ここから本文です
マジカル・ミステリー”ミュージック”ツアー
60年代から80年代の洋楽・邦楽を中心に綴ってます。。。

書庫全体表示

近年、埋もれた名盤を続々と発掘し、一部音楽ファンを喜ばせ続けてくれている"Tower To The People×Light Mellow's Picks"タワーレコード独占販売復刻シリーズ。

音楽ライターでAORマスターの金澤寿和氏による<Light Mellow's Picks>シリーズとタワーレコードの復刻シリーズ<Tower To The Peopleタワレコ良盤発掘隊>のコラボ企画で、良質なサウンドを復刻し続けてくれています。

2012年07月25日にリリースされたミルキー・ウェイの唯一のアルバム「サマータイム・ラブ・ソング」もそんな1枚でした。

【The Milky Way / Summertime Love Song (1979)】
イメージ 1
【収録曲】
1. 夏の日の恋 Percy Faith Orchestra「A Summer Place」カヴァー
2. 波 Antonio Carlos Jobim「Wave (Vou te Contar)」カヴァー
3. サーフィン・サマー(浜辺のサンバ) Natalie Cole「La Costa」カヴァー
4. ハーバー・ライツ Boz Scaggs「Harbor Lights」カヴァー
5. 白い波 (出門英、渡辺貞夫作)アストラッド・ジルベルトもカヴァー 
6. ジャマイカ・ムーン Nick DeCaro(Stephen Bishop、Leah Kunkel作)「Under The Jamaican Moon」カヴァー
7. ひとりぼっちの渚
8. サマー・タイム・ラヴ・ソング
9. 限りなき夏

【メーカーインフォ】
"Tower To The People×Light Mellow's Picks"タワーレコード独占販売復刻シリーズ。遂に初CD化!研ぎ澄まされたジャズ・イディオムをベースに適度なブラジリアン・テイストと絶妙のシエスタ感覚を溶かし込んだ奇跡のサマーAOR傑作!松田聖子のアレンジなどでも有名な信田かずおと松下誠の師弟コンビが結成したミルキー・ウェイ唯一のアルバム(1979年発表)。ナタリー・コール「LA COSTA」をカヴァーした「サーフィン・サマー(浜辺のサンバ)」やニック・デカロが自身のアルバムの1曲目で取り上げた名曲「ジャマイカ・ムーン」、ボズ・スキャッグスの「ハーバー・ライツ」、A.C.ジョビンのボサ・スタンダード「波」までを都会的、かつ洗練された感覚と高度なテクニックにより大人のためのメロウ・グルーヴに昇華している。ジャケット写真は浅井慎平で、あの日の夏の気分に浸れる演出もバッチリ。和製『イタリアン・グラフィティ』(ニック・デカロのAOR名作)は決して言い過ぎでは無い。


ミルキー・ウェイは、ヤマハ音楽振興会が運営していたネム音楽院の師弟関係であった信田一男(kyd,vo)と松下誠(g,vo)という、敏腕スタジオ・ミュージシャンによるユニットで、因幡晃のツアー・バンド・メンバーだった信田一男がネム音楽院で講師をしていた際の生徒であった松下誠をバンドメンバーに誘ったのをきっかけとして、このアルバムのために組まれたユニットでした。

信田一男は、松田聖子、桜田淳子、ダ・カーポ等のアレンジ、さだまさしのツアーではキーボードを長年担当、松下誠はAB'S、ソロとしての活動をはじめ、徳永英明、八神純子のツアーメンバー、そして数々のセッション、プロデュースを行うなど、ふたりとも日本の音楽界を支えてきた重要人物であり、唯一のアルバムとなった”洋楽を日本語でカバーする企画”として誕生したアルバム「サマータイム・ラブ・ソング」では、ジャズ、ボサノヴァ、AOR等、センスの良い音楽を聞かせてくれています。

まずは永遠のAORマスター、ニック・デカロが名盤「イタリアン・グラフティ」で取り上げたUnder The Jamaica Moon/ジャマイカ・ムーンをご紹介します。

The Milky Way / Under The Jamaica Moon
日本語訳詞:三浦徳子 アレンジ:信田一男

メロウなサウンドとハーモニーが心地よく響きます♪

もう1曲、ナタリー・コールの「LA COSTA」をカヴァーした「サーフィン・サマー(浜辺のサンバ)」をご紹介します。

The Milky Way / サーフィン・サマー(浜辺のサンバ) 「La Costa」
日本語訳詞:藤公ノ介 アレンジ:信田一男

このアルバムには、ヤマハ人脈のアーティストがしており、特に東北新幹線を結成する、ギタリストの鳴海寛と山川恵津子、そしてサックスの清水靖晃の参加が目につきます。

1曲目に収録されているパーシーフェイス・オーケストラでお馴染みの「夏の日の恋/A Summer Place」のカバーも素晴らしい出来です。

アルバムのジャケットには浅井慎平の写真を使用。
オリジナルLPには片岡義男書き下ろしのショート・ストーリー「サマー・メモリーズ」を掲載と、音楽だけではなく、トータル・コーディネイトとされたアルバムとなっていました。
残念ながら権利の関係上、復刻CDには片岡義男のショートストーリーは未掲載となっているのが少し残念です。

「幻の名盤」と呼ばれ、松下誠のデビュー盤と言うこともあり、中古市場ではオリジナルLPの買い取り価格も7,000円と高額化していただけに、こうした復刻は実に嬉しい限りです。

夏が近づくと、こういう音楽がついつい聞きたくなってしまいます♪

  • 顔アイコン

    これは心地よいサウンドですね^^

    大人な感じの落ち着いた雰囲気が最高です^^

    ジャケットもクールで素晴らしいです^^

    [ ゴールド ]

    2014/5/25(日) 午後 1:02

    返信する
  • ナタリー・コールの声、好きです。
    15年くらい聴いてないなぁ。
    久しぶりにほじくりだして聴こうかな〜

    kuriyanonushi

    2014/5/25(日) 午後 1:32

    返信する
  • ゴールドさん!
    コメありがとうございます。

    とても心地良いサウンドが展開されていてご機嫌なアルバムです♪
    浅井慎平さんのジャケットも素敵です(^^♪

    you

    2014/5/25(日) 午後 5:45

    返信する
  • くりやのぬしさん!
    コメありがとうございます。

    ナタリー・コール、素晴らしいシンガーです♪
    私も久しぶりに歌声が聞きたくなりました(^^♪

    you

    2014/5/25(日) 午後 5:47

    返信する
  • とにかく、お詳しいですねこの時期は何故か「海風」ばかり聴いてます(笑)(^ω^)…このアルバムも定番曲のナイスなカバーですよねオリジナルは全部知ってるから、楽しみ倍増です

    [ なにわの野良犬 ]

    2014/5/25(日) 午後 7:09

    返信する
  • なにわの野良犬さん!
    コメありがとうございます。

    「海風」もこの時期いいですねぇ♪
    私も聞きたくなってしまいます(^^♪

    このアルバムも定番曲が多く、素晴らしいアルバムです。
    オリジナルを知っていると、確かに倍楽しめますね(^O^)//

    you

    2014/5/25(日) 午後 10:23

    返信する
  • おはようございます(*^_^*)

    これからの季節に似合うアルバムですね。

    こういうの好きです♪
    まったく古さを感じない、逆に新鮮です。

    タワーレコードのこのシリーズ要チェックですね(^o^)丿

    月輝(めぐみ)

    2014/5/26(月) 午前 6:09

    返信する
  • 月輝さん!
    おはようございます。

    これ素敵でしょう♪
    今でも通用する、古さを感じさせないサウンドですね(^o^)/

    タワレコの復刻は要チェックです(^^;;

    you

    2014/5/26(月) 午前 8:04

    返信する
  • 顔アイコン

    東北新幹線買っておけば良かったです。最近あまり見かけませんね。

    [ FUSION SOUL ]

    2014/5/26(月) 午後 10:26

    返信する
  • AOR9957さん!
    コメありがとうございます。

    東北新幹線、去年、タワレコで再発されていたような。。
    タワレコ新宿店に確かありましたよ!

    you

    2014/5/26(月) 午後 10:52

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事