ここから本文です
心を湛(しずか)にゆるがせて
ご訪問ありがとうございます。皆様への訪問が遅れがちでご無礼しております。

書庫全体表示

皆様、ごきげんよう。日本時間の4月16日に起きたパリのノートルダム大聖堂の火災、ニュースで見た時は衝撃が走りました。まだ1回しか行っていませんけど、あの中にあったジャンヌ像は燃えちゃったんでしょうか。パリ市民が再建の寄附で怒り爆発させてる通り、石より生きてる人間の方を大事にして欲しいと思いつつ・・・、それはともかくとして、ノートルダム大聖堂と言えば思い浮かぶのがこの映画でした。

イメージ 1

Notre-Dame de Paris ─ パリのノートルダム

1956年  フランス  120分
監督/ジャン・ドラノワ
原作/ヴィクトル・ユーゴー
脚色/ジャン・オーランシュ 、 ジャック・プレヴェール
撮影/ミシェル・ケルベ
音楽/ジョルジュ・オーリック
【キャスト】
エスメラルダ/ジーナ・ロロブリジーダ
カジモド/アンソニー・クイン
フェビュス/ジャン・ダネ
フロロ助祭(カジモドの育ての親)/アラン・キュニー
クロパン/フィリップ・クレー
グランゴアール/ロベール・イルシュ
フルール・ド・リ(フェビュスの婚約者)/ダニエル・デュモン

15世紀ルイ11世治世下のパリ。ノートルダム寺院でカジモドという傴僂男が鐘つきを勤めていた。年一回の道化祭、詩人グランゴアールは、広場にやって来た美しいジプシー娘エスメラルダに人気をさらわれ、自分の芝居をメチャメチャにされてしまう。一方ノートルダムの副僧正フロロも、美しいジプシー娘に煩悩の火をかきたてられ忠実なカジモドに命じて誘拐させる。しかし彼女の叫びに駈けつけた警備隊にカジモドは捕えられ、エスメラルダの方は隊長フェビュスに恋をする。一方グランゴアールは、その夜犯罪者や乞食の住家「奇蹟御殿」にまぎれ込み、首領クロパンによって絞首刑を宣告された。乞食の中から妻を選べば、一命を救われるという。意外にもエスメラルダがグランゴアールの妻になろうと名乗り出た。しかし、彼女はグランゴアールを自分の踊りの口上師にしただけで、結婚しようとはしない。相変わらずフェビュスを想い逢引の約束をした。その夜、二人が抱き合うのを見たフロロはフェビュスを刺し、罪をエスメラルダにかぶせて姿を消した。裁判の結果、彼女は絞首刑を宣告される。処刑の日、ノートルダム広場に用意された台上に彼女が立った瞬間、突然現れたカジモドによって寺院の中へ連れ去られた。寺院内は聖域で追手も足を踏み入れることができない。いつかエスメラルダの美しさに引れたカジモドは、彼女を優しく介抱し二人の心は次第に温かく通い合う。しかし満たされぬ愛情を復讐心にかえたフロロは、何とかエスメラルダを捕らえようと聖域を犯して追手を導き入れようとした。それを知った「奇蹟御殿」の住人達は、群をなしてノートルダムに押し寄せエスメラルダを救い出そうとする。カジモドはそれを追手と間違え、屋上から石や材木を落して応戦。やがて扉が壊され仲間の手にエスメラルダが取り返された時、彼等は軍隊に包囲されていた。矢の雨の中で、エスメラルダも乞食の首領クロパンも絶命した。カジモドは怒ってフロロを殺し、墓地に眠るエスメラルダを探し傍らで生命を絶つ・・・(MW.参照)。

『レ・ミゼラブル』でお馴染み、ヴィクトル・ユーゴー原作(1831年出版)の大河ドラマであります。日本語や英語のタイトルにカジモドを表す「せむし男」と入ったものが広く知られていますが!原作も仏映画もタイトルは『パリのノートルダム』です。
火災事故をメモリアルにする気はありませんが、話の切っ掛けとして取り上げた事をお断りいたします。

・・・と、時事ネタ勢いで思いついた記事なので、実は子供の頃TVで見たのが果たして1956年版だったのか?正直言って確信がないのでございます(汗!)。これまでは、アンソニー・クイン主演作を観たと思い込んでいました。見ている時に親から「あれがアンソニー・クインだよ」と聞いた記憶があるので。

・・・で、記事を書く為にと詳細をググったり画像を確認してると、どうしても私の記憶に残っているエスメラルダがジーナ(左)じゃない?? イメージ的に1939年版のモーリン・オハラ(右)の方なのです。ここに至って迷走、愕然としている有様・・・(;^_^A
イメージ 2イメージ 3

数週間前に観た映画は忘れるくせに(汗!)、これに関してはトラウマ的な記憶が有りまして、処刑されたエスメラルダの遺体をカジモドが探すシーンが恐怖のイメージとして強烈に脳裏に残ってしまって、TVで見た後何度も場面が頭に浮かんで非常に恐かったからでした。幼児には選んで映画を見せましょう(笑)。

ネット検索した程度ですが、1939年版(モーリン・オハラ)ではストーリーがアレンジされエスメラルダは死なないハッピーエンド(らしい)?そんなのはもう「ノートルダム・ド・パリ」じゃないじゃん!(とりあえず10代に成って原作は読みました。)また、1956年版(ジーナ・ロロブリジーダ)ではエスメラルダは原作の絞首刑でなく、矢に射られて絶命する(らしい)?絞首刑にされるシーンも記憶に有るのに・・・。

人間の記憶が如何に曖昧なものかの証明ですね。てへ♪(・・・って己のことだけぢゃっ!爆!)そんなこんなを確認する為にはDVD探して観ればいいだけのことなんですが、まあ、思い出せない漢字を安易にググって探すのは脳の為に良くないという説も有りますしねぇ・・・(いや!全然 違っ!)。もっと安易に、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてくださいませ。<(_ _)>

  • 顔アイコン

    高校で割引券を配布していて見ました。とにかく50年前に見たので詳細は覚えいてません。ロロブリジータのダンスに魅せられたのとアンソニー・クインが鐘を鳴らすシーンが軽業めいていたのが印象的でした。

    ギャラさん

    2019/4/24(水) 午後 0:41

  • [ 乱読おばさん ]

    2019/4/24(水) 午後 2:16

  • うーん、TVで観たのかなぁ.カジモドのイメージしか残ってないなぁ.ジーナ・ロロブリジーダだったんだぁ.しかし人間の記憶って…(笑).

    チャコティ副長

    2019/4/24(水) 午後 9:37

  • 顔アイコン

    湛さん
    ノートルダム大聖堂行ったことあるんですか(^∇^)
    うらやましいです!
    小説の序盤、群衆のシーンがあまりに長くて
    挫折した記憶しかありません(笑)
    リメイクをつくってほしいなぁ〜

    [ 清水しゅーまい ]

    2019/4/25(木) 午前 11:44

  • アバター

    この映画観たかなぁ?観たかもしれませんが、大昔すぎて記憶ありません^^;
    冒頭の写真はジ―ナ・ロロブリジータですよね?てことはこのせむし男はアンソニー・クイン???
    アンソニー・クインの若い頃は私はそんなに興味なかったんですけど、老年になってから大好きになりました。しずかさんは「雲の中で散歩」という映画を見たことありますか?

    如月静

    2019/4/25(木) 午後 4:59

  • > ギャラさん おはようございます(^^♪

    アンソニー・クイン主演の作品がメジャーなんですね。
    私が観たのもそが濃厚な気がします。

    風森湛

    2019/4/26(金) 午前 9:24

  • > 乱読おばさん様

    ありがとうございます♪

    風森湛

    2019/4/26(金) 午前 9:25

  • > チャコティ副長さん こちらにもありがとうございます(^^♪

    カジモドのルックスがどうしても強烈に残りますね。
    哀しい愛の物語が幼児には恐怖系の印象になりました。

    風森湛

    2019/4/26(金) 午前 9:27

  • > 清水しゅーまいさん おはようございます(^^♪

    これまで1度っきりですが行きました。
    丁度 礼拝があって映画のワンシーンの様でした。
    こんな大作をリメイクするのは製作費が大変かも。
    モブシーンはCG処理で済まされそうですね。

    風森湛

    2019/4/26(金) 午前 9:31

  • > 静さん おはようございます(^^♪

    「雲の中で散歩」勿論見ましたよ〜♪
    羽を付けてパタパタのシーンが印象深いですね。

    本稿のTOP画像はジーナ・ロロブリジーダ様を貼りました。
    綺麗なおねいさんが好きなので(笑)。
    なのでカジモドはアンソニー・クインです♪

    風森湛

    2019/4/26(金) 午前 9:35

  • 顔アイコン

    これはまた時代を感じる作品ですね♪
    あの火災事故には本当にショックで・・・
    悲しい気持ちになりました。

    かず

    2019/5/3(金) 午前 0:36

  • 顔アイコン

    お元気ですか〜!?

    [ 清水しゅーまい ]

    2019/5/21(火) 午後 3:59

  • アバター

    しずかさん、ご無沙汰してすみません。
    懐かしい映画ですね。
    ジーナ・ロロブリジーダやアンソニー・クインとは豪華なキャスト!
    昔一度くらい観たような気もしますが、今や「ノートルダム・ド・パリ」と言えば、ディズニーのミュージカルを思い浮かべます。(^^;
    アニメより舞台版は大人っぽくて好きな作品です。
    この映画もまた観てみたいです。

    しかし、火事はショックでしたね。私も若かりし頃、訪ねたことがあるのでいろいろと思い出し残念でなりませんでした。
    修復が上手くいくことを祈ります。

    choro

    2019/6/14(金) 午後 4:48

  • グリュックアウフ(^o^)/

    体調はいかがですか?

    Yahoo!ブログもカウントダウンに入って来ました。


    しずかさんは初めてのブロともさんで、このままお別れするのは非常に残念です。


    すてれんきょはアメブロに引っ越しました。体調が戻れば訪ねていただければ幸いです。

    くれぐれもご自愛ください。

    [ すてれんきょ ]

    2019/8/26(月) 午前 7:29

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事