全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全151ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

朝から…。

本日、休み。早朝から親戚が植木の手入れに来てくれました。当然、私はお手伝い&ちょこっと手入れ。。。

イメージ 1

イメージ 3


親戚には槇の手入れを御願いして、私は誰でも出来る玉柘植の剪定を…^_^;
しかし、あ・つ・い❗ 汗が眼に入ってい・た・い❗
1時間もやってたら、ビチョビチョに。。
少し休もうと、さっさと家の中に入り、エアコンつけて、氷水をゴクゴク。
ついでに気分も涼しくなる為にAmulechの電源ON。取り出した1枚は

イメージ 2

Isabelle antennaのEN CAVALE。特にseaside week endなんてすっかり海辺の気分。
ああっ、このまま微睡みたいっす。
でも、でも。。。無情にもカッターのモーター音が^_^;

この記事に

開く コメント(16)[NEW]

システムはシンプルに…とか何とか。。。

イメージ 1

iMacとXeo6のシステムも。。。

イメージ 2

もとの様に。。。

イメージ 3

Amulech用の電源も来ました。ちょっと音にも余裕が…^_^; そんな気もします。

この記事に

開く コメント(18)

本日、にっぱーさんが神の手で入手されたサイドプレススタンドを引き取りに、杉さんのご自宅にお伺い致しました。
実は既にUPされておりますが、にっぱーさん、サイドプレススタンドを杉さん宅に持ち込まれており、私が是非にとせがんだところ、『どうぞ』と…m(_ _)m
にっぱーさん、改めましてありがとうございます。
そんな経緯があり、本日午前中から杉さんのご自宅に。

イメージ 1

丁度スタンドにはJBL L16がセットされてはおりましたが、結線は外されていて、杉さんが手早く下ろしてくださいました。
杉さん宅の1階の音は初聴でしたので、遠慮なく聴かせて頂きました。
セットはモニオのVector10 + Topping TP10 +ADC CD250XRと言うスモール&シンプル。エアボリュームが増えた分、小音量では抜けて良くないと仰る杉さんは、ToppingをフルVo^_^;
いや、これは…^_^; 聴かなければ多分信じないと思いますが、低域の出方、ブラスの輝き、深い音場と定位、高さも出て、女性ボーカルも艶めかしく、改めてこのモニオを杉さんが長年お使いになる理由がわかった様な気がします(^^)

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

TP10も、中華と聞いて顔をしかめる私を含めた人に聴かせたい位艶も出て。ただ、常にフルボリュームって^_^; 私はもう少しパワーに余裕あるTP60辺りが良いのではないか?と申し上げましたが、杉さんは『うん』とは仰りませんでした。。。愚考するに大排気ハイパワーのアメ車ではなく、UKリッターカーをオーバーレブギリギリまで回して走るところに良さを見つけると言う事なのでしょうか?^_^;
ところで、今日は午後から下の孫の保育園お祭りがあり、昼過ぎには戻らなくてはならなかったので、1時間程でお暇したのですが、行きの京葉道路、千葉東JK近くの登りで車2台がグシャグシャになった事故があり、既に大渋滞しておりましたので、帰りは下道でと考えましたが、R16は私が考えた以上に大渋滞! 結局、3時間程掛かって帰り着くと、家には誰もおらず…^_^;
仕方なく、持ち帰ったサイドプレススタンドを1階に。linnをセットし、杉さん宅と同じ様にミニマムシステムを。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

うん、これもセッティング次第ではなかなか良さそうな雰囲気です。^_^

この記事に

開く コメント(6)

水遊び

イメージ 1

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

Amulech AL502h

これまでAmulech AL202Hを使って、これ程ちいさな筺体で、これだけの音を鳴らしてくれる事に驚きました。ただ、拙宅のLinn Majik 109ではVoが2〜3時になってしまい、これでもう少しパワーがあればと考え、MAXIM社製D級「MAX98400A」BTLモノラルパワーアンプを2基搭載したデュアル構成を採用したAL502hを手に入れました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


本体サイズ120W×35H×107Dmm、約270gのコンパクトボディながら50W+50W(4Ω)で、ボリュームにはTI社の電子ボリューム「PGA2311」を搭載し、ギャングエラーを抑制しているとの事。

以前、Toppingの好評なアンプなど中華デジアン数台試しましたが、どうも相性が悪いのか、電源が入らないとかノイズが出た等々、試聴以前の段階でアウト。。。やはりここは国産か…とAmulechを選択、届いたAL202Hは期待を裏切る程の出来栄えでした(^^)

イメージ 4

流石、ラステームの流れを汲むAmulech。以前使っていたFlying moleよりモニター的な描き方をする端正な音で、とても1万円台のアンプだとは思えません。
ただ、先程申し上げた様にパワー不足と感じ、上位機種のAL502hを仕入れた次第。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

期待を裏切らず、Voは10〜11時でOK。音質も202H
と大きく変わる事はなく、兎に角、透明、端正と言う言葉が出てくる印象。Majik 109をきちんとグリップしている感があります。
筺体の質感も高く、Voの感触も悪くはありません。敢えて言わせて頂ければ、電源スイッチの小型スナップスイッチが異様に硬い…くらいのもの。
私としては、見栄さえ張らなければ、これで十分です。

この記事に

開く コメント(19)

全151ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事