場以外でも支え、応援してくださる方がたくさんいます。

先ほどのワカメの話しもそうですが、

出会う筈のなかったたくさんの人や要素が

重なり合って新しい何かが生まれました。

こんなに素敵な事はそうそうありません。


写真を通して集まった人々の

メッセージや泣き声、笑い声、

思い出や創造

そういった全てを包んだ袋みたいなもの。

写真ブクロと名付けた理由です。




ふう、今月中に書けてよかった(笑)


一番上の写真は今回の展示風景。

石丸直エリアから伊東さん小菅さんエリアを抜けると僕の展示がありました。

その手前にはちゅんさん山田さんエリアがあります。

拡大するとこんな感じ。



イメージ 2



観に来てくれた方、お話しできた方、

遠方より応援してくださった方、

どうもありがとうございました。

またお会い出来る日を楽しみにしています。



2013年、6周年記念は5月の18日〜26日(だっけ?)の予定。



ちなみに身体のふくらみはもうすっかり元に戻りました(笑)

飲み過ぎで黄色くならないように気を付けます!!









最後に告知。

昨年の写真展にお越しいただいた調理師あこ先生。

冗談まじりに「ごはん作ってください♪」の一言が、

こんなにも豪華で温かく、美味しく楽しいテーブルになるなんて思いもしませんでした。

とても義理堅く、誠意溢れる方です。

そんなあこ先生の本が出ます♪




興味がある方は、ぜひ。

夢を叶えるパワーのある方は、やはり違います。

美味しくごちそうになっただけでなく、いろいろと勉強になりました。

どうもありがとうございました。

何でもします!!

住み込みで♪(笑)






























PS〜

なおちゃんへ、

じつは料理する前にこっそりトマトを食べました♪

内緒ですよ♪










開く トラックバック(2)

恋する属性

イメージ 1





恋してる写真。

そう言われた。



恋か。



きっと恋する気持ちと

シャッターを切る気持ちは似てるんだろう。


ドキドキしながら

チャンスを逃さぬよう

余裕と気遣いを忘れず

カッコつけながら

最高の瞬間のために。






イメージ 2





今回も恒例の写真展が開催され

たくさんの方に足を運んでいただき

感謝の気持ちでいっぱいです。



どうもありがとうございました。

勉強させていただきました。



関わったすべての方に、感謝と尊敬を。






イメージ 3







東京を離れ

なにかぽっかりと穴のあいたような気持ちと

また次に進む欲求とが

交錯し合い

新しいなにかのために

なにかをやらなければと思うのです。




イメージ 4






さあ、はたしてどうすればいいのか。

近道をしようとすれば

甘いと諭され

遠回りをしてると

ぬるいと嘲笑される。


もう若くはない。


でも

まだ大丈夫。


まだまだ自分を信じたい。




夢はある。






イメージ 7







自由と冒険

責任と現実

愛情と嫉妬








イメージ 8







出会いと別れは

きっと運命で


僕が選んだ道だ。




イメージ 5





貼ってる写真は

Instagramで加工した写真展で展示した写真





イメージ 6





加工してiPhoneで投稿してます




イメージ 10





ブログもそうだけど

世界中の人と繋がるのが嬉しい

楽しい




イメージ 9









そうそう、

写真展に来れなかった方や

もっと観たいと思っていただけた方に

僕のウェブサイトで写真展のページを開設します。

またそれは追って告知しますね。








そしてそう

恋はハリケーン♪







ではまた。

チャオ♪














イメージ 1








福岡は今日は雨でした。











開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事