budounouka.comブドウ農家日記@山梨牧丘

ブドウ栽培シーズン#8。。http://budounouka.com/

全体表示

[ リスト ]

展葉間近?

芽吹きというより、展葉間近?葉っぱの重なりが見える、育成中の畑。
 
イメージ 1
剪定を今頃やっている地域もあれば、芽吹き以上の進み具合もある今日この頃。
牧丘のブドウの丘、標高450m〜800mに分布故、
早い遅いでは1〜2週間の季節のズレがあるのです。
 
 

ブドウの樹診断

立石の畑へ今日も通います。
 
剪定中に気がついた、傷みを確認し治療のため、ブドウの樹の診断。
ブドウの樹も自然の生態系に組み込まれており、カミキリ虫が樹をカジリ、生息しております。
ピオーネはよくやられるようです。樹も美味しい??
 
イメージ 2
 
全体を皮剥きすればよいのだが、それではブドウ師が病気になるので。。
怪しいところを診断かねて剥いてみます。
根元はカジられやすく、ヤラれているところは再びヤラれないように防除液を塗っておきます。
ブドウの樹の傷薬はありません。
様々な病気含めてブドウには、予防がすべての世界。
 
その他、確実な芽吹き目的で、植物成長調整剤なども噴霧し一日を終わりました。
 
 

スモモの花粉付け

お昼、丘の上の畑を見に立ち寄ると、隣のスモモの畑では、花粉付けの最中。
手間のかかる作業、ひとつひとつの花へ鳥の羽に異なる品種の花粉をまぶして授粉させていくそうです。
 
イメージ 3
 
果樹栽培は手間のかかる作業により、宝石のような果実!を収穫できること再認識。
店頭に並ぶ一粒のブドウ、スモモ、美味しく味わってほしいもの。
 
では。
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事