lcs_kawamuraの開発memo

lcs_kawamuraの開発memoへようこそ。弊社からの案内、関心のある事項をメモ的に掲載しています。

LCS Plug-ins

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

macOS 10.14 Mojaveが米国時間9月24日に提供される予定です。
弊社製品のmacOS Mojaveのサポートは、現時点でInDesign CC 2017、2018用を対象とする予定です。
InDesign CC 2015以前は検証せず、サポート対象としない予定です。
Mojaveリリース後に最終的に検証して、改めて案内させていただきます。

この記事に

開く コメント(0)

Pr5Chk 2.0(2)

ご要望をいただき、InDesign CC 2018 Mac版用のPr5Chkを、弊社サイトでFreewareとして公開しました。
Pr5書体における文字置き換えテーブル改訂により影響を受ける文字のチェックを行います。
旧バージョンで作成した文書中で、文字化けが起きる可能性のある不正または不要な異体字属性がある部分を選択表示し、異体字属性を解除するか確認をします。
テキストボックスにシアー、文字にシャドウ(内側)か光彩(内側)が設定されていれば、テキストボックスを選択してアラートを表示します。
グラフィックセルにEPS画像が配置されている場合、選択してアラートを表示します。
SING外字が使用されていたら、アラートを表示します。

この記事に

開く コメント(0)

弊社のInDesign CC 2018用の各Plug-in製品を19日より提供開始します。
InDesign CC 2017用のPlug-inはInDesign CC 2018では使用できません。
※InDesign CC 2017年10月リリースという名称になるようですが、混同を避けるためフォルダ名の通りInDesign CC 2018とします。

この記事に

開く コメント(0)

弊社製品のmacOS High Sierra対応について案内しました。
InDesign CC 2017及びCC 2015用の弊社各Plug-in製品はmacOS 10.13 High Sierraでそのままご使用いただけます。
<追記:9/23>
InDesign CC 2017.1がmacOS High Sierra beta及びGMで、カーソルがおかしくなる現象が報告されています。
別記事をご参照下さい。

この記事に

開く コメント(0)

macOS 10.13 High Sierraが今秋に提供される予定です。既にPublic Betaの提供が開始されています。
弊社製品のmacOS High Sierraのサポートは、現時点でInDesign CC 2015、2017用を対象とする予定です。
InDesign CC 2014以前は検証せず、サポート対象としない予定です。
正式には改めて案内します。
macOS High Sierraの次のバージョン(10.14?)では、32-bitアプリは動作しないことが発表されており、InDesign CS6等のCarbonアプリは動作しないことが予想されます。
ご希望、ご意見があればメール、コメント等でお知らせ下さい。

この記事に

開く コメント(0)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事