ここから本文です
マジカル・ミステリー”ミュージック”ツアー
60年代から80年代の洋楽・邦楽を中心に綴ってます。。。

書庫Buster

ビートルズと同じリバプール出身の平均年齢17才の4人組グループ「バスター」
1976年に、「すてきなサンデー」でイギリスデビュー。翌年「すてきなサンデー」で日本デビューを果たしました。
ベイシティ・ローラーズに次ぐ洋楽アイドルとして日本でも大人気でした。
そんなバスターの魅力をご紹介します。
記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 前のページ ]

1970年代後半、ベイ・シティ・ローラーズ等と人気を二分したバスター(Buster)。

【ザ・ミュージック 1977年7月号より】
イメージ 1

ここ数年、出ると噂されていたベストCD&新曲が遂にリリースされることとなりました!
貴重な情報をご提供頂いたブロ友の♪イッコ♪さん!
ありがとうございました!


【メーカーインフォ】
ベイ・シティ・ローラーズ等と共に一世風靡した70年代の洋楽アイドル、バスター。
そんな彼らの新旧ヒット・ナンバーをCD2枚組にコンパイル。
懐かしの名曲と再結成の新作で辿る、70年代洋楽アイドル「青春の足跡」
過去の名曲を集めたディスク1(BEST SIDE)には、オリジナル・アルバムからの曲やアルバム未収録シングルに加え、今まで未CD化だったナンバー2曲を含む全21曲を収録。
ディスク2(NEW SIDE)には、32年ぶりにオリジナル・メンバー4人が集まって行われたニュー・レコーディング全10曲を収録。

デビューから今年で38年を迎えた彼らの“軌跡”が楽しめる2枚組。

「懐かしの名曲と再結成の新作で辿る、70年代洋楽アイドル“青春の足跡”」
バスター「バスターの軌跡/ベスト&ニュー BUSTER "Best & New"」

イメージ 2

◎CD2枚組、紙ジャケット仕様、初CD化ナンバー2曲収録
◎2014年24ビット・リマスタリング

DISC-1 (BEST)
1. Sunday (a)
2. Salt Lake City Silver Gun (d)
3. She's My Girl (a)
4. I'm A Fool (a)
5. Beautiful Child (d)
6. Who Told You (d)
7. Daybreak (a)
8. Love Rules OK (a)
9. Pretty Legs (a)
10. Gotta Move Like Yesterday (c)
11. Don't Stop The Music (b)
12. Judy (b)
13. Dance With Me (b)
14. Too Good to Last (b)
15. Twist & Shout (a)
16. If It's Love (b)
17. But If It Happens (b)
18. The King Will Come (c)
19. She Ain't My Baby (d)
20. Born To Be Wild (c)
21. Interview with Buster (e)

(a) 『すてきなサンデー』収録
(b) 『夢みるバスター』収録
(c)『青春に拍手/バスター・ライヴ』収録
(d) アルバム未収録シングル
(e) 『青春の日記帳/バスター・ベスト・コレクション』収録

DISC-2 (NEW)
1. Here Comes The Bride
2. Juliette
3. Here & Now
4. Ain't No Right Time
5. Carousel
6. Wish I Was Young Again
7. For Absent Friends
8. Fate Steps In
9. Empty Bottles
10. Rock & Roll Girl

*メーカー初回特典:バスターの8センチCDシングル「すてきなサンデー」(非売品)ご予約/ご購入いただいたお客様に先着順で、バスターの8センチCDシングル「すてきなサンデー」(非売品)をもれなくプレゼント。
先着限定のため賞品がなくなり次第キャンペーンは終了させていただきます。


2008年にオリジナル・アルバム2枚とライヴ・アルバムが初CD化され、バスター人気が再燃、その流れで新曲&ベストがリリースという話が浮上したものの、その後、新たな情報がなく心配していたのですが、しっかりとレコーディングが進められていたようです♪

【バスター・ファースト・アルバム】
イメージ 4

ザ・ミュージック 1977年7月号より。。当時の人気がわかります。
イメージ 3

今回は、以前も紹介させて頂きましたが、バスターの代表曲「すてきなサンデー」とファースト・アルバムに収録されていた「アイム・ア・フール」をご紹介します。

【Buster - Sunday (1977)

【Buster - I'm A Fool (1977)】

中学生の頃、リバプール出身バンドということで、ビートルズ好きの私は夢中になって聴きました。。(ファースト・アルバムではポールの「あの娘におせっかい」をカヴァーしています。)

イメージ 5

「バスターの軌跡/ベスト&ニュー」 のリリースが待ち遠しいです。。
ぜひ、来日してほしいグループです♪

1976年5月、「Sunday / すてきなサンデー」でデビューしたポスト・ベイシティ・ローラーズと言われたバスター。
デビュー曲は全英チャート46位と、まずますのヒットとなりました。

【バスター来日記念ポエム&写真集より】
イメージ 1

日本デビューは1977年3月25日でしたが、ビートルズと同様、イギリスのリバプール出身ということもあり、デビュー前からラジオでのオンエア、音楽雑誌でのグラビア登場と、注目度も非常に高かったグループでした。

【音楽専科1977年4月号のグラビア 日本デビューの頃です。】
イメージ 2

1977年4月号の音楽専科では、「第2のローラーズを狙う華麗なるグループたち」という記事が掲載され、フリントロック、ハロー、ベイビーズ、チャイルドなどとともにバスターが大きく紹介されていました。

イメージ 3

イメージ 4

デビュー曲「素敵なサンデー」は、洋楽チャートで1位を獲得、ラジオの洋楽チャート等でも1位を獲得するなど、日本で大ヒットとなり、バスターは一躍ティーンエイジャーに名前を浸透させました。

【日本で人気の高かったロブ・フェンナ】
イメージ 5

【ベースのケヴィン・ロバーツ】
イメージ 6

「素敵なサンデー」に続き翌月の1977年4月25日には、日本でファースト・アルバム「バスター」をリリース。
翌5月1日には、アルバムからのシングル・カットとなったセカンド・シングル「恋はOK! / Love Rules)/フー・トールド・ユー」が発売されました。

イメージ 7

【Buster - Love Rules - 1977】

爽やかなアコースティック・サウンドとコーラスがとても特徴的で、イギリスらしい気品を感じさせるサウンドです♪

この「恋はOK」も日本の洋楽チャートでは、ベスト10に入るヒットとなり、日本でのバスター人気は爆発してゆくこととなります。。

2013年、本国イギリスで初となるベストアルバム+新曲のリリースが予定されているというバスター。
今年も残り3カ月弱となりましたが、嬉しいニュースを期待したいです♪

ビートルズと同じリバプール出身の平均年齢17才の4人組グループ"バスター"。
1976年に「すてきなサンデー」でイギリス・デビュー。翌1977年3月、日本でもデビューを果たしました。

イメージ 1

当時、ビートルズにハマっていた私は、”リバプール出身の新しいバンド”ということで興味を抱き、デビュー曲「素敵なサンデー」を聴き、即、ファンになってしまいました。

【Sunday / Buster】

この「すてきなサンデー」は、日本の洋楽チャートでも瞬く間に上昇し、FMの洋楽ベスト10番組でも1位を獲得するなど、日本における人気もデビュー時から爆発していました。
デビュー1カ月後の1977年43月には、既にイギリスでリリースされていた1stアルバムが日本でリリース。この年の9月に2ndアルバム、そして12月には初来日公演が実現、熱狂的に迎えられました。

当時、来日を記念し、全90ページ近い「ポエム&写真集」も発売。
私も購入しています(笑)。

イメージ 6

イメージ 7

メンバーのプロフィールも掲載されています。
メンバーのひとり、ロブ・フェンナーは好きなグループとして「ウィングス、ビートルズ」を挙げています。

イメージ 8

ポエム&写真集というだけあって、随所にポエム?がちりばめられています。。

イメージ 10

こちらは裏表紙。

イメージ 9

アルバムリリースに合わせて、楽譜も発売されています。

イメージ 11

楽譜にもグループのストーリーやメンバーのプロフィールが掲載されています。

イメージ 12

こちらはギターのピートのプロフィール。。
イメージ 13

私もギターを始めて間もないころだったと思います。。
よく楽譜を開いては、「すてきなサンデー」を弾いていました♪

そんなバスターが来日直前の1977年11月に来日記念盤としてリリースしたのが、4枚目のシングル「ビューティフル・チャイルド」でした。

イメージ 2

【Beautiful Child / Bustar】

自信みなぎる良質なパワーポップ。。
実にイギリスのバンドらしいサウンドだと思います。。。

「ポエム&写真集」には来日日程も記されています。。(消してある部分には、ファンクラブのTELが明記されています。)

イメージ 5

熱狂的に来日ツアーも終了し、次の活躍が期待されたバスターでしたが、1978年、レコード会社とのトラブル等により、表立った活動を停止。
1978年末にベストアルバムをリリース後、新曲がリリースされることなく1982年に解散してしまいます。。。
人気絶頂だっただけに残念でした。。

しかし熱心なファンのリクエストにより2008年に紙ジャケ仕様でオリジナルアルバム2枚とライヴ・アルバム1枚が日本でもCDとして初リリースされ、ファンを喜ばせてくれています。

イメージ 4

私は、ディスクユニオン特製ボックスセット付きのまとめ買いで購入しました(^^ゞ

イメージ 3

そして、このCDリリースがきっかけとなり、オリジナルメンバーが集結。
2013年には、本国イギリスでは初となるベストアルバム+新曲のリリースが予定されています!

詳細はまだ発表されていませんが、いまから心待ちにしています♪

最後に、当時の日本での人気が伺える動画をご紹介します。

【POP TEEN / ビューティフルチャイルド ハートで歌おう 伝説のチャンピオン】
*埋込み無効のためYouTubeでご覧下さい。必見です♪

懐かしさでいっぱいです(笑)。。。

1977年。。懐かしき日々の想い出。。。
ベイ・シティ・ローラーズが日本にタータンチェック旋風を巻き起こしていた頃、ビートルズと同じリバプール出身の平均年齢17才の4人組グループ「バスター」「すてきなサンデー」で日本デビューを果たしました。
イメージ 1
バスターは、すでに1年前の1976年に、「すてきなサンデー」でイギリスデビューし、イギリスやドイツでは、すでに高い人気を誇り、ツアーも大盛況だったようです。
 
当時すでにビートルズファンであった中学生の私は、リバプール出身というだけで興味を持ち、更に曲がとても良く、またたく間にバスターファンになり、アルバムも即購入してしまいました。
【 Sunday / Buster 】
当時、バスターは、デビュー直後に文化放送で「夢見るバスター」という30分のレギュラーラジオ番組を持つほど人気は凄まじく、TVでもよく見かけました。
 
77年の年末には初来日し、全国ツアーを行い、最終日の12月25日には、なんと武道館で昼夜2公演が行われています。
日本での人気が頂点に達したころ、森永チョコフレークのCMにも出演していました。
【 森永チョコフレークCM / Buster 】
ポップなスタジオ作品とは違い、ライヴでは、ウィっシュボーン・アッシュの「キング・ウィル・カム」をカヴァーするなど、ハードな1面も覗かせていました。
 
残念ながら、マネージャートラブル等により、3枚目のアルバム発表後、少しずつ日本に情報が入らなくなり、そのまま日本の音楽シーンから去ってしまいました。。。
 
それから、約30年が過ぎ、2008年、突如、バスターのアルバム全3枚が、奇跡の初CD化により蘇りました!
イメージ 2
 
しかも、ディスクユニオンは「まとめ買いボックス特典付き」ということで、懐かしもあり、「まとめ買い」させて頂きました!
イメージ 3
さすが、ディスクユニオン、丁寧なボックスの作りです♪
 
いまのようにインターネットもなかった時代。。。
音楽雑誌やラジオで情報を夢中になって集めた時代。。。
懐かしい想い出ですね。。
 
みなさんは、学生時代、何の音楽に夢中になりましたか。。

全2ページ

[1] [2]

[ 前のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事