ここから本文です
Yukky's ワールドウォッチング
台湾記事200達成。掲載写真10761枚。

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 台湾・中国・韓国の人たちは手軽に漢方を購入する。医食同源の国だからというのもあるが,迪化街

(ディーホアジエ)のような漢方専門の市場があり(写真1番目),一般人が安く購入できるという好環

境が影響している。漢方は動物系,植物系と大きく分かれるが,前者は数が豊富だが値段は台湾といえど

も高価である。後者は種類・量ともにふんだんで,しかも安い。店によって値段の差はあるが,どの店も

種類は豊富で,どこで何を買ったらよいか迷うが,台北の人たちはたぶんひいきにしている店があり,そ

こで買っているのだろうと思う(写真2〜3番目…漢方といっても茶なども含む)。

 迪化街は漢方薬市場とはいっても,南部は漢方薬店が多いのに対し,北部はドライフルーツなど乾物店

が漢方薬店を兼ねていたりする。地元民だけでなく観光客も多いが,とりわけ日本人は多いようだ。日本

人には日本語で話しかけてくる。それも一番人気は「カラスミ」で,連呼されることもしばしばである。

しかし実際問題,ふだん日本人はカラスミを頻繁に食べるものだろうか。「カラスミ安いよ!」と言われ

ても多くの人は困ってしまうだろう。他のもの目当てで来ても,向こうには「カラスミ」しか頭にないよ

うだ。それだけ利益がいいのだろう。漢方に興味のない人でも,見るだけでも面白く,鹿の角や乾燥のナ

マコなど動物モノは見てて飽きない(写真4番目…これを煎じるのだろうか?)。ドライフルーツもさま

ざまなものがあり,しかも安いので買っていっても損はない。ドライフルーツで美味しいのはマンゴーで

ある。日本で売られているフィリピンマンゴーではなくアップルマンゴーは質感があり,味も濃厚で,値

段は倍位するが買う価値は充分にある。この味も病み付きになる。なぜか北海道のコンブがあったり(写

真5番目),日本の食材が売られていて(写真6番目),写真を見る限り台湾とは思えないが,紛れもな

くここは迪化街である。



この記事に

  • 顔アイコン

    随分いっぱい日本食売ってるんですね〜。ここだけ見るとホント日本かと思いますね。
    鹿の角って、何度も生えるんですか?細いから生えたら切り、生えたら切りしてるのでしょうか・・・(-_-)。

    mihi♪

    2007/6/14(木) 午後 11:54

    返信する
  • 顔アイコン

    すっげ!!鹿の角!!何にきくのだろう☆
    麺が多いね^^日本の麺はおいしいのだ♪(・ω・)ノ。

    [ - ]

    2007/6/15(金) 午前 0:20

    返信する
  • >mihiさん 日本ではありませんよ。正真正銘、台北市内のとある店先です。

    yukky

    2007/6/15(金) 午前 6:16

    返信する
  • >おれんじさん 鹿の角っていうだけで何にでも効きそうです。台湾の麺はうどんっぽいのですが、讃岐のようにコシはありません。誰がどのように食べているのか興味ありますね。

    yukky

    2007/6/15(金) 午前 6:19

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事