ここから本文です
LAVISH BLOG
http://www.lavish-ac.com

ここ最近。

お久しぶりです。

もう何から書いていいのやら。


‘69 Super Bee はミッション載せ換えです。


イメージ 1


オリジナルの4速マニュアルから、TREMECの5速マニュアルへ。

クラッチも油圧にします。

まぁ、すんなりとは装着できません。

完成すれば、快適に乗れると思います。



‘51 Shoe boxに4LINK取り付け。

イメージ 2

イメージ 3


うちは、ここまでの仕事でした。



エンジンパーツにパウダーコート を施工。

イメージ 4


インテーク、オイルパン、タイミングチェーンカバー、ブラケット類は、

セミグロスブラックのパウダーコート 。

ポリッシュ部品のプーリー、バルブカバー、写ってませんがエアクリーナーは、

クリアのパウダーコート 。

ポリッシュ部品にクリアを施工すると少しくすむというか、

白っぽくなる感じでしょうか。

エンジンルーム内なのでそんなに気にはならないと思います。

オーナーにはOKをもらってますので問題なしです。

ただ手入れは楽チンです。



’66 C-10 の3台は無事に納車して楽しんでるみたいです。

イメージ 5


まだまだ手を入れる所はありましたが、少しずつやってくそうです。

これからが楽しみの3台です。


次回はFor sale 情報を書きます。







この記事に

色々と。

またまた、久しぶりです。

忙しくさせてもらってます。

パウダーコートの方も順調にやっおります。



1969年 Super Bee

ディスクブレーキの取り付けついでに、

足回りをすべてパウダーコートの依頼です。


イメージ 1


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7



マスターシリンダーは最高ですね。

イメージ 2




車両持ち込みでもパウダーコートは対応しますので、

ご相談下さい。

うちでディスクブレーキキットの取り付けの場合は、

マスターシリンダー、ブラケット、ローターなどは、

パウダーコートで塗装します。



バイクのフレーム、パーツなどを、パウダーコートのリンクル(結晶)塗装で施工。


イメージ 3


イメージ 4



パウダーコートは、最高ですね。

下回りなどには、最適です。

ウレタンの塗装よりも、はるかに強いですから。

では、また書きます。

この記事に

ご無沙汰です。

かなり久しぶりの更新です。

もう何から書いていいのやら。

おかげさまで、バタバタと仕事させてもらってます。

パウダーコート も順調に施工しております。


イメージ 1

イメージ 2



ロードランナーは、車両持ち込みでホイールの色変え。

もちろんパウダーコート です。

赤から黒へ。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5



車両持ち込みでも対応できますので、ご相談下さい。



他には、C-10が3台。

イメージ 6


しかもすべて66年。

2台ショートで、1台ロング。

中々、3台も入庫する事はないです。

3台とも、アメリカより入れました。

すべてSold Out。

ショートの1台はエアサス組んで、A/C入れたりなどして制作しました。

制作過程は、次回にでも書きます。

もう1台のショートはエアサス入りで輸入したので、点検整備したぐらいです。

とりあえず納車してちょっとずつカスタムしていくみたいです。

残りのロングは、アメリカから来たばっかりでまだ何もやってません。

これはエアサスなしの車両。

パワステ付けて、ブレーキをカスタムします。


他にも何台か同時進行してます。

書くネタはいっぱいあるので、出来るだけ書くようにしますので、

また覗いてください。







この記事に

臨時休業。

12月3日は、Hot Rod Custom Show 2017 に参加する為

臨時休業です。


イメージ 1


今年は、GRACIOUS PICKUPSが1959〜1987のエルカミーノなので、

そちらに1台エントリーしてます。

イメージ 2

イメージ 3


今回は内装関係に少し手を加えてのエントリーです。

外観は4年前に作ったそのままです。


エントリーの場所は、

イメージ 4


メインゲートを入って、すぐの所です。

とんでもなく良い場所で、ありがたいです。


では参加される方は、会場で。

この記事に

パウダーコート

今回は新たに導入したパウダーコートについて書きます。

以前より導入を考えておりまして、

やっと施工できるようになりました。

まぁ、色々と準備が大変でしたね。

知識もなんとなく知ってるだけだったので、

導入するまでに勉強しておりました。


この乾燥機がない事には始まりませんでした。

イメージ 1


内寸で横幅1800mmあるので、そこそこの物は大丈夫です。

リアエンド、フロントアクスル、バイクのフレームなどなど。


お店にあった中古品なんかを施工してみました。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


ほぼ新品のようになります。

結局は下地が大事なんです。

部品によっては、専用のプライマーを塗ってから仕上げますので

少し高くなりますが仕上がりはバッチリです。

もちろん工業用のパウダーコートとは違います。

パウダーコートには色々あるのでお気を付けください。


リンクル(結晶)塗装もパウダーで出来ます。

イメージ 7

イメージ 8




そしてキャンディーも。

ワイヤーホイールのリムの部分に施工しました。

イメージ 9



カラーも各種、取り揃えてます。

値段の方ですが、ホイールで\20,000-~、

コイルスプリング¥8,000-~です。

もちろん下地も込の値段です。


色々とご相談にはのりますので、

お気軽にお問い合わせください。


LAVISH
tel 06-6866-5651
mail info@lavish-ac.com


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事