Yukky's ワールドウォッチング

【New!】8月3日をもって終了しました。

韓国(大韓民国)(194)

[ リスト | 詳細 ]

手軽に行ける隣国韓国への誘いをトピックでまとめたソウル,プサン,チェジュ島,スウォンなどの見聞録!
記事検索
検索

全39ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

南大門市場(ナムデムンシジャン)では道が比較的広くなると,中央にも屋台が並ぶ。台を置いて商品を並べたものから,簡易的な屋根の付いた屋台(レンタルか?)まで,店のつくりはオーナーの都合と懐具合によって異なるが,限られた路上にたくさんの屋台が並ぶ。台湾の夜市でも,道路の中央に並ぶ屋台があり,どこかしら似ている。このような屋台は衣類や小物が大半を占めるが,とくに制限はないとみえて,食べ物の屋台もある。作り方を実演する手の込んだ屋台もあり,素通りするのがもったいないと思うこともある。【2019/7/30(火) 午後 7:16】

↓南大門市場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/07/58550507/img_12
   
↓屋根なし屋台
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/07/58550507/img_0

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/07/58550507/img_1

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/07/58550507/img_2

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/07/58550507/img_3

↓屋根付き屋台
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/07/58550507/img_4

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/07/58550507/img_5

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/07/58550507/img_6

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/07/58550507/img_7

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/07/58550507/img_8

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/07/58550507/img_9

↓食べ物実演系屋台
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/07/58550507/img_10

↓ポン テギはおまけ?
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/07/58550507/img_11

ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)
https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

開く コメント(0)

八達門市場を歩きまわり,午後1時を少しまわっていた。さすがに朝食が早かったこともありお腹がすいたので,スウォン名物のカルビが食べられる店を探したが見つからない。その代わり豚の専門店があったので,同じ肉だから仕方ないと思い入店した。「흑돈연가(フクトニョンガ/黒金恋歌)」という豚専門店で,もちろんメニューは豚肉料理だけ。日本人観光客は来ないとみえて(日本人はスウォンに来たらカルビを食べて帰るのがふつう),日本語メニューもなく,地元の人だけの店のようだ。メニューを見てもハングルだけで何が何だかわからず,豚の焼肉といえばサムギョプサルしか知らないので,口頭でそれを頼み,奥の冷蔵庫から勝手に韓国焼酎を出してきて飲むことにした(台湾でも韓国でもこれは常識)。すぐに骨付きの豚ばら肉が運ばれてきたので焼いてサンチュに包んで食べたが,まずまずの味。付いてきた小鉢をつまみつつ,焼酎をグラスで飲みながら至福の時を過ごすことができた。いつも思うに,店にもよるが焼酎はだいたい中瓶という大きさで置かれている。ビールと違いアルコール度数も高いので,いつも半分は残してしまう。飲み切り用の小さなサイズのチャミスルでも置いてくれればいいのだが。【2019/3/17(日)午後8:43】
   
↓「흑돈연가」の店先
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/11/58478611/img_0

↓中瓶の焼酎
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/11/58478611/img_1

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/11/58478611/img_2

↓店のメニューはハングルのみ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/11/58478611/img_3

↓骨付き豚ばら肉登場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/11/58478611/img_4

↓はさみで切って焼いているところ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/11/58478611/img_5

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/11/58478611/img_6

↓小鉢やスープ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/11/58478611/img_7

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/11/58478611/img_8

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/11/58478611/img_9

↓店内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/11/58478611/img_10

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/11/58478611/img_11

ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif
にほんブログ村(文字をクリック)

開く コメント(0)

勤政殿の西側を見て,裏側にある千秋殿の前を通って,風光明媚な慶会楼(キョンフェル)に向かう。慶会楼は王室の重要な宴会や外国使節との接待に使われた建物で,秀吉の朝鮮侵攻の際に焼失し,現在の建物は1867年に建てられたもので国宝に指定されている。手前の池,後方の北漢山とセットでインスタ映えする場所である。次に勤政殿の裏側(北側)に向かう。康寧殿(カンニョンジョン)は国王の寝室のあった建物で,国王の生活の舞台。日本植民地時代に撤去されたが,1994年に復元された。【2019/3/2(土)午後2:15】

↓千秋殿の前を通って慶会楼へ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/17/58467217/img_0

↓慶会楼
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/17/58467217/img_1

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/17/58467217/img_2

↓北漢山を背にした慶会楼
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/17/58467217/img_3

↓千秋殿の裏側
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/17/58467217/img_4

↓康寧殿
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/17/58467217/img_5

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/17/58467217/img_6

思政殿(サジョンジョン)は,国王の御前会議に使われた建物。実際の執務もここで行われていた。慶成殿(キョンソンジョン)は康寧殿の付属の建物。最後に勤政殿の玉座を見て,景福宮を後にした。

↓思政殿
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/17/58467217/img_7

↓慶成殿
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/17/58467217/img_8

↓思政殿,慶成殿周辺
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/17/58467217/img_9

↓思政門
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/17/58467217/img_10

↓勤政殿内部
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/17/58467217/img_11

↓勤政殿にある玉座
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/17/58467217/img_12

↓光化門の前に立つ衛兵
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/17/58467217/img_13

↓チマ・チョゴリをレンタルして宮内をまわることもできる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/17/58467217/img_14

↓幾度となく焼失・再建され,2010年に公開された光化門
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/17/58467217/img_15

ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif
にほんブログ村(文字をクリック)

開く コメント(0)

いよいよ興礼門(フンネムン)から入場する。5回目のソウルにして一番メインの観光名所に入場した。門を潜ると石畳の道がしばしあり,まもなく勤政門(クムジョンムン)に到達する。そこを潜ると,広々とした石畳の広場に出る。この広場で朝鮮王朝時代には各種イベントが開かれた(韓国時代劇でも頻繁に登場する場所である)。真正面には,正殿である勤政殿(クムジョンジョン)が建っている。韓国では最も大きい木造建築物と言われている。この日は暑い日だったが,宮殿内は日陰がほとんどなく,回廊でしばし休んでいる人も多かった。帰りに真正面の道を通ることとし,向かって左側の回廊沿いに進むこととした。【2019/2/9(土)午後0:57】

↓興礼門から入る
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/74/58449374/img_0

↓勤政門まで進む
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/74/58449374/img_1

↓勤政門
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/74/58449374/img_2

↓勤政殿
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/74/58449374/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/74/58449374/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/74/58449374/img_5

↓勤政門と回廊
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/74/58449374/img_6

↓勤政殿(左)と勤政門(右)のパノラマ(クリックで拡大)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/74/58449374/img_7

↓勤政殿を向かって左手から見る
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/74/58449374/img_8

ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif
にほんブログ村(文字をクリック)

開く コメント(0)

「景福宮(キョンボックン)」は朝鮮王朝創始者イ・ソンゲが1395年に建てた王宮(正殿)だ。その後秀吉による朝鮮出兵等の焼失で,離宮の昌徳宮(世界遺産)が正殿に使用されるようになり,19世紀までは放置された状況だった。再建が開始されても大日本帝国による統冶が始まり,光化門と興礼門との間の敷地には旧朝鮮総督府が建てられ(取り壊される1996年まで国立中央博物館として使用),復元工事もなかなかはかどらなかった。21世紀に入って急速に,国による建物の復元工事が進み,工事の終わる2030年(予定)には約400近い建物が復元される予定である。その「景福宮」には興礼門の前まではかつて2回行っているが,興礼門から先(入場チケットが必要)は5回目のソウルにして初めて入場することになった。光化門前の世宗大路はかつては片道8車線の大きな通りだったが,中央に公園ができたため片道5車線に狭められた。【2019/1/13(日)午前9:17】

↓復元された光化門(正門)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/61/58424961/img_0

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/61/58424961/img_1

↓光化門前の世宗大路
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/61/58424961/img_2

↓光化門と興礼門の間のスペース(かつて旧朝鮮総統府があった)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/61/58424961/img_3

↓興礼門から光化門を見る
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/61/58424961/img_4

↓午前11時に行ったので,「把守儀式」が執り行われていた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/61/58424961/img_5

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/61/58424961/img_6

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/61/58424961/img_7

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/61/58424961/img_8

↓入場チケットを購入して興礼門に向かう
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/61/58424961/img_9

ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif
にほんブログ村(文字をクリック)

開く コメント(0)

全39ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事