全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2


イメージ 3

北朝鮮はヨンビョンで冷却塔をすぐに破壊すると言う

北朝鮮遺産に対するブッシュの望み
ブッシュ大統領はその言葉で北朝鮮の「核遺産」を使うことを拒否している、しかし、彼はそれについて明確に考えている。北朝鮮との協定は外交政策の遺産に対する彼の唯一の望みなのか?

2週間前にヨーロッパへの彼の旅行の間、彼は2003年にイラクを独力で保持する準備ができていた男と非常に異なるように聞こえた。「問題が外交的に解決されることができるように、私が後に辞職する再に最後の仕事の1つは、専制君主を扱う多国間主義でもある」と彼が記者会見の間に言った。

北朝鮮以外にも彼のコメントでは彼はイランに言及していた 。2つの南北朝鮮、中国、日本、ロシアと米国が関係している6者会談の一部として、米国はその核軍縮について北京で平壌に対する政府との交渉を強めている。北朝鮮がその核計画を解体する前兆として、その核活動の全てを詳述している申告書をすぐにも手渡すかもしれないという報告書で、外交活動の動揺がここ数日間であった。平壌は今週そのヨンビョン原子炉の冷却塔を爆破するとすでに発表した。

重要な当事者
ブッシュ大統領が北朝鮮を彼の「悪の枢軸」に含めたとき、それは2002年からの全ての長い距離でもあった。しかし、1つのイベントとして1人の男は管理の位置を変えるのを手伝った。平壌が2006年10月に核爆弾を爆発させることによって世界に衝撃を与えたとき、クリストファー・ヒル国務次官補は定期的に北京(北朝鮮)へ旅立ち始めた。

ヒル国務次官補には今週は北朝鮮にある計画を知る術がないのである。「あなたが彼らと交渉しようとするとき、なぜ、我々は過去に彼らの約束を守らなかった人々と交渉しているのか?』と言う多くの人々に直面して、ブラウン大学のワトソン研究所からのクリストファー・リンドンと一緒の最近のヒル氏が「それでも私は彼らと交渉をする」と言う。「しかし、ワシントンで演説をすることがこれを解決することができるならば、我々はワシントンにとどまって演説をするかもしれない」と彼が付け加えた。

その核計画を諦めるお返しに北朝鮮は外交的で経済的援助を得る。会談の批判者は彼らが宥和の形であると言う、しかし、ブッシュ政権のためには北朝鮮との協定は具体的な外交政策達成に対するその最高の望みであるかもしれない。「彼がとても取引を望む非常に経験豊かな交渉者であるという点で、ヒル国務次官補が重要な北朝鮮に対する政策の成功例で、彼は1990年代のデイトン協定のバルカン諸国で交渉している経験をしている。

「彼はここからそこまで得ることに非常に集中する」とニューヨークタイムズの主要なワシントン通信員のデイビッド・サンガーが言う。「彼はなんとかコンドリーザ・ライスが方針を変えて、それを押し通すことができて管理の範囲内で一団の北朝鮮の主張を現在破られ「北のエゴ」に対してそれとともに走る気があった状況を利用することができた」と彼が付け加えた。

『手荷物ではない』

ヒル氏は問題の専門家ではなかった、勝者に従うポジティブな要因、国家安全保障会議の前アジア局長と現在2006年の会談のヒル氏の代理であったジョージタウン大学のシャー教授がいる。「彼には彼の前の人物が試した外交手法または「政治的な取引」がなかった。彼はライス国務長官によって選択された奥の手だった」。全体として6者会談のためにまとめられた交渉をしているチームは非常に良いチームだった、そして良い協力がチーム、国務省とホワイトハウスの間にあった」とシャー教授が言う。進歩がすでにあった。

平壌はその原子炉をシャットダウンして、重要な設備を使用不能にして1986年以降ヨンビョン原子炉でされた仕事の約18,000ページの技術的な報告書を提供した。しかし重要な文書、ウラン濃縮と増殖に備蓄しているプルトニウムから全てのその核活動の完全な撤退を提供することは12月の最終期限を外した。北朝鮮はヨンビョンで冷却塔をすぐに破壊すると言う。

「私は我々が「右方向」で先頭に立てないと思う。私がこれが多量のプルトニュム濃縮だと考えるかどうかについては、異常に左翼的として保守派と人々として特徴を描写する人々との一致が、多分そうであるだろうを見る最初の間」とワシントンの右派のシンクタンクのアメリカ・エンタープライズ研究所のダニエル・プレトカが言う。

会談の批判者を激怒させていることは、政権が現在大部分は北朝鮮のプルトニウム生産に集中していて、それが宣言の一部としてそのウラン濃縮と増殖活動を明らかにするという要求に対して手をゆるめているようであるということである。議員がらは平壌との協定に達するその試みを徐々にむしばむという恐れの外に、管理部門がこの9月シリアに嫌疑のかかっている北朝鮮の原子炉に対するイスラエルの激怒について知らないままで議会を去ったという告発がまたあった。

「彼らが6者会談または数種類の他の合意とのいくらかでも一致に達するならば、彼らが議会と管理の関係に本当に損害を与えたので、彼らが議会を経験してこれらの協定を承認してもらうことは非常により難しい」と当局者がイスラエルの激怒について議会議事録を要約したあと、4月の共和制の連邦議会議員ピート・フックストラが言う。
歴史の判断
北朝鮮との協定に反対の人々はブッシュ政権(外交政策成功が欲しくてたまらない)が手の届く範囲に北朝鮮を唯一の業績とみなすと主張している。「彼ら自身の心または少なくとも国務長官、彼女がこれの問題いの最前線に本当にあった。ごくわずかな成功は歴史本のための何もなかった」とプレツカヤ氏が言う。「それで管理はそれが要求するならば、韓国との協定があることを望む、そして誰でも合意があると言う、そして多分、歴史は親切に審判するだろう」。

シャー教授は管理がいかなる取引のためにもすべて売り払う準備ができていると思っていない、その証明がすべてであると主張する。それはすべて確認のプロセスに降りてくる。しかしそれでも成功の「パラメータ」に対する疑いがある。「私は彼ら北朝鮮が成功に向かうという最も強い議論が、彼らが長続きする価値を持つ6者会談において何かを作ったということであると思う」とニューヨークタイムズのサンガー氏が言う。

「交渉している構造が残るならば、そこの構造は持っているそれから出てくる何かであるかもしない、しかし、北朝鮮の軍備縮小よりむしろ長続きする過程であるかもしれないのだ」と彼が付け加えた。一方、ヒル国務次官補は前後にワシントンとアジアの間を往復し続ける。そしてまだ取引を望んでいる。しかし国務省は彼が今週北朝鮮に行く計画がないと主張している。

「長年にわたって北朝鮮人を扱っているが、全ての失敗した交渉を見るとき、それはことわざの第5の結婚、「経験についての望みの勝利」 のようだ」とヒル氏が彼の個人面談で言う。第5の結婚はヨンビョン冷却塔の全ての外交的な「はばたき」と解体で現在見えるかもしれない。

6者会談の他のメンバーは彼らが手詰まりを緩和するために不完全な宣言を受け入れるかもしれないとほのめかしていた、しかし、これは平壌との協定の追求に反対のそれらの議論をあおる結果をもたらす。アメリカが動揺するチャンスが常にある、多くの人々が過去にいた。そして特にテロリズムを支持している国のリストから北朝鮮を除外することとなると、ブッシュ大統領は議会で強硬な抵抗に多分直面するだろう。しかし彼はまた、明らかに外交政策で大当りの彼のリストで北朝鮮を含める準備をしている。
BBCニュース ワシントンからキム・ガタス通信員 http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/7472531.stm

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事