lcs_kawamuraの開発memo

lcs_kawamuraの開発memoへようこそ。弊社からの案内、関心のある事項をメモ的に掲載しています。
Photoshop CC(CC〜CC 2017)用のCamera Raw CC 9.12とDNG Converter 9.12が提供された。
新しいカメラ、レンズに対応し、機能の拡張、バグフィックスを含む。
DNG Converter 9.12はダウンロードサイトには無く、以下のサイトからダウンロードできる。
9.11は不幸な出来事の日にあたるためスキップしたという。
Lightroom CC 2015.12 (6.12)も提供された。同様に11はスキップされた。
モバイル版のLightroomも更新された。iOS版はブラシ選択ツールとディティール機能を追加、Android版はインターフェイスを一新している。

この記事に

開く コメント(0)

Java 8 update 141

OracleよりJava 8 update 141が提供された。
定例のSecurity updateになる。
クリティカルな脆弱性を解決している。
今月に予定されていたJava SE 9の正式リリースは延期されている。

この記事に

開く コメント(0)

Illustrator CC 2017.1(2)

Illustrator CCの次のアップデート(2017.2?)でOpenType-SVG Fontをサポートするという。
アップデートにはEmojiOneのようなColor Fontをバンドルするという。
Photoshop CC 2017はOpenType-SVG Fontをサポートしている。
<追記>
17日は世界絵文字デーになる。
次期のiOS、macOS等にUnicode 10.0に含まれる新しいカラー絵文字が追加されるという。

この記事に

開く コメント(0)

QuarkXPress 2017のアップデートが提供された。
バージョンは13.0.2となり、ユーザーがレポートした重大なバグを全て解決しているという。
<追記>
QuarkXPress 2017 – 2017年7月アップデートで、デフォルトのテストドライブ(試用版)が、3日間から7日間に変更された。従来通り申請により30日間へ延長できる。
<追記:7/21>
ユーザーの報告によると、macOS High Sierra betaでQuarkXPress 2016は問題なく動作するという。
ファイルシステムが変更されるが、問題は確認されていないという。

この記事に

開く コメント(0)

Adobe XDの今月のリリースはまだだが、引き続き更新が提供されるという。
MicrosoftからAdobe XD toolkit for Fluent Designが提供され、UWPアプリのデザインを開始できるようになった。
また、Apple Developerサイトで、Apple Designリソースの一部として、Adobe XDファイルが提供された。iOSアプリのデザインを迅速で容易に行える。
重要な新機能としてアセットパネルを開発しており、一部は次のリリースで提供されるという。
<追記>
Adobeは成長を続けている。
Adobeはこの2年で従業員を30%以上増やした。
更に、カリフォルニアとユタ州で新しいビルの建設を伴う5,000人の増員を行うという。
Microsoftは大幅な人員削減を行うという。

この記事に

開く コメント(0)

Brackets 1.10

先週末にBrackets 1.10が提供された。
UTF-8に加え、Shift-JISを含む40以上のエンコーデイングに対応した。
OS X 10.6でも使用できる。

この記事に

開く コメント(0)

macOS 10.13 High Sierraが今秋に提供される予定です。既にPublic Betaの提供が開始されています。
弊社製品のmacOS High Sierraのサポートは、現時点でInDesign CC 2015、2017用を対象とする予定です。
InDesign CC 2014以前は検証せず、サポート対象としない予定です。
正式には改めて案内します。
macOS High Sierraの次のバージョン(10.14?)では、32-bitアプリは動作しないことが発表されており、InDesign CS6等のCarbonアプリは動作しないことが予想されます。
ご希望、ご意見があればメール、コメント等でお知らせ下さい。

この記事に

開く コメント(0)

本日迄に、ローヤル企画への業務の移管は終了しております。ご協力、ありがとうございます。
バージョンアップの郵便振替用紙に、株式会社エル・シー・エス名の口座が記載のものは使用しないでください。
再発行致しますので、ご希望の場合はご連絡下さい。
当面、各製品等の表記が株式会社エル・シー・エス名のものが使用される場合があります。ご了承下さい。

この記事に

開く コメント(0)

GoldenEye

WannaCryの拡散に利用された、NSAのEtanalBlueを利用した、別のランサムウェアの大規模攻撃が再び発生しているという。
GoldenEyeと名付けられており、Office文書でも感染する恐れがあるという。
Windowsに最新の更新を適用しておくことで、回避できるようだ。
6月のPatch Tuesdayに合わせ、追加のWindows XP、8用のパッチが提供されている。同類の脆弱性に対処したもので、WannaCryの亜種の攻撃を防ぐという。
<追記>
感染の原因になったウイルスはメールの添付ファイルに仕込まれていたものだという。
会計ソフトの更新の仕組みが悪用されたとの情報もある。
複数の請求を装うメールが来ていたが、無条件で迷惑メールとした。日本語なのでGoldenEyeではないと思うが。
<追記>
ランサムウェアを偽装したマルウェアで、特定の相手のデータ破壊とアカウントの取得が目的のようだという。
<追記>
Microsoftからの最新情報が出ている。

この記事に

開く コメント(0)

QuarkXPress 2017の初のアップデートが提供された。
バージョンは13.0.1となり、初期版のバグフィックスになる。
QuarkXPress 2017で修正された問題をバックポートしたQuarkXPress 2016のアップデートが提供されるという。
QuarkXPress 2017はmacOS High Sierraに対応予定だが、QuarkXPress 2016は対応する可能性が高い。
QuarkXPress 2015はmacOS Sierraで問題が確認されており、macOS High Sierraに対応する可能性は低いという。
<追記>
日本語の「QuarkXPress 2017の既知の問題および解決済みの問題」も提供された。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事