lcs_kawamuraの開発memo

lcs_kawamuraの開発memoへようこそ。弊社からの案内、関心のある事項をメモ的に掲載しています。

LCS XTensions

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

弊社のXTension製品はQuarkXPress 10以降への対応版の提供を行っていません。
商品化できる市場性が見出せず、QuarkXPress 2017に関しても同様です。
QuarkXPress 10、2015、2016用のカスタマイズXTensionの開発には対応しています。
QuarkXPress 2017用のカスタマイズXTensionの開発にも対応可能です。
QuarkXPress 2016用のXTensionはQuarkXPress 2017では使用できません。

この記事に

開く コメント(0)

QuarkXPress 2015へ移植したXTensionを、QuarkXPress 10へ移植してみた。
Cocoa 32-bit nativeとなる。
開発環境はXcode 4.5.2を使用した。
Cocoa XIBはInterface BuilderでXcode 4.6用に変換する必要があった。
バージョンに依存する部分の修正が必要だが、ソースレベルの互換性は高い。

この記事に

開く コメント(0)

Mac版のXTensionをひとつ、QuarkXPress 9から2015へ移植した。
Cocoa 64-bit nativeとなる。
開発環境はXcode 5.0.2を使用した。
Carbon NIBからCocoa XIBへの変換ツールは無いので、Interface Builderでスクラッチで作成する必要がある。
UIのコントロールにはObjective-Cを使う必要がある。
QuarkXPress 2016で動作することも確認できた。
開発、移植作業の見当がつくようになった。

この記事に

開く コメント(0)

弊社製品ユーザー及びQuark社からの強い要望により、QuarkXPress 2015、2016用のXTensionの開発に対応することにしました。
弊社XTension製品のQuarkXPress 2015対応に関しては具体的な予定は決まっておりません。
QuarkXPress 2015用のXTensionはQuarkXPress 2016でもそのまま使用できる予定です。
QuarkXPress 10に関しては開発をスキップし、XTensionの開発は予定しておりません。

この記事に

開く コメント(0)

2015年9月30日でQuark社によるQuarkXPress 9のサポートが終了になります。
弊社ではQuarkXPress 9用のXTension製品の販売を継続しています。
QuarkXPress 9用のXTension製品には、QuarkXPress 8、6用のXTensionを同梱しています。
各XTension製品については当面サポートを継続します。
Quark社とはJapanオフィス開設前からの付き合いですが、Quark Japanにはあまり頼っていませんでした。
特にQuarkXPress 3及びQuarkXPress 8の日本語版の開発には深く関わり、思いはあります。
Quark Japanオフィスの閉鎖は、日本市場への取り組みが後退したものと考えます。
近年はエンタープライズ市場に力を入れていましたが、成果が出なかったようです。
QuarkXPress 2015、10用の弊社のXTensionパッケージ製品については、新規の開発は予定しておりません。
<追記>
QuarkXPressは従来通り株式会社ソフトウエアトゥーが国内の流通元になります。
また、Quark Storeでも購入できます。

この記事に

開く コメント(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事