ここから本文です
新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!http://www.denchi-pc.jp/

書庫全体表示

本命は2020年モデルとの観測がもっぱらですが


イメージ 1


アップルが2019年の秋にも3種類のiPhone新型モデルの発売を予定しているとの噂を、米Wall Street Journalが報じています。

事情に詳しい関係者によると、2018年と同様に2つのOLED(有機EL)モデルとLCDモデル1つの構成になるとのこと。新たなカメラ機能も導入され、ハイエンドモデルでは背面に3つのカメラ、ほか2つの機種ではデュアルカメラが採用されるとの観測も伝えられています。
ここで言うハイエンドモデルとは、iPhone XS Maxの後継機。そして他2つの機種はiPhone XRとiPhone XSの後継モデルとされています。

そしてiPhone XS Max後継機は背面カメラが2つからトリプルカメラ、iPhone XR後継機はシングルからデュアルに、iPhone XS後継機はデュアルのまま据え置き。この噂が正しければ、2018年モデルの「iPhone上位2機種(XSとXS Max)は、画面サイズ以外は全く同じ仕様」からの方針変更となります。

また、今回の報道はiPhone XR後継機、つまりLCDモデルの継続を意味するもの。iPhone XRはたびたび生産予定の切り下げが報じられており、その不人気が年初のアップル業績予想下方修正の主な要因とみなす向きもあります。それでもLCDモデルを投入するのは、数ヶ月前から発売が計画されており、簡単には変更できないから−−といった情報筋の話も伝えられています。

一部の情報筋によれば、アップルは2020年にはLCDモデルを廃止して、OLED(有機EL)への統一を検討しているとのことです。米アップル関連情報サイト9to5Macは、LCDからOLEDへと移行する際のコストアップを相殺するために、3D Touch関連の部品を削減する可能性もあると指摘しています。

2019年モデルの製品計画は主な仕様を簡単には変更できない段階まで進んでいるものの、完了はしていないとのこと。その一方、2020年モデルの計画は初期段階であり、変更される可能性も十分にありうるとされています。

この件につき、アップルはコメントを控えたと報じられています。

2019年のiPhone新モデルが背面トリプルカメラを採用するとの噂は今回が初めてではなく、数日前に予想レンダリング画像が公開されていました。

昨今のスマートフォンユーザーがカメラ機能を重視するなかで、アップルがiPhoneをそちらの方向で強化を図るのは自然な流れとは言えます。有名アナリストのMing-Chi Kuo氏も、iPhone XRの売上不振につき「デュアルカメラが求められている」などの要因を挙げていました。

2019年モデルは次世代Wi-Fi規格「Wi-Fi 6」もサポートか
さらに英バークレイズのアナリストは、iPhoneの2019年モデルに次世代Wi-Fi規格「Wi-Fi 6」がサポートされるとの予測を発表しています。

Wi-Fi 6とは802.11axとも呼ばれ、理論上最大伝送速度が9.6Gbpsものスピードや、コンサート会場など稠密な環境での性能改善、電力効率の向上によるバッテリー効率の改善といった仕様が織り込まれたものです。

アップルはiPhoneの5G対応も2020年まで見送ると噂されるなど、その前に置かれる2019年モデルは様々な意味で繋ぎと見られています。そんななかで、どれだけの革新的な機能が盛り込まれるのか、逆に興味深いかもしれません。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事