ライヒスバーン広報室 OJゲージ

すべて表示

D51146号機車籍復活への道87 テンダー11架線注意 (OJゲージ)

架線注意のプレートを取り付けます。 2.0×0.4mmの帯材に0.3mm孔を開け 同線で足を作り、少し浮いた状態を表現します。 サイズは2×6.5mmくらいで くろま屋の架線注意(北海道仕様大型)のレタリングにサイズを合わせます。 これでほぼ妻面の工作は終了。 次回は吊上げフック辺りの予定です。 D51140号機車籍復活への道は http://blogs.yahoo.co.jp/lebensbrunnen2000/folder/443982.html D51146号機車籍復活への道は http://blogs.yahoo.co.jp/lebensbrunnenすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

D51146号機車籍復活への道86...

2018/6/18(月) 午前 6:00

続きになります。 ストッパーの作成です。 使用部材はアドラのボルト&ナット いずれもSを使用。 留め具は0.8mm帯材に0.4孔を開けて取り付けました。 留め具にははんだが回らないように気を付けて 可動するように取り付けます。 可動して可動します! ...すべて表示すべて表示

D51146号機車籍復活への道85...

2018/6/17(日) 午前 9:36

テンダーのステップの途中に設けられている”アレ”の工作です。 ゼブラ塗装されていますよね。 開閉できるようにしてみました。 ↓↓↓ ↓↓↓ 0.6×0.2mmパイプ材に0.4孔を開け直します。 当所、0.4線でベースを作ろうと思いましたが パイプ材に通ってくれない ...すべて表示すべて表示

D51146号機車籍復活への道84...

2018/6/14(木) 午前 8:43

いつもの標識灯取り付けです。 加工は140号機他でおなじみですね。 炭枠のステップはムサシノのボイラーステップを流用。 配電管関連の継手や管受けは16番用です。 これがいつもながらぴったりサイズ! ターミネーターと標識灯は稲見製を使用します。 取り付け完了。 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事