itec_kawamuraの開発memo

itec_kawamuraの開発memoへようこそ。弊社からの案内、関心のある事項をメモ的に掲載しています。

QuarkXPress

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

QuarkXPress 2017リリース

QuarkXPress 2017がリリースされた。試用版も提供された。
動作環境はOS X 10.10以降、Windows 7以降となる。
QuarkXPress 2016以前用のXTensionはQuarkXPress 2017では使用できない。
弊社のXTension製品はQuarkXPress 2017への対応版の提供はまだ予定していません。
QuarkXPress 2017用のカスタマイズXTensionの開発には対応可能です。
<追記>
ユーザーガイド等の日本語文書も公開された。

QuarkXPress 2017発表(4)

QuarkXPress 2017は5月24日リリースと発表された。
予約注文分は5月19日より提供される。
Windows 10 Creators updateで生じたQuarkXPress 2016、2015での問題はKB4016240ではまだ修正されていない。引き続きレジストリーパッチを適用する必要がある。
QuarkXPress 2017はこのレジストリーパッチを要しないように対処されているという。

QuarkXPress 2017発表(3)

QuarkXPress 2017はFinal Candidateフェーズになり、5月にリリースされる予定という。
5月19日頃Golden Masterになるという。
公式には今週末にアナウンスされる。
<追記:4/26>
5月24日にリリースという。
Windows 10 Creators updateを適用すると、QuarkXPress 2016と2015で文書内のType 1フォントが表示されないとの報告がある。
前記事(2)にQuarkXPress 8.5.1で類似の現象が起きているとのコメントがあった。
Windows 10 version 1703にはAdobe Type Manager Font DriverのSecurity Updateが含まれるが、これが影響するのだろうか。
<追記>
Windows/System32フォルダ内に'atmlib.dll'が無い場合は、以下よりダウンロードしてインストールするよう案内している。
<追記:4/22>
同じフォントのType 1フォントとTrueTypeフォントがインストールされている場合、Type 1フォントが表示されなくなるという。
どちらかを外すと解決するという。
<追記:4/27>
フォントキャッシュ、一時ファイルを削除して、Windowsを再起動すると解決するという。
Windows 10 version 1703 updateはフォントキャッシュに影響があるようだという。
レジストリーパッチが提供された。
Windows 10 version 1703上のQuarkXPress 2016、2015にのみ影響する。
Windowsのバグで将来のアップデートで修正されるという。
<追記>
Microsoftは「重要なバグであり、迅速に修正を出す」という。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事