budounouka.comブドウ農家日記@山梨牧丘

ブドウ栽培シーズン#8。。http://budounouka.com/

全体表示

[ リスト ]

秋 収穫の最終盤 ひと夏のラジオ

見苦しい画像ですが、この夏中クマと戦ってがんばってくれた、ラジオです。
ずっと鳴りっぱなし。
当初FM富士を、どうも夜中はお休みしている(ノイズ)ようなので、
その後NHK-FMをブドウ達に昼も夜も聞かせておりました。
そのせいか、立派な粒・房のブドウを出荷できました。まだピオーネ終わっていませんが。。
 
クマさんはその他対策効果もあり、まだお会いしていません。
かなり緊張して、畑に通っていたことが、懐かしい。
 
イメージ 1
ついにラジオは、壊れてしましました。24h連続稼動で、SPKが壊れ、外付けのあり合わせSPKむき出しでがんばっていましたが、どうも寒くなってから、ノイズっぽくなり、ついに本日電源が入らなくなりました。
ご冥福を祈ります。ありがとうラジオさん。
 
クマさんごめんね。昨年は、落ちた袋で真っ白な畑に残った房は9房だったそう。
完璧に勝利!!

秋 ひと夏の凝縮、アケビ

ひと夏、クマの畑の入り口で、木陰を提供してくれた、桑の樹。
昔は・・、ブドウ畑の前はこんにゃく、その前は桑の畑だった履歴が多いこの地域。
その名残の桑の大木。にぶら下がるアケビ。
薄紫に淡く熟れています。ひと夏の思いをはかない秋の一瞬に凝縮したような。
イメージ 2
口に含むとあまーい。姿どおりのすなおさ、しみじみと秋。
 

秋、トラウト

つりどころではなく1年以上があわただしく過ぎ、収穫もめどがつきつつあり・・・。
出荷休み前日、とはいえその日は特に早起きして出荷場へ前日作りこんだ荷を持ち込み。そして毛鉤つりへ。
 
久しぶりですねー。管理釣り場も10月からオープン。シーズン始まり。
いつものへなちょこマスかと思い。簡単に引き寄せようとして、バラすこと、3尾?4尾?。
おかしいなーと慎重にあげてみると40cmにはとどかないが、35cm級がぞろぞろ。
それからは、ひきを楽しみつつ、慎重に5本。
フライはミッジに限る、ラインは0.2号。大物ほど、小さな毛鉤と細いラインで勝負。
釣りの極意はミッジングタクティクス。リスク裏腹のお楽しみ。
イメージ 3
出荷作業の合間に燻製にしましたとさ。
こんなブドウ師はいないなー。
 
  以上です。
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事