ここから本文です

ブログリンクブログリンク

更新

    • ココログ

      殻について

       種の殻である。卵でもあるのだが…。いわゆる死。死というが、死ではない。生命の木...

    • ウェブリブログ

      殻について

       種の殻である。卵でもあるのだが…。いわゆる死。死というが、死ではない。生命の木の実、花の種である。鬼皮、聖所で、666野獣。命の短いのを知ったもの。...

書庫思索・インスピレーション00

すべて表示


 偽善だろうが何だろうが、善を行う。

 性悪な人間とするなら、単なる善といえども偽善と言えうるだろう。

 また、犯罪者が、善人になったとしても偽善者といわれうる。

 何と言われようが、正義を振り回すわけではなく、ただ、そうあるようにする。悪を行う気はないのである。

 他人に強要しなければ、正義を振り回していいる気はしない。

 自分はただそうするのである。

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 時事 2

    2018/1/3(水) 午後 3:42

     憲法第9条は、理想化してしまったのかもしれない。あるいは、ある違った意味で、理想なのである。    事実は一つだろう。  そして、現在議論されているのは、すでに自衛隊云々を超越している。そのうえで、憲法9 ...すべて表示すべて表示

  • 迎春

    2016/1/1(金) 午前 7:47

    迎春 旧年中は大変お世話になり ありがとうございました 本年がより一層よいお年であります様 お祈り申し上げます 平成二十八年 元旦

  • 地獄に仏について 1

    2014/2/21(金) 午後 6:00

     地獄に仏とはどういうことか。地獄に阿弥陀が落ちたということか。ということは仏はうそつきか、人殺しか、泥棒ということになるのではないか。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事