思いつくまま・・・速水藤右衛門

好きな言葉: 寿限無(じゅげむ)・・・・・永遠の幸せを表す言葉

全体表示

[ リスト ]

私の歴史

イメージ 1

速水藤右衛門。これは私の家の屋号です。
私はこの名前、とても気に入っています。

私の歴史。私が今ある由来をお話しましょう。

この屋号の発祥は、歴史を遡ること大阪城落城の話から始まります。

千姫の教育係をしていた老中速水甲斐守守久が千姫を徳川陣屋に
送り届けた後、淀と秀頼と最後を共にし自刃。

その後しばらく、数名の家臣を引き連れ農村に身を隠していた三男保久・四男貞久が
夏の陣から三年後の1618年、越後村上城に引き取られ生き延びました。

三男は清和天皇の子孫であり、学術に秀でた武士で、元服し村上城主から領地をもらい、速水藤右衛門と名を改め領主になりました。

私の祖母が速水藤右衛門の11代目、母がいて、私が13代目です。
清和天皇からは祖母が30代目、母がいて、私が32代目です。

私の祖母のおじいさまは、高島嘉右衛門の番頭で、熱田セメントの経営一切を任せられていました。もう一つの顔は二松学舎大学を経営側から支えた草創期の重要人物です。学祖三島中州先生を支え學舎の会計を担当し昭和7年まで40年間もの長きにわたり二松學舎理事を務めました。皇居へは正装をし、シルクハットをかぶり、大正天皇に漢学を教えに行っていたと、今は亡き祖母から聞いています。祖母は東京のお屋敷の跡継ぎでした。

上の写真は二松学舎の私の曾おじいさまです。

清和天皇には子が19人いました。その流れの一つが私の家系です。
現在では清和源氏の流れを汲む家系は約740あると聞いていますが、
実際、家系図が残って言い伝えられているのはどのくらいあるでしょうか。

毎日、大波小波、いろいろ人生には起こるけど、
ルーツを知ってる事で、
いつも心でご先祖様に感謝し、
ずっと、温かく見守って応援してくれる両親に
心から熱く感謝の気持ちをもてて、
私はとても嬉しく感じています。

この記事に

閉じる コメント(16)

顔アイコン

守久二男の子孫さん、コメントありがとうございます!!!私は祖先・速水守久の菩提寺を探していたところでした。三男家では二男は島津家に引き取られたと聞いていました。三男保久(藤右衛門)と四男貞久(理右衛門)が当時の村上城主堀丹後守直竒に引き取られ、直竒没後120石を賜り村上藩浪人として帰農し、藤右衛門、理右衛門、篠田兵太夫の三人で現在の新潟県北蒲原郡中条町西川内を開発したと角川書店地名辞典に記されています。

2011/8/25(木) 午後 6:16 [ 速水藤右衛門 ] 返信する

顔アイコン

兵右衛門さん、コメントありがとうございます!!!守久は滋賀県速水郷の出身。もともとは浅井長政の家臣であったと聞いています。淀君とは(年表によると)2〜3歳違いで年下の守久はお市様のお供として豊臣家の家臣となり豊臣最強の軍事部門の七手組頭のリーダーとなり徳川方に内密しなかった唯一の忠臣であったと聞かされています。お江様の娘・千姫の教育係でもありました。守久は大野治長に連れられ片桐且元と3名で古田織部の庵へ通い茶を嗜んだとの記録があります。また、方広寺の鐘事件では片桐がしくじった徳川家との仲介を守久が取りまとめたそうです。また、山に籠り身を隠していた真田幸村を豊臣へもう一度復帰するよう説得しに行ったのも守久でした。徳川時代に触れられることがなくなった豊臣家の老中・速水甲斐守守久の活躍とその後の子孫の情報を皆で共有してもう一度日本史に残せればと願っています。速水守久の研究者の方が出てくることを願っています。

2011/12/6(火) 午後 8:58 [ 速水藤右衛門 ] 返信する

顔アイコン

兵右衛門さんコメントありがとうございます。速水守久は豊臣時代を最後にその活躍を、歴史のポケットにしまいこまれてしまいましたね。残念なことです。守久は目立ちませんが豊臣を総合的に支えていた重要人物です。越後村上城に引き取られた守久の三男は後に帰農し今の胎内市を開墾した人物で織部正(おりべのしょう)さまと小作に呼ばれたそうです。速水守久を軸に、枝分かれした血族の活躍をすこしづつでも掘り起こし記録し直し、血のルーツを伝え続けていきたいですね。受け継がれた血の意味を知り、自身を知る手がかりとなり、見えない祖先の力を感じながら今を生きることができるからです。分かり得た情報は細かく書きこんで、速水血族及び子孫皆で共有して行ければ良いですね。又いろいろと知らせてください。

2012/3/9(金) 午後 11:46 [ 速水藤右衛門 ] 返信する

顔アイコン

兵右衛門さん。情報ありがとうございます。私の側からも浄光寺を調べてみようと思います。大坂の願成寺ですが、役所に問合せしたところ現在廃寺になっていると言うので、何か方法を考えてお寺再興できたら良いのになと考えておるところであります。祖先が400余年前に建立した重要な場所(寺)であり、願成寺が再興できることで速水守久一族子孫が大坂夏の陣以降もみ消しされてしまっている血のルーツと歴史を確認し合える場所(寺)となり、親代々より歴史をこれまで聞かされてこなかった子孫らにも、今を胸を張りはつらつと生きる勇気になるだろうになと考えたりしています。どなたか正当な子孫が継承し願光寺が再興できれば、兵右衛門さんの資料作りの根拠になるのではないでしょうか。私にとりましても作業途中で放置してある曾祖父(速水柳平)資料作りに役立ちます。どうしたら良いものかあれこれ調べ考えてみます。

2012/6/25(月) 午後 9:16 [ 速水藤右衛門 ] 返信する

顔アイコン

兵右衛門さんのコメント拝見しました。藤右衛門さんのブログで出版にまでこぎつけたようですが?ルーツの件は私が長年調べて来て、藤右衛門さんが自分のブログに書いてくれていました。速水家初代から守久までの後継者の名前がどうしても調べることができませんでした。そんな時に、願成寺様の事を知り、浄光寺様の事も知りました。 兵右衛門 様を通して初代から守久までの後継者の名前を知る事が出来たら長年私の調べて来たルーツが67代完璧に完成します。胎内市の市史担当の方や村上市の市史担当の方にもいろいろ協力いただきました。この度兵右衛門 さんのコメントを拝見し、胎内市の市史担当の方に又お会いして来ようと考えてます。 速水家は私の調べでは9代サイクルで動いているようす。私は3男家の末裔です。義則様はあまり調査には興味無いかもしれません。よろしくお願いいたします。 削除

2012/7/5(木) 午前 0:43 [ mkkw2010 ] 返信する

顔アイコン

大変おそくなりました。兵右衛門様ご連絡頂き有難う御座いました。6日午後胎内市役所に出向き事情を話し、この様な方からお問い合わせとご協力のご連絡があったかと思うのですが、御差支えなかったら連絡先を教えてほしいと話して見ましたら、本人に連絡をとり了解を得ましたら連絡しますとの事でしたので、アドレスを置いて来ました。前から一つ気になる事があります。3男家に残っている記録から、音羽三郎源頼季廿八代孫から守久に続く様に書かれていますが、古文書等調べても源頼季から山本義定、義春に続かず、兄の源頼義の流れでは続くようになっていますが?兵右衛門様のコメントの中にも源頼季の名前が出ておりますが。親族では誰も調査に興味がない様で相談する人も無く、地方では資料も乏しく、そんな時に 兵右衛門 様のコメントを拝見しました。
差支えなかったらお世話になります。よろしくお願いいたします。

2012/7/8(日) 午後 2:37 [ mkk**010 ] 返信する

顔アイコン

兵右衛門さん、胎内市役所へまで調べて頂き大変感激です。本の出版は歴史に埋もれてしまっていた速水守久の掘り起しとなるでしょう。ちょこちょこと出来るだけの協力はしたいと考えておりますが、歴史研究推進力不足気味の若年の私ではお役にたたないと思いますので、私に知恵を授けてくれている3男家の末裔様は大変頭の良い御仁でありますので、是非とも相互連絡を取り合い先祖供養ともなる偉業を完成させて頂きたいと願っております。本が完成しましたら国会図書館に収納しましょう。速水柳平の史記を書いているときにお世話になった恩師でもある全国図書選定委員の浅井昭治老師に完成した本を見せて差し上げたくなりました。末裔達がつくった速水守久共同出版本、大賛成です。それから兵右衛門さんとのやり取りを「歴史Wiki 速水守久」に編輯かけましたのでご覧頂ければと思います。随時更新して補強していきたいと思います。又、胎内の越後速水家は事情がありまして現況協力を仰ぐことは無理かと考えますのでお含み下さい。先祖の本が出版された後にはまた事情も変化していることでしょうから何かしら所蔵資料があったならば貸出提供してくれるやもしれません。

2012/7/25(水) 午後 11:55 [ 速水藤右衛門 ] 返信する

顔アイコン

何時か末裔の皆様方とお会い出来る日が来ることを楽しみにしております。「歴史Wiki 速水守久」から、島津藩に預けられたあと、消息不明と記されてる、守久の次男(宗久=幼名久丸)の末裔さんが名乗り出てくれるとうれしいですね、

2012/7/28(土) 午後 9:02 [ mkk**010 ] 返信する

顔アイコン

兵右衛門さん、津本陽の『薩摩夜叉雛』という小説本があります。この主人公の名は赤星速水。幕末から明治維新後の話です。数年前読んだ記憶だとこの赤星速水は薩摩藩主島津斉彬の落としだねで母は篤姫乳母だった?かな。この主人公のモデルがいたなら次男宗久の末裔の話なのかと思ったりしてました。小説家津本陽さんは御年82才のようですから面会できるものなら主人公赤星速水のモデルがいたのかどうかを聞いてみたいものです。数年前知り合いの樺山じいさんに直接薩摩の赤星速水をしってるかと質問したことがあります。薩摩樺山伯爵の通事兼秘書だった男に薩摩の赤星〇〇(名は忘れたとか)という者がいて明治の海外利権で莫大な財産を築き神奈川県大磯のお屋敷町で樺山邸傍に大きなお屋敷を構えていて晩年アメリカで暮らしたと(樺山伯爵家次男樺山紀次さん御年79?)話していました。赤星速水のような生き方をしていた人物は現実に存在していたようです。しかしこの薩摩赤星〇〇=?小説赤星速水=?薩摩速水家と関係あるかどうかまでは不明。お時間あれば息抜きに読んでみてください、おもしろい小説です。

2012/7/30(月) 午前 0:11 [ 速水藤右衛門 ] 返信する

顔アイコン

兵右衛門さん、ご質問について私見を述べます。『守久関係が日本史の教科書に取り上げられる率について』確立はゼロと考えます。なぜならば私は昨年まで某出版社の中学歴史教科書編集部におりまして、日本史編集業務に携わっておりましたが、関係者(子孫)にとっては大事なのですが、この守久の件に関してまで頁を割く意味を見出してもらえないのが実情です。それから千姫を徳川に戻さず戦いを続けても全く勝機は考えられない状況だったはずです。結局は豊臣の玉砕しか結論がなかったのではありませんか。せめて守久は浅井長政旧君主の血を新しい時代につなげたかったのではないでしょうか。それから茶々と山城から降りるときはたしか?守久9歳茶々11歳の子供ですから恐怖で不戦の誓いや戦のない世を望むべくもなくただただ時流に身を任せその時なすべきことをなしたと考えます。私見を述べたまでですのでどうかこれ以上の掘り下げ議論は無用に願えればと存じます。しかしながら、また何か気付いた史実があればどんどんお知らせください。先祖の供養になりますのでどうか宜しくお願い致します。

2012/8/9(木) 午後 10:07 [ 速水藤右衛門 ] 返信する

顔アイコン

兵右衛門さん、真田幸村銅像は大阪城の近くの三光神社にある立像(1987年建立)のことですね。ここは大阪城南方・幸村が大坂冬の陣で出城を作った真田丸跡ですね。それから天王寺区の安居神社(天満宮)に坐像(2009年建立)があるようですね。ここは幸村終焉の地ですね。この二つの神社は実に古いお宮であり、幸村所縁の場所ですね。

2012/8/14(火) 午前 3:14 [ 速水藤右衛門 ] 返信する

顔アイコン

兵右衛門さん、真田幸村銅像と並べて速水守久銅像を建てたいのであれば、銅像の所轄を調べずとも宮司さんと直接交渉しお宮の承諾が取れれば寄贈という方法で建立は可能と思われます。しかしながら、私見を申しますと、先祖供養として守久像を作るとするならば、銅像ではなく、速水守久の菩提寺願成寺本堂に守久木像を作り安置し静かに供養するのが最善ではないかと思いました。確かに私も豊臣で活躍した先祖を誇りに思いますから語り継いでいきたいと考えていますが、大阪城内に真田幸村銅像と並べて守久銅像を建立というのは賛同しずらいと思いました。なぜなら真田幸村とは、まず最初に徳川家康がスカウトしたほどの軍師であり(守久は徳川の二番手でスカウトに行ったのです)欧米諸国の軍略家に現代でもその名を轟かせている世界の軍師真田幸村であります。真田幸村銅像と並べて建立したいという案は世間(武将通)の人々に早々理解してもらうのは難しいと思います。武将格が違うと多くの人が感じるのではないでしょうか。これもまた私見ですのでどうかご容赦下さい。

2012/8/14(火) 午前 3:26 [ 速水藤右衛門 ] 返信する

顔アイコン

兵右衛門さん、文芸社の『火の姫』茶々と家康・秋山香乃著では、速水守久が大阪落城時のキーパーソンとして珍しく多く描写されています。私がこの作家を評価している点は、速水家が浅井から3代続く無二の家臣であり、秀吉最後の密命を速水家=速水守久が担っていた(秀頼はお日様のお子であるからもしもの時もその屍を決して晒してはならない→墓を用意してある)として小説を締めくくっていることです。実際に於祢(高台院)の兄の子が秀吉にあやかり木下延俊と名乗り秀吉より豊臣姓も授けられて豊後の国(大分県日出町)日出(ひず)木下藩初代となっており、定説では処刑されたとされる豊臣国松の墓(五輪塔)も日出藩(日出町)に現存しており、又、薩摩には秀頼の墓とされる石塔があることから、秀吉密命を担っていた守久は、秀頼と国松を生前秀吉がもしものために用意していた地へ逃す為に、最後天守閣下の籾蔵曲輪に火を放ち死体の判別ができなくなるよう工作しただろうなと、私は体に流れる守久の血に意識を集中した時に感じます。徳川定説の大坂落城史は決して結末ではないのだと感じます。日本文芸社『豊臣家存続の謎』前川和彦著も参考になると思います。

2012/8/17(金) 午後 10:36 [ 速水藤右衛門 ] 返信する

顔アイコン

速水守久の家系がやっと繋がりました。ローマ皇帝初代ネロ・カエサルが、速水家の先祖になります。清和源氏藤原京にて捏造・洗脳された家系図を取り消し、ローマ皇帝ネロ=景行天皇になり、速水家のご先祖です。守久の戒名より真実を掴めました。捏造の家系図を修正して下さい。このブログにて速水守久の400年法要の報告になります。 削除

2014/5/27(火) 午後 5:12 [ 兵右衛門 ] 返信する

顔アイコン

> mkkw2010さん
初めまして
埼玉に住む速水家末裔の物です
速水柳平は私の曽祖父に当たります
コメントの義則氏とは従兄弟になります。
何かあれば連絡を取り合う仲ですので微力ながら協力出来ればと思い
投稿致しました

2018/2/15(木) 午後 5:53 [ kim*ju*k*0118 ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。最近、祖祖父が速水家から養子に来た事実と共に、父から家系図を見せられ、速水守久の先祖を知りました。先月、ヒルナンデスで速水守久の末裔の方が出ておられ、何か見えない力に導かれているようで、是非皆さんと情報を分かち合えたらと願います。落城時11歳で乳母に保護され脱出し、福島正則、細川肥後光利、久留米の有馬豊氏に支えられたと書いてあるようです。福岡出身で現在東京在住です。
ranmaru7791@gmail.com 削除

2018/2/27(火) 午後 4:17 [ らぶちゃん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事