itec_kawamuraの開発memo

itec_kawamuraの開発memoへようこそ。弊社からの案内、関心のある事項をメモ的に掲載しています。

イチロー引退

2001年5月に、InDesign 2のbeta campへの参加のために、シアトルへ行った。
InDesignの開発拠点があるAdobeのオフィスへ伺った。
何日か目に、日本からの参加者をマリナーズの試合へ招待してくれた。
イチローがMLB 1年目で十数試合の連続安打を続けている時期で、球場全体のイチローコールに驚いた。
その日も安打を打ち、その後数日続いたと記憶している。
対ホワイトソックスの入場券と名入りのお土産用のボールが手元にある。
その後も活躍を見守っていた。
昨日、引退が発表され、記者会見をネットで見たが、人間性があふれていた。
今後も何らかの形で我々を勇気付けてくれるのだろう。
ありがとうと言いたい。

この記事に

開く コメント(0)

macOS Mojave 10.14.3アップデートが提供された。
バグフィックス、Security Updateを含む。
Security Update 2019-001 macOS High Sierra 10.13.6、Security Update 2019-001 macOS Sierra 10.12.6、Safari 12.0.3アップデートも提供された。
iOS 12.1.3アップデートが提供された。
<追記:1/24>
iTunes 12.8.2アップデートが提供された。Windows版はSecurity Updateを含む。
<追記:2/8>
macOS Mojave 10.14.3追加アップデート、iOS 12.1.4アップデートが提供された。

この記事に

開く コメント(0)

Page 2019に出展します

弊社は、2月6日〜8日、池袋サンシャインで開催されるPage 2019に出展します。
私もブースにおります。お気軽にお声かけください。
<追記:2/9>
たくさんのご来訪、ありがとうございました。

この記事に

開く コメント(0)

Creative Cloudの価格改定が案内された。
2月9日以降の更新時から新価格が適用される。
グループ版は月額1,000円程度値上げするようだ。
 <追記>
個人版は2月12日以降の更新時から月額5,680円に値上げするという。
700円とは大きい。Quark社の二の舞とならなければいいが。
<追記:2/12>
CCデスクトップアプリが更新され、4.8.0.421になった。
トップメニューが変更されている。Security Updateを含む。
Adobeのホームページの価格表示はまだ変更されていない。
Photoshop CC 20.0.3、Illustrator CC 23.0.2アップデートが提供された。
Illustrator CCはCIDフォントの問題が解決された。次期メジャーバージョンではCIDフォントのサポートが終了する。
<追記:2/13>
Adobeのホームページの価格表示が変更された。
個人版のCCコンプリートプランは5,680円、グループ版のCCコンプリートプランは7,980円となった。

この記事に

開く コメント(0)

予告されていたAcrobat/Reader DC/2017のSecurity updateが提供された。
Importantな脆弱性でPriorityは2となっている。
バージョンは2019.010.20069/2017.011.30113/2015.006.30464となる。
末筆ながら、本年が皆様にとり、良い年でありますようお祈りいたします。
<追記:1/4>
脆弱性の重大度がCriticalに変更された。
<追記:1/9>
Flash Player (APSB19-01)、Digital Editions (APSB19-04)のSecurity updateが提供された。
<追記:2/13>
予告されていたAcrobat/Reader DC/2017のSecurity update (APSB19-07)が提供された。
バージョンは2019.010.20091/2017.011.30120/2015.006.30475となる。
Flash Player (APSB19-06)のSecurity updateが提供された。
<追記:2/22>
予告されていたAcrobat/Reader DC/2017のSecurity update (APSB19-13)が提供された。
バージョンは2019.010.20098/2017.011.30127/2015.006.30482となる。

この記事に

開く コメント(0)

当Blogへのご訪問、ありがとうございます。
業務移管より一定の期間が経過しましたので、当Blogのタイトルを変更させていただきました。
継続性と過去記事の維持のため、URLはそのままとなります。ご了承ください。
利用しているYahoo Blogは、本年春に予定されていたリニューアルが延期されました。β版テストが開始されていますが、現行Blogから継続されないため、切り替えていません。

この記事に

開く コメント(0)

2019年に発売されるCreative製品のメジャーリリースでは、CIDフォントに対する製品サポートが終了されるという。
モリサワNew CIDフォントはまだ提供されており、sfnt-CIDフォントになる。
Illustrator CC 2019 23.0.1でNew CIDフォントが認識されず、Adobeが調査している。New CIDフォントを利用しているファイルを開くとクラッシュする場合があるという。23.0に戻すか、CC 2018を使用すると回避できるという。
<追記:1/1>
さらば、CID フォント!

この記事に

開く コメント(0)

Office app for Windows 10

MicrosoftがWindows 10用のOfficeを発表した。
まもなく無償で提供され、現行のOfficeと互換性が保たれているという。
Windows 10への移行を促すためであろう。
<追記>
2018-12 x64ベースシステム用Windows 10 Version 1809の累積更新プログラム(KB4483235)が提供された。
<追記:1/9>
2019-1 x64ベースシステム用Windows 10 Version 1809の累積更新プログラム(KB4480116)が提供された。
<追記:1/23>
2019-1 x64ベースシステム用Windows 10 Version 1809の累積更新プログラム(KB4476976)が提供された。
<追記:2/13>
2019-2 x64ベースシステム用Windows 10 Version 1809の累積更新プログラム(KB4487044)が提供された。
<追記:2/14>
昨日の更新で以下の問題が確認されているという。
「この更新をインストールした後に、日本の元号名の最初の文字が省略形として認識されず、日付解析問題を引き起こす可能性があります。」
問題がある場合は、レジストリの変更を案内している。
<追記:2/22>
Windows 10用のOfficeの提供が開始されたという。
<追記:3/2>
2019-2 x64ベースシステム用Windows 10 Version 1809の累積更新プログラム(KB4482887)が提供された。
元号に関する問題は解決されたという。

この記事に

開く コメント(0)

QuarkXPress 2018 v.14.2が提供された。
<追記:12/18>
v14.2ではバグフィックスに加え、インド系の言語に対応したという。
Quark社はインドのチャンディーガルに大きな開発拠点を構えており、私も訪問したことがある。
<追記:19/1/28>
QuarkXPress 2018 v.14.2.1アップデートが提供された。
QuarkXPress 2018 – 2019年1月アップデートになる。
更新内容の情報は無い。
<追記:19/2/18>
QuarkXPress 2018 – 2019年1月アップデートの内容が公開された。

この記事に

開く コメント(0)

日本でもCreative Cloud価格が改定されるという。
来年1月9日に案内するという。
個人版コンプリートプランが2月以降の更新の際に月額300円程度値上げされるのだろうか。
<関連記事>

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事