ここから本文です
心を湛(しずか)にゆるがせて
ご訪問ありがとうございます。皆様への訪問が遅れがちでご無礼しております。

書庫全体表示

2016/9/19観  於・小倉昭和館2☆ダンス・ドキュメンタリー二本立て

イメージ 1

BALLETTGUTTENE ─ バレエ少年

2014年  ノルウェー映画  75分
監督/ケネス・エルヴェバック
製作/カーステン・アーノンセン
撮影/トルステン・ノドラド
編集/クリストファー・ヘイエ
音楽/ヘンリク・スクラム
【出演】
ルーカス・ビョルンボー・ブロンツロド
シーヴェルト・ロレンツ・ガルシア
トルゲール・ルンド

オスロのバレエ・スクールでプロを目指しレッスンする3人の少年を追ったドキュメンタリー。

「男子がバレエなんて少し照れる」と現代っ子でも思うんだと驚き。『リトル・ダンサー』の頃とあまり変わってない?あの映画の舞台は30年前の設定なのに?ドキュメントで男子目線なのは初めてで面白かった。パ・ド・ドゥ(男女で踊る)では、まだまだ上手く女子をリフトできない様子も可愛い。

ともかく、プロのダンサーに成りたい男の子3人。息子の夢に協力的な親、夢ばかり追いかけないで勉強に専念して大学へと諭す親、大人の事情もリアルに映し出される。分かる!親の気持ちもよく分かる!プロととしてやっていける人なんて一握りなんだもの。手堅い人生を勧めるのは親なら当然だ。

でも、一旦スクールを辞めても戻って来る子もいる。どうしてもバレエ・ダンサーを諦めきれないから。難しい所だな。10代って将来を決める大事な時(3人は14歳くらい)。中学の教師は「ダンサーに成れなかったらどうする?」と当然の様に言う。成りたいものと成れるものは違うから、人生の選択は厳しい。

それでも夢を諦めず、国立芸術アカデミー入学を目指してレッスンに汗を流す3人。これは応援せずにはいられないでしょう!ご両親の気持ちはお察しするけれど。晴れて3人とも合格♪良かったね♪・・・でハッピーエンドとはいかないのがドキュメンタリー。合格はスタートだから。約束された訳ではないのだ。映画は合格(なんとルーカス君は英国ロイヤル・アカデミーに留学が決まる)で終わるが、3人の道はまだまだ遠いのだ。

イメージ 2

左から、トルゲール、シーヴェルト、ルーカス。3人の現在がとても気になってググったら、ルーカスはロイヤルバレエ団の研究生になって頑張ってる。シーヴェルトはノルウェー国立アカデミーで学び、ローザンンヌ国際コンクール(18歳までしかエントリーできない)のファイナリストに選ばれるくらい頑張ってる。トルゲールだけはバレエを止め2015年にノルウェー軍に入隊したらしい。



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

イメージ 3

BAJARI ─ バハリ(バルセロナ)

2012年  スペイン映画  84分
監督/エヴァ・ヴィラ
脚本/エヴァ・ヴィラ×カンディト・アルヴァレス
製作/トーノ・フォルグエラ×オリオル・イベルン
撮影/ジョアン・ティスミネツキ
【出演】
カリメ・アマジャ
ウィニー・アマジャ

1913年生まれの天才フラメンコ・ダンサー、カルメン・アマジャの実の姪カリメとその娘ウィニーを追ったドキュメンタリー。ヒターノ(ジプシー)達の情熱溢れるフラメンコが堪能できる。

伝説のダンサー、カルメン・アマジャが1963年に出演した映画『バハリ』が下敷きになり、ヒターノ・コミュニティーでどのようにフラメンコが伝承されているかを淡々と追った作品。「バハリ」とはヒターノの言葉で「バルセロナ」の事らしい。

ベースとなる1963年の『バハリ』を知らないけれど、映画そのものよりも、カルメン・アマジャの姿を映し出したかったのだろうから無問題。ただクリアな画面でないし、誰がカルメンか一瞥しても分からないので困った。超絶技巧の足さばきは、決してフィルムの早回しではないハズ(失礼な!)。

1本目のバレエ・ダンサーとは異なり、フラメンコ・ダンサーの何と肉感的なこと!それでいて目にも留まらにステップを軽やかに踏む様子は迫力だ。バレエの優雅とは対極の情念をビシバシ感じる。情熱的だけでなく凛として美しい。

何れフラメンコ・ダンサーを目指す少年(こちらも男の子だけど、10代に達してない幼さ)のエピも挿入されるのだが、あまりにも淡々としているので少しメリハリが無い感じ。しかし、チビッ子ながらダンス・シューズをオーダーメイドし「赤の革で!」と主張する姿はもはや玄人(笑)。そういう環境なのだろう。こちらは、バレエ少年達と異なり当然のようにフラメンコへの道を進んでいる様子。それでも将来は己次第の厳しい世界だろうな。

フラメンコのBGM(歌)って とても重い事を歌っている感じがするけれど、以前見たテレビのスペイン語講座で「実はあまり深い意味は無い」と知った。人によっては「今日のご飯は〜♪」みたいな事を歌うらしい(あくまで番組のご意見です。爆!)。

  • アバター

    ええ?!小倉昭和館てば、こんな素敵な2本立てもやってくれるんですか!
    素敵すぎます!!!
    3年前まで10年くらいフラメンコ習ってました。ほんと、カンテ(歌手)はものすごい魂を込めて歌いますけど、歌詞は大したこと言ってないんですよね〜(;´▽`A‘‘

    如月静

    2016/9/29(木) 午後 6:08

  • > 静さん こちらにもありがとうございます♪
    偶々この回のドキュメンタリー二本立ては美味しかったですが、
    高年齢対象の「任侠シリーズ」とか多くて私にはちょっと(以下自粛!)。
    フラメンコ習ってらしたって以前 読ませていただいて覚えてますよ♪
    大したことない歌詞をあれだけ熱唱できるのが凄いですね。
    言葉が分からないので大河ドラマみたいな詩を想像しちゃいます♪

    風森湛

    2016/9/30(金) 午前 11:10

  • > sofaさん ナイス♪ありがとうございます。

    風森湛

    2016/9/30(金) 午前 11:11

  • > 副長さん ナイス♪ありがとうございます。

    風森湛

    2016/9/30(金) 午前 11:12

  • > ○○枝さん ナイス♪ありがとうございます。

    風森湛

    2016/9/30(金) 午前 11:12

  • > 清水しゅーまいさん ナイス♪ありがとうございます。

    風森湛

    2016/10/14(金) 午後 3:14

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事