itec_kawamuraの開発memo

itec_kawamuraの開発memoへようこそ。弊社からの案内、関心のある事項をメモ的に掲載しています。

Blog終了のお知らせ

ご訪問いただきありがとうございます。あまり更新しておりませんが、多忙にしております。
利用しておりますYahooブログのサービス終了に伴い、当ブログも今月末で終了いたします。
本年9月1日以降は、記事・コメントの投稿・編集ができなくなります。
本年12月15日以降は、ブログの閲覧ができなくなります。
他のブログサービスへの移行ツールも提供されておりますが、これを機会に終了させていただきます。
2006年1月にYahooジオログで開始し、2014年4月にサービス終了に伴い、Yahooブログへ移行しました。
勤務先の移動をまたいで継続してまいりましたが、よい機会と思っております。
Yahooブログ移行後の訪問者数がちょうど10万を超えたようです。
長期間にわたりお付き合いいただき、たいへんにありがとうございました。

QuarkXPress 2019(2)

QuarkXPress 2019がリリースされた。
Quark Storeにはまだアップされていない。
<追記>
新規は107,497円(1年Advantage付き)になる。
<追記>
Quark社は企業方針が全く変わり、多くの優秀な従業員が解雇されたという。
<追記:7/16>
QuarkXPress 2018 2019年7月アップデートが提供された。
バージョンは14.3.2となる。

CC 2020? のOSサポート

Creative Cloudの次期メジャーバージョンは、Windows 32-bitをサポートしないという。
Acrobatは引き続き、Windows 32-bitをサポートするという。
WWDCで次期OSが発表された。
macOS Catalina(10.15)は2012年Midモデル以降に対応する。
iPadOSはiPad Air2、iPad Pro、iPad第5世代、iPad mini 4以降に対応する。
iOS 13はiPhone 6以降に対応する。
iPadとiPhoneのOSが切り離された。マウスが使えるという。
iPadOSはiPadに最適化され、macOSと互換性が向上する。
それぞれ今秋に無償で提供されるという。
macOS Mojave 10.14.5アップデートが提供された。
バグフィックス、Security Updateを含む。新元号に対応した。
Security Update 2019-003 macOS High Sierra 10.13.6、Security Update 2019-003 macOS Sierra 10.12.6、Safari 12.1.1アップデートも提供された。
iOS 12.3アップデートが提供された。
<追記:5/18>
macOS Mojave 10.14.5アップデートを適用すると、Virtual Boxがインストールできなくなり、Oracleが調査しているという。
10.14.5でkertの仕様が変更されたためで、パーミッションを変更し、対処できるという。
<追記:5/26>
iOS 12.3.1アップデートが提供された。いくつかのバグフィックスを含む。
OracleはVirtual Box v6.0.8、v5.2.30で、macOS Mojave 10.14.5にインストールできない問題を修正したという。
Creative Cloudデスクトップアプリでのダウンロードは、最新の2バージョンまでに制限されるようになった。
正常に動作しない旧バージョンもダウンロードできて、トラブルの原因にもなっていた。
すでにダウンロード済みのバージョンの使用が制限されることはない。
ダウンロードページも最新の2バージョンになっている。
サブスクリプションへの移行時の案内内容の重大な変更となるが、きちっとわかりやすく案内がないのはどういうわけか。
いつでもインストールできるのというので、入れていない場合もあり、突然にというのはいかがなものか。
無理だろうが、バージョンアップサイクルの見直し、価格の見直し、旧バージョンの別途提供を求めたい。
<関連記事>
<直接ダウンロード>

QuarkXPress 2019

QuarkXPress 2019のPre-Infoが提供された。
2件のSneak Peekが提供されている。
QuarkXPress 2019は本年半ばのリリース予定という。
<追記:4/25>プレスリリース
<追記:5/9>
Sneak Peek 2件が追加された。
2018用のXTensionは2019と99%互換性があるという。

源ノ角ゴシック 2.001

源ノ角ゴシック 2.001が提供された。
Adobe-Japan 1-7に対応し、新元号のグリフが追加された。
<関連記事>
<追記>
Adobe Fontsに凸版文久体の5書体が追加された。
<追記:4/30>
Adobe Fontsの小塚明朝、小塚ゴシックのPr6NはAdobe-Japan 1-7に対応した。
フォント名に変更がなく、使用上注意する必要がある。

Adobe-Japan 1-7(2)

新元号用のコードは既に予約されている。
Adobe-Japan 1-7には新元号用にCID 23058(横2字)と23059(縦2字)が追加されており、U+32FFが予約されている。
Adobe Fontsの小塚明朝、小塚ゴシック、源ノ角ゴシックは4月30日までにアップデートされるという。
Pan-CJKは未定という。
<関連記事>
<追記:4/10>
源ノ角ゴシック 2.001が提供された。
Adobe-Japan 1-7に対応し、新元号のグリフが追加された。
<追記:4/30>
Adobe Fontsの小塚明朝、小塚ゴシックのPr6NはAdobe-Japan 1-7に対応した。
フォント名に変更がなく、使用上注意する必要がある。

macOS Mojave 10.14.4アップデートが提供された。
バグフィックス、Security Updateを含む。
Security Update 2019-002 macOS High Sierra 10.13.6、Security Update 2019-002 macOS Sierra 10.12.6、Safari 12.1アップデートも提供された。
Xcode 10.2アップデートも提供された。
iOS 12.2アップデートが提供された。
<追記:4/1>
Security Update 2019-002 macOS High Sierra、Security Update 2019-002 macOS Sierraが再度提供された。
以前のビルドから欠けていたいくつかのセキュリティ修正を復元するという。

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事