itec_kawamuraの開発memo

itec_kawamuraの開発memoへようこそ。弊社からの案内、関心のある事項をメモ的に掲載しています。

QuarkXPress

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
QuarkXPress 14.0.1アップデートが提供された。
初期リリース以降のバグフィックス、macOSでフォントのサブメニューの復活、JavaScriptのいくつかの改善を含む。
OS X 10.10はサポートされていないが、いくつかの問題が確認されたため、OS X 10.10では動作しないようになった。
Quark Update 2.1.0.1も提供された。
<追記:8/1>
QuarkXPress 2018で日本語フォント名が英語表示される件は、14.0.1で修正された。
フォーラムで報告していたが、バグ登録され、修正の報告があった。
解決済みの問題にもリスト(#33203)されている。
<追記:8/11>
QuarkXPress 14.0.1は環境設定の変更中にクラッシュすることがある。
環境設定のフォント設定のデフォルト置換フォントのCJKフォントが空白の場合、設定すると回避できるという。
<追記:8/16>
日本語の解決済みの問題ページが提供された。
QuarkXPress 13.2.4アップデートが提供された。
QuarkXPress 2018からのバックポートを含むが、IDML Importの改善は含まれない。
夏にはQuarkXPress 2018の最初のアップデートが提供される。
QuarkXPress 2018はOS X 10.11以降を動作環境としているが、OS X 10.10でも動作する。
いくつかの問題が確認されたため、次のアップデート(14.0.1)でOS X 10.10では動作しないようになるという。
QuarkXPress 2018はmacOS Mojave(10.14)での動作をサポートする予定だが、QuarkXPress 2017、2016については決まっていないという。
<追記:7/6>
QuarkXPress 2018のHTML5書き出しはIEをサポートしておらず、Edgeを使用するという。また、Operaもサポートした。
IEのサポートが必要な場合は、QuarkXPress 2017を使うことを勧めている。
<追記:7/25>
QuarkXPress 2018の最初のアップデートは来週提供されるという。
初期リリース以降のバグフィックス、macOSでフォントのサブメニューの復活、JavaScriptのいくつかの改善を含む。

QuarkXPress 2018リリース

QuarkXPress 2018を使ってみた。
IDML ImportはQuarkXPress 2017から改善されており、表組みに対応し、カラーフォントは維持される。縦組みは識別できず、フレームグリッド、ルビ、合成フォント(フォントセット)、文字組等には対応していない。
日本語フォントは日本語名で表示されず、英文でリストされる。
PDF/A書き出しに対応しており、カラーフォントのPDF書き出しにも対応している。PDF/X-4にGTS_PDFXVersionプロパティが付加されるようになった。
作成したQuarkXPress 2017用のXTensionはQuarkXPress 2018でそのまま使用できた。
<追記:5/15>
QuarkXPress 2018の既知の問題及び解決済みの問題
<追記:5/16>
テストドライブの提供が開始された。
各文書も提供された。
<追記:5/18>
IDML Importは劇的に改善されたが、QuarkXPress 2017のIDML Importを変更する予定はないという。
文書の一部が日本語化された。
<追記:5/23>
次にQuarkXPress 2017へのバックポートアップデートが提供され、夏にはQuarkXPress 2018の最初のアップデートが提供されるという。
Quark創立者Tim GillがForbesサイトで紹介されている。
Tim Gillに直接会い、日本語組版に必要なスペックについて話した。その結果QuarkXPress 3.1日本語版ができた。日本にDTPが普及するきっかけとなった。
ランチの時、彼がベジタリアンであることを知った。Quarkを去った後、LGBTコミュニティに多額の寄付をしたこともニュースで見た。
<追記:5/26>
QuarkUpdate 2.1.0が提供された。
Apple及びMicrosoftの最新のセキュリティ要件に準拠しているという。
<追記:6/1>
JavaScript Reference文書も公開された。
<追記:7/19>
JavaScript Scripting Guide文書が公開された。

QuarkXPress 2018発表(2)

QuarkXPress 2018は5月16日にリリースとなるが、先行オーダー分は5月11日より提供が開始されるという。
コードがクローズされたので、いくつかのJavascriptは別途ダウンロードで提供され、次のアップデートでも提供されるという。
<追記:5/7>
事前予約分及びアップグレードプラン分は、5月11日に提供される。
7日間のテストドライブは5月16日に提供される。
QuarkXPress 2015は本年11月末でサポート終了になるという。
<追記:5/11>
予約分の提供が開始された。
ソフトウェアは準備完了だが、ドキュメントはまだ完全ではないかもしれないという。
QX2018のWebサイトはまだ公開されておらず、5月16日の公式リリース日にすべて変更されるという。
非公開のFacebookグループ内へダウンロードリンクが提供された。機会をみて、検証します。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事